尹美香のニュース

徴用工像は「第二の慰安婦像問題」か 日韓の火種化懸念

NEWSポストセブン / 2017年04月11日07時00分

じつは徴用工像の建設推進委員会に複数いる共同代表のなかには、挺身隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香代表の名前がある。すでに述べたとおり、徴用工像の製作者は慰安婦像と同じ夫婦。この設置の動きが第二の慰安婦像問題となり、両国間の大きな火ダネとなるのを懸念するばかりだ。 【PROFILE】竹中明洋●1973年山口県生まれ。北海道大学卒業、東京大学大学院修士課程 [全文を読む]

挺対協は米軍基地問題を契機に日韓学生の共闘を深める狙い

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

挺対協の尹美香・常任代表は、ナビの学生ネットワークを韓国国内だけでなく海外にまで広げることを計画している。蝶が羽ばたくように各国にネットワークを作り上げるのだという。 すでに米国やフランスで現地の韓国人らが署名集めや講演会などの活動を展開しており、ドイツやオーストラリアにも浸透させる計画だが、なかでも日本は主要なターゲットとされる。「一昨年には、ナビのメ [全文を読む]

最終かつ不可逆的な日韓合意がひっくり返されるか

NEWSポストセブン / 2016年11月17日07時00分

そのときから北朝鮮とのパイプができたと考えられます」 挺対協代表・尹美香(ユンミヒヤン)氏の夫である金三石(キムサンソク)氏と、その妹の金銀周(キムウンジュ)氏は、日本で北朝鮮工作員と接触した容疑で、1993年に韓国でスパイとして逮捕され、国家保安法違反で有罪が確定している。 また、挺対協は韓国最大野党「共に民主党」などと関係が深く、今回の朴大統領スキャン [全文を読む]

韓国の元慰安婦ら、現金支給に激怒「謝罪がなければ1000億もらっても無意味」=韓国ネット「申し訳ない」「安倍首相はすぐに飛んで来て謝罪を」

Record China / 2016年08月26日13時30分

さらに、元慰安婦を支援する挺身隊問題対策協議会の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は、「慰安婦問題の終了を前提とした『癒やし金』の支給は、被害者のおばあさんたちを売り払うようなものだ」と従来の主張を改めて表明した。 韓国のネットユーザーからは元慰安婦に対し「本当にごめんなさい。国民があんな人たちを選んだばっかりに」「絶対に忘れません。恥ずかしく、申し訳ない」「 [全文を読む]

韓国の元慰安婦が国民に投票を訴え「日本から謝罪と賠償を引き出せる人を」=韓国ネット「慰安婦のためにも必ず投票を」「親日派に国を任せては駄目」

Record China / 2016年04月14日01時20分

また、挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)代表も「投票権のある皆さんは投票をして、青少年の皆さんは将来世の中を変えてくれる候補を選ぶと約束してほしい」と投票を呼び掛け、「選挙の結果が望むようにならなかったとしても、ひるむことなく連帯しよう」と述べた。 これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。 「つらい思いをしてきたこの方々にさらなる [全文を読む]

国連事務総長が元慰安婦と面会=米国ネット「国連は時間を無駄にするばかり」「日本は米国に原爆を落とされた犠牲者だと考えているから…」

Record China / 2016年03月15日05時10分

潘事務総長は11日、米ニューヨークの国連本部で元慰安婦の吉元玉(キル・ウォンオク)さんと、元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表と面会した。慰安婦問題をめぐっては、安倍首相がおわびの気持ちを伝えることと、日本政府が約10億円を拠出して慰安婦支援のための財団を設立することで日韓両政府が昨年12 [全文を読む]

国連の潘基文事務総長が元慰安婦と面会、日韓合意「歓迎」を釈明=韓国ネット「いまさら遅い」「尊敬していたのにがっかり」

Record China / 2016年03月14日12時30分

同席した「韓国挺身隊問題対策協議会」の尹美香(ユン・ミヒャン)代表によると、潘総長は面会で、日韓合意に「歓迎」の立場を示したことに関して「被害者らが生きている間に問題を解決させようという政府の努力を評価したものだった」と説明した。また、潘総長の報道官によると、潘総長は面会後、「慰安婦問題の包括的解決に向け、人権原則に基づいた被害者中心の話し合いを継続する [全文を読む]

国連・潘事務総長、韓国の元慰安婦と面会=日韓合意の誠実な履行を呼び掛け―中国メディア

Record China / 2016年03月13日18時00分

事務総長報道官によると、面会は、慰安婦被害者の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)代表が手配した。 潘事務総長は、吉さんとの面会で「彼女たちが経験した苦しみや痛みに同情する」と語った。(翻訳・編集/柳川) [全文を読む]

フォーカス