三井高利のニュース

「日本三大財閥」の企業グループをデータ集計のうえ独自に分析『三菱・三井・住友 「三大財閥」がわかる本』著者財閥研究会

DreamNews / 2017年05月16日18時00分

伝統と実績を誇るブランドグループ、ブランド企業の次の一手が見えてくる! ■目次 第1章 経済成長の背景に財閥あり 世界に君臨する大富豪と財閥再起動した財閥が戦後日本の発展を支える日本の主な財閥の歴史をたどるGHQによる激烈な解体から、再編・新生まで「組織の三菱」の金曜会「人の三井」の二木会「結束の住友」の白水会 第2章 三大財閥の経営力を徹底比較! 三菱 [全文を読む]

三菱・三井・住友が今も企業規範にする創業家の家訓

NEWSポストセブン / 2017年04月26日16時00分

「人の三井」といわれる三井グループには家祖・三井高利が遺書として残した家訓「宗寿様元禄之御遺言」がある。 〈単木は折れやすく、材木は折れ難し。お前たちは互いに協力して家運の強固を図れ〉 〈各家の営業より生じる総収入は、一定の積立金を引去りたる後、始めてこれを各家に分配すべし〉 など、三井各家の結束と事業の継続を説いたものだ。 三井グループの社長会「二木会」 [全文を読む]

消えゆく地方の百貨店…悩める「老舗」は生まれ変われるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日04時45分

1673年に三井高利が前身の越後屋を創業しました。創業者の名前と屋号のそれぞれ一部を取って「三越呉服店」となり、現在の「三越」になりました。社名で三越を先にしているのは、三越のプライドを保つためだったと言われています。 水と油のように見える両社でしたが、相乗効果と規模の経済を期待し、経営統合の道を選びました。しかし、2008年に行われた経営統合以降の業績は [全文を読む]

三菱財閥を創業した岩崎家が断絶の危機に

NEWSポストセブン / 2016年05月02日11時00分

三菱は1870年、三井は1673年、最も古い住友は1590年に、それぞれ岩崎弥太郎、三井高利、住友政友という創業者によって産声を上げた。いまや3大グループともに、各社の経営トップに創業家の名前はなく、表向きは創業家の存在感は見えてこない。だが、いまなお厳然と、その威光はある。 それが垣間見えるのが、「三菱開東閣(かいとうかく)」だ。三菱開東閣は伊藤博文の邸 [全文を読む]

「人の三井」 優秀な人材を躊躇せず外から抜擢し成長

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

1673年の創業から300年以上の歴史を持つ三井家は、創始者・三井高利の子が11もの家をなした。 その顔触れは実に多彩だ。大同生命保険の創業や日本女子大学校の設立に尽力し、NHK朝の連続ドラマ『あさが来た』のヒロインのモデルとなった広岡浅子は三井11家のひとつ、小石川家の令嬢。三井家は現在ではトヨタ自動車の豊田家や朝日新聞の村山家ともつながる。本家は12代 [全文を読む]

【江戸のクイズ】歌舞伎界で知られた「悪役の第一人者」とは

NEWSポストセブン / 2015年09月13日07時00分

三井越後屋を営んだ三井高利は伊勢松坂の出身。江戸名物として「伊勢屋 稲荷に 犬の糞」といわれたほど、江戸には多くの伊勢商人がいた。「現銀(金)掛値無し」は、掛け値(本来の値段より高い値段)ではなく公正な価格で、店頭で即金で販売すること。掛け売りが普通だった江戸時代に、大成功を収めた。高利は両替商も営んで繁盛した。日本橋三越本店は創業以来の土地。 【問2】( [全文を読む]

織田信長の改革を「経営のイノベーション」として見ると?

まぐまぐニュース! / 2015年08月17日03時00分

越後屋元祖・三井高利が「商の道何にても新法工夫いたすべく」と説いています。意味は「商売をするなら何にでも創意工夫をしなさい」という意味です。 マネジメントの創始者であるドラッガーは、「イノベーション」を「マーケティング」とともにマネジメントの2大機能としています。 次ページ>> 信長が行ったイノベーションとは? 織田信長のイノベーション(革新) 織田信長は [全文を読む]

三越伊勢丹と松阪市が語る女性の「仕事と子育て」

FASHION HEADLINE / 2014年04月13日19時00分

このトークショーは、三越の創始者である三井高利が伊勢国松坂(現三重県松阪市)生まれであるという背景から実現したという。大西社長は、「従業員支援」と「銀座三越の顧客層の変化と今後の展望」について話した。百貨店の7・8割は女性客であるため女性社員の活躍を重視しており、現在は女性管理職も増え、現場マネージャーの約20%が女性だという。今後は部長級の女性社員も増や [全文を読む]

フォーカス