寺師茂樹のニュース

トヨタが電動化を加速!2050年に「脱エンジン」を目指す

clicccar / 2016年12月08日11時39分

「EV事業企画室」は豊田章男社長直轄の組織で、加藤光久・寺師茂樹 両副社長を統括役員に、室長には現行4代目プリウスの開発を手掛けた豊島浩二氏が就任。豊田自動織機、アイシン精機、デンソーからも人材を募り、僅か4名で構成されています。 欧州に目を向けると、世界販売台数で依然競合するVWが先頃、パワートレーンを強化した「e-ゴルフ」を発表。 駆動用のリチウムイ [全文を読む]

トヨタ自動車が「EV事業企画室」を始動!電動化加速へ

clicccar / 2016年12月05日08時03分

豊田章男社長直轄の組織となっており、加藤光久・寺師茂樹 両副社長を統括役員に、室長には現行4代目プリウスの開発を手掛けた豊島浩二氏が就任。 既存の社内組織に属さない、独立した社内ベンチャー的な組織運営を目指しており、意思決定を迅速化することで、EVの早期商品化につなげる考えといいます。 欧州ではVWが排ガス不正問題以降、EV戦略を鮮明に打ち出しており、B [全文を読む]

トヨタ、今度こそ本気で電気自動車の開発に取り組む

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年12月03日19時00分

代表取締役副社長の加藤光久氏と寺師茂樹氏もこの新たなEV部門に関わるようだ。章男氏は、2009年よりトヨタ自動車の社長兼CEOを務めているため、トヨタがEVに本格参入するという方向性に、もはや疑問の余地はないだろう。何しろ、リーダーである社長が関わっているのだから。 エンジニアについては、プラグイン・ハイブリッド「プリウスPHV」の開発責任者、豊島浩二氏が [全文を読む]

トヨタ、「スマートデバイスリンク(SDL)」を用いた車載システムを商品化

JCN Newswire / 2016年01月05日16時35分

トヨタ副社長の寺師茂樹は「クルマの特性に合った、安全に、安心して利用いただけるスマートフォンとの『つながる』サービスを開発することが、自動車会社だからこそお客様にお届けできる価値だと考えている。そうした思いを共有する多くの会社が、SDL展開に向けた今回の取り組みに参画いただけることを期待している」と述べた。本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 h [全文を読む]

トヨタ、「スマートデバイスリンク」の導入を検討

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年06月04日16時30分

トヨタの寺師茂樹取締役・専務役員は「私たちは、車載用のスマートフォンアプリ市場が急速に成長する中、高性能で使いやすい『つながる』サービスを通じ、安全に配慮しつつクルマの『楽しさ』をお客様にご提供すべく、新技術に日々取り組んでいる。SDLに携わるフォードやリビオ社などとその思いを共有できていると確信している」と語り、より安全・快適な車内でのスマートフォン利 [全文を読む]

トヨタ、「スマートデバイスリンク」の導入を検討

JCN Newswire / 2015年06月03日17時05分

トヨタの寺師茂樹取締役・専務役員は「私たちは、車載用のスマートフォンアプリ市場が急速に成長する中、高性能で使いやすい『つながる』サービスを通じ、安全に配慮しつつクルマの『楽しさ』をお客様にご提供すべく、新技術に日々取り組んでいる。SDLに携わるフォードやリビオ社などとその思いを共有できていると確信している」と語った。本リリースの詳細は下記URLをご参照くだ [全文を読む]

フォーカス