ジャクソンビルのニュース

Pontoon、渡邊 努氏を日本事業のトップに任命

PR TIMES / 2016年02月05日17時15分

※本資料は2016年2月4日に米国フロリダ州ジャクソンビルで発表されたプレスリリースの日本語抄訳版です。詳細な情報は下記より英語原文をご覧ください。http://www.adecco.co.jp/about/pressroom/pressrelease/2016/0204/アデコグループの MSP・RPO ブランドで、世界最大の MSP・RPO サービスプ [全文を読む]

米旅客機内の「リクライニング・トラブル」頻発、その原因は? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年09月04日12時51分

月曜の夜の便で、これもリクライニングを巡って乗客がケンカを始めたために、ジャクソンビルにダイバートしています。ウェストパームビーチとジャクソンビルでは、フライトタイムで30分ぐらいしか変わらないので最終目的地まで行けば良かったようにも思うのですが、機長としては緊急性があると判断したのでしょう。 いずれも、全く似たパターンです。最初の事件は、後ろの男性がラッ [全文を読む]

【海外発!Breaking News】デキちゃった詐欺にご用心!? 「妊娠陽性」判定スティックを売りさばいて稼ぐ女(米)

TechinsightJapan / 2016年12月29日21時25分

」 このほどフロリダ州で、ジャクソンビル・エリアを対象とした“クレイグズリスト(Craigslist)”にとんでもない広告が掲載されたことを地元メディアの『wgntv.com』などが報じた。妊娠3か月の女が、陽性の妊娠判定が出ているスティックが欲しいと考えている女性たちを対象に、自分の尿を用いて商売を始めたのだ。 陽性反応の赤い線がクッキリと出ている判定ス [全文を読む]

【びっくり!】排水溝に450キロのマナティが発見され救助活動が行われる

AOLニュース / 2016年12月10日12時00分

米フロリダ州ジャクソンビルで、排水溝に迷い込んだマナティの救助が行われた。 近くの通りで歩道の工事をしていた作業員が見つけたという。約430~450キロほどのメスのマナティだった。 救助にあたっては、排水溝の周辺を掘り進めただけでなく、地下に通っているパイプの分解も行い、引き上げ時にマナティが傷つかないようスペースの確保に気を遣ったそうだ。 救助活動を見守 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】独コンドル航空機で全裸男が大暴れ 見知らぬ3歳児に「殺すぞ」 FBIが身柄拘束

TechinsightJapan / 2016年11月17日10時00分

ジャクソンビル国際空港にてその身柄はFBIに引き渡されたが、最高で懲役20年の実刑判決が言い渡される可能性があるようだ。 出典:http://metro.co.uk (TechinsightJapan編集部 Joy横手) [全文を読む]

#マネキンチャレンジ、米エージェンシーも次々と参戦:日本の代理店も乗り遅れるな!

DIGIDAY[日本版] / 2016年11月14日19時50分

米フロリダ州・ジャクソンビルのエドワード・H・ホワイト高校の学生数人が、テーブルの上でポーズをとった、Twitterの動画投稿がメディアに取り上げられたところからはじまった。 ブランドウォッチのデータによると、#MannesuinChallengeのハッシュタグは、先週1週間で62万8000回使われたという。その広まりはスポーツ界やブランドにも及び、アスリ [全文を読む]

【海外発!Breaking News】24歳女性と結婚した68歳の男性 妻は実の孫だった(米)

TechinsightJapan / 2016年10月03日15時25分

米フロリダ州マイアミのゴールデンビーチに暮らす68歳の男性と同州北東部ジャクソンビルに住んでいた24歳のシングルマザーが結婚した。しかし、その3か月後に2人は血の繋がりがあることが判明した。この男女(共に氏名は公表されず)が知り合ったきっかけは、真剣交際を斡旋しているデートサイトだった。68歳の男性は、最初の妻と離婚してから子供たちと疎遠になっていた。何度 [全文を読む]

ジャスティン・ビーバー、今度はコンサートで滑って豪快に転ぶ

ハリウッドニュース / 2016年07月01日18時00分

歌手のジャスティン・ビーバーが、現地時間6月29日にフロリダ州ジャクソンビルで行ったコンサートで滑って豪快に転んだことが分かった。現在世界ツアー「Purpose World Tour」でアメリカをまわっているジャスティン。この日ジャクソンビルのコンサートで「Sorry」をパフォーマンスしていた時に、1人のダンサーと床の水を足でかけ合っていた。するとジャステ [全文を読む]

顔面の骨40%が欠落した「粘土細工のような少女」 ― 心ない言葉を跳ねのける家族の愛とサポート=アメリカ

tocana / 2016年06月07日08時00分

■粘土で作られたような凹凸のない顔の少女 少女は、アメリカのフロリダ州ジャクソンビルに住み、名をジュリアナ・ウェットモアという。顔のない少女として全米で知られている人物だ。 彼女は胎児のときの異変により、人間らしい顔をもつことができなかった。ジュリアナちゃんの両親タミーさんとトムさんは、妊娠中から「胎児に問題があるかもしれない」と医者から告げられていたため [全文を読む]

参入スタートアップが続々、拡大する米銃器市場

Forbes JAPAN / 2016年05月24日08時00分

その例としてSig Sauerは最近、ケンタッキー州ユーバンクでの弾薬製造業務をアーカンソー州ジャクソンビルに移すと発表。同地で約50人を雇用し、ビジネスを拡大していく中でさらに多くの雇用創出も見込んでいる。Remington Outdoor Companyもケンタッキー州メイフィールドの施設を閉鎖し、アラバマ州ハンツビルの比較的新しい工場に製造業務を集約 [全文を読む]

フォーカス