中川俊郎のニュース

「日本のヴィオラ傑作集」新宿にて10月18日(日)15時開演。伊藤美香のヴィオラ、中川俊郎のピアノ、西耕一の企画により矢代秋雄の幻のヴィオラ・ソナタが上演される。

DreamNews / 2015年09月24日10時00分

鍛えぬかれた耳と柔軟な思考を持つ中川俊郎のピアノでお届けする。企画は音楽評論の西耕一。幻の傑作とされる矢代秋雄(1929-1976)のヴィオラ・ソナタの上演は音楽関係者から注目されている。スリーシェルズはWINDS CAFEと共催で10月18日に「日本のヴィオラ傑作集」を開催する。日本で最初に作られたヴィオラ・ソナタである諸井三郎の作品から、水野修孝の新曲 [全文を読む]

J:COM 大田、イッツコム、品川ケーブルが約312万世帯に向け5月17日(水)生中継!最高峰の演奏家による邦楽野外コンサート「洗足池 春宵の響」

PR TIMES / 2017年05月16日15時00分

■洗足池 春宵の響出 演/笛:福原徹・福原百貴・福原邑佳謡(能楽):小早川修・小早川泰輝 囃子:福原百之助・藤舎清穂・望月太左乃ピアノ:中川俊郎曲目:元禄花見踊(笛と囃子による)、メロディの散歩道(お馴染みの名曲をめぐる)、ソナチネ/桜の花のワルツ(中川俊郎 作曲)、月の光(ドビュッシー 作曲 福原徹 編曲)、京の夜(寶山左衞門 作曲)、六条河原院幻想(謡 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを中岡秀彦、河内純、夢藤哲彦、森安耀子の各氏に師事。http://www.takashi-niigaki.com/磯部英彬 Hideaki ISOBE作曲家。メディアアーティスト。東京音楽大学非常勤講師。1982年山梨県出身。作曲及び音響技術、コンピューター音楽を土屋雄氏に師事。コンピュータを中心とした作曲活動のほか様々 [全文を読む]

2016年10月8日(土)「マキシマム」 ~楽器と電子音響の極限の出逢い~ スリーシェルズ所属の磯部英彬プロデュース開催

DreamNews / 2016年09月21日16時30分

作品はこれまでに、武生国際音楽祭(2009/2012)、仏・ロワイヨモン作曲セミナー(2010)、HIROSHIMA HAPPY NEW EAR X(2011)、韓・大邱国際現代音楽祭(2014)等で紹介されているほか、宮田まゆみ、鈴木俊哉、西川竜太、ヴォクスマーナ、中川賢一、中川俊郎、松平敬、大井浩明、甲斐史子、大須賀かおり、亀井庸州、多井智紀、藤元高輝 [全文を読む]

デザインの手がかりに満ちた白熱の対談集! 世代や分野を越えたクリエイター30組の対話によるデザインの過去・現在・未来

PR TIMES / 2016年08月10日17時10分

●出演者[画像2: http://prtimes.jp/i/12109/184/resize/d12109-184-582742-2.jpg ]【01】箭内道彦×鈴木康広【02】松永真×大迫修三(JAGDA事務局長)【03】長友啓典×阿川佐和子(作家)【04】宮田裕美詠×渡邉良重【05】田中良治×exonemo【06】浅葉克己×臼田捷治(デザインジャーナリ [全文を読む]

日本人の老後の絶望と希望を描く感動のドキュメンタリー映画『抱擁』 5/21トークイベント「老後を救う音楽」と「母」について 音楽家 新垣 隆 氏 が登壇!

PR TIMES / 2015年05月18日16時25分

作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを中岡秀彦、河内純、夢藤哲彦、森安耀子、指揮法を高階正光の各氏に師事。[画像: http://prtimes.jp/i/3670/408/resize/d3670-408-705186-0.jpg ]※写真は「シロナガスクジラに捧げるバレエ」音楽録音より。(撮影:坂口香津美)<坂口香津美監督プロフィール>TVドキュメンタ [全文を読む]

ゴースト作曲家・新垣隆氏の封印された壮絶な経歴...夜逃げ、露天商、妻が重病説も

東京ブレイキングニュース / 2014年02月07日10時40分

作曲を三善晃、南聡、中川俊郎、ピアノを森安耀子に師事。 転機は、1996年ごろ、佐村河内守と出会ったことであった。 当時新垣の妻千恵子は結核に冒され、新垣の薄給では薬餌代が賄えなかった。そのため、本業の音楽活動の傍ら肉体労働に勤しむようになる。 その現場で出会ったのが佐村河内であった。その時の出会いから佐村河内守のゴーストライターを18年間務めた。 現在、 [全文を読む]

フォーカス