清水博のニュース

デル、中堅企業向けセキュリティセミナーを全国主要17都市で開催

PR TIMES / 2017年01月24日16時35分

デル株式会社主催 中堅企業向けセキュリティセミナー【開催会場・日程一覧】1/27(金)東京2/24(金)大阪3/10(金)広島4/14(金)金沢4/21(金)松本5/19(金)京都5/26(金)名古屋6/2(金)高崎6/9(金)博多6/16(金)浜松6/23(金)札幌7/7(金)東京7/21(金)大阪8/4(金)松山8/25(金)仙台9/8(金)那覇9/1 [全文を読む]

店舗スタッフがより多くの時間を顧客対応に振り向けることを可能に

PR TIMES / 2016年06月17日09時49分

マンハッタンが新たな店舗在庫管理・引当出荷ソリューションを発売マンハッタン・アソシエイツ株式会社(東京都港区、代表:清水博、本社:米国Manhattan Associates, Inc. - NASDAQ: MANH)は、店舗在庫管理および引当出荷作業を最適化するための新たなオムニチャネル向けソリューション「Store Inventory & Fulfil [全文を読む]

オムニチャネルに必須!モバイルPOSとクライエンテリングのフル機能を搭載

PR TIMES / 2016年01月14日10時44分

マンハッタン・アソシエイツ株式会社 日本・韓国代表 清水博 は次のように述べています。「この度、日本で発売を開始する統合オムニチャネル・ソリューションは、その最新の機能により、ひとりひとりのお客様の嗜好に応じた、これまで以上にきめ細やかなパーソナライズ対応が可能になり、重要なお客様とのより緊密な関係を築くことができます。オムニチャネルへの積極的な取り組みを [全文を読む]

終わらないリコール大問題、タカタ“殺人エアバック”は国内でも走っている?

週プレNEWS / 2014年12月25日06時00分

14年11月20日にタカタの清水博シニア・バイス・プレジデントとホンダノースアメリカの上級副社長による米上院での説明によれば、死亡事故の原因について「調査中」としつつ、現時点で考えられる可能性として使用年数、高温多湿な環境での継続使用、製造過程における問題の3つを挙げ、「ほぼすべての事故はプエルトリコや南フロリダなどの高温多湿地域で、6年以上を経過した車 [全文を読む]

欠陥エアバッグ 公聴会に姿見せぬタカタ3代目会長の危機感は

NEWSポストセブン / 2014年12月17日07時00分

その公聴会にタカタを代表して出席したのは、取締役でもない清水博・品質保証本部シニアバイスプレジデント。4年前、トヨタのアクセル欠陥問題が起きた際、公聴会に豊田章男・社長自らが出席して、真摯に説明・謝罪したのとは大きな違いである。 なぜ経営トップである創業家の3代目、高田重久・会長兼CEOが公聴会に出てこないのか。危機感が足りないのではないか──そうした批判 [全文を読む]

タカタ、リコール問題を拡大させる異常な体質的欠陥 逃げ続ける経営トップ、米国の謀略説

Business Journal / 2014年12月17日06時00分

3日の公聴会で、タカタの品質保証本部シニアバイスプレジデントの清水博氏が証言したが、「データに基づけば、(地域限定リコールを実施している)多湿地域での部品の交換を優先することが最善だと考える」と、リコールの全米拡大に消極的な姿勢を示した。タカタは「部品メーカーである当社は、リコールの是非を判断する立場にない」と弁護士のアドバイス通り原則論を貫いたが、この [全文を読む]

タカタ、なぜ全米リコールしない?現地紙批判 原因不明でフラストレーション高まる

NewSphere / 2014年12月04日18時15分

タカタ、ホンダ、NHTSAが顔を合わせた公聴会では、タカタの品質保証部門の清水博シニアバイスプレジデントが、全米リコールへの拡大には、現時点では「科学的根拠がない」と説明(NYT)。また、リコールが拡大すれば、新たに800万台が対象となるため、最も危険にさらされている、高湿度地域への取り換え部品供給が減る可能性を指摘し、理解を求めた(WSJ)。 公聴会後 [全文を読む]

タカタ製エアバック「大量リコール」の問題とは? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年12月02日12時27分

タカタの清水博・品質保証本部長は英語はできるし、想定問答などもしっかり準備していたようですが、いかんせん日本人英語で「ニュアンスが全く伝わっていなかった」のです。もっと言えば「固いニュアンスでの話し方」のために「表情のない、パーソナルな感情のない、冷たい日本人のビジネスマン」という印象になっていました。トヨタの豊田章男社長が「辣腕通訳」を活用していた(アメ [全文を読む]

フォーカス