中田良弘のニュース

デイリースポーツ×甲子園歴史館 特別企画7月17日(月・祝)にタイガースOB中田良弘氏によるトークショーを開催!

@Press / 2017年06月05日16時15分

今回のトークショーは、デイリースポーツと当歴史館との特別企画で、ゲストとして、同紙の評論家であり、阪神タイガースのOBでもある中田良弘氏をお招きし、今シーズンの阪神タイガースを振り返り、これまでの戦いや戦力分析、更には、当日の試合展望などについて、大いに語っていただきます。 ■ 【イベント概要】 1.開催日時 7月17日(月・祝) 16:00~17:00 [全文を読む]

デイリースポーツ×甲子園歴史館 特別企画 7月17日(月・祝)にタイガースOB中田良弘氏によるトークショーを開催!

PR TIMES / 2017年06月05日15時40分

今回のトークショーは、デイリースポーツと当歴史館との特別企画で、ゲストとして、同紙の評論家であり、阪神タイガースのOBでもある中田良弘氏をお招きし、今シーズンの阪神タイガースを振り返り、これまでの戦いや戦力分析、更には、当日の試合展望などについて、大いに語っていただきます。【イベント概要】1.開催日時 7月17日(月・祝) 16:00~17:00 (予定) [全文を読む]

金本監督に岡田彰布が「ダメ出し」本の強烈中身!(3)「次期監督騒動」で崩れた関係

アサ芸プラス / 2017年04月09日09時56分

ところがその年、和田監督はCSで巨人を破って初めて日本シリーズに出場したため、構想は1年先送りになった」(球団関係者) 岡田氏も意欲を見せ、バッテリーコーチに西山秀二氏、投手コーチに中田良弘氏、金石昭人氏などを組閣し、声もかけていたという。球団関係者が続ける。「さらに、当時の南信男球団社長から『いずれ監督にするために、金本をヘッドコーチで入閣させてほしい』 [全文を読む]

阪神80年で前祝い、球団史上唯一の“85年日本一”トリビア

週プレNEWS / 2015年09月16日06時00分

85年の優勝メンバーでいえば“和製トラボルタ”こと中田良弘、“球界のマッチ”こと池田(当時は痩せていた)、真弓明信というスリートップがいたし、それ以前にも田淵(太る前)、古沢憲司、エモやん、小林繁、太田幸司などそうそうたるメンツがいた。むしろ顔で獲っていたんじゃないかと疑いたくなるほどだ。 じゃあ、なぜ“阪神顔”のイメージはイケメンとはかけ離れているのか。 [全文を読む]

勇退した横浜高校・渡辺監督から名前を譲り受けた元プロ選手

NEWSポストセブン / 2015年08月09日16時00分

しかし、1968年に監督就任すると、春夏通算5度の甲子園優勝を成し遂げ、永川英植(ヤクルト)、中田良弘(阪神)、愛甲猛(ロッテほか)、鈴木尚典(横浜など)、多村仁志(横浜)、松坂大輔(ソフトバンク)、筒香嘉智(横浜DeNA)など57人ものプロ選手を輩出した。高校野球界屈指の指導者だった。 若い頃は24時間ぶっ続けで練習させたこともあるほどのスパルタ式だっ [全文を読む]

阪神日本一に追い風ジンクス 横浜出身の法則、1985年酷似等

NEWSポストセブン / 2014年10月27日07時00分

当時はゲイル(13勝)、中田良弘(12勝)、池田親興(9勝)。今年はメッセ(13勝)、能見(9勝)、藤浪(11勝)だった。 次は固定されたクリーンアップ。伝説のバックスクリーン3連発のバース、掛布雅之、岡田彰布には見劣りするかもしれないが、今年は鳥谷、ゴメス、マートンが中軸を支えた。 最後はシーズンの展開だ。オールスター折り返し地点で阪神、広島、巨人の三つ [全文を読む]

阪神「悲願の日本一」を85年Vメンバーが激白

アサ芸プラス / 2012年12月18日09時58分

ずっと低迷(前年は4位)していたし、みんなが頂点を知りませんでしたからね」 こう語るのは、あの年、ゲイルの13勝に次ぐ12勝をあげた野球解説者の中田良弘氏だ。確かに、1リーグ時代に4度、セ・パに分かれてからも3度の優勝を誇る阪神は、21年間も美酒から遠ざかっていた。前出の中田氏が続ける。 「あの日本一は、(大砲の)バースがいて軸がしっかりしていたから、それ [全文を読む]

フォーカス