丹羽仁史のニュース

「STAP細胞」論文の共著者・丹羽仁史氏が「記者クラブ」向けに会見

弁護士ドットコムニュース / 2014年04月07日13時22分

論文の共著者の一人で、小保方晴子ユニットリーダーと同じ理研発生・再生科学総合研究センターに所属する丹羽仁史プロジェクトリーダーらが、STAP細胞の真偽を検証する実験プロジェクトについて説明するという。 STAP論文の共著者が会見するとあって注目を集めているが、参加できるのは、限られたメディアの記者だけだ。いわゆる「記者クラブ」に加盟していない、雑誌やネット [全文を読む]

STAP細胞、「つくることに成功した」と若山教授が発言…共同研究者も「見た」と証言

Business Journal / 2016年04月28日06時00分

論文には筆頭著者として小保方氏の名前があり、元理研CDB(旧発生・再生科学総合研究センター)副センター長の笹井芳樹氏、山梨大学教授の若山照彦氏、東京女子医大教授の大和雅之氏、元CDBで現在は熊本大学教授の丹羽仁史氏らが名前を連ねている。 なかでも丹羽氏は2014年4月1日から行われたSTAP細胞を再現させる検証実験の責任者を務めており、理研が開催した同7日 [全文を読む]

小保方晴子、ほぼ全員を捏造野郎扱い…強い自己顕示欲と自分への自信、恩知らず

Business Journal / 2016年03月09日06時00分

善人として登場するのは、ハーバードの関係者、理化学研究所の丹羽仁史氏、亡くなった笹井芳樹氏、マスコミから逃げるのを手助けしてくれた理研の事務方、心配してくれたタクシー運転手、あとは小保方氏の家族(特に祖母)程度で、そのほかはほぼ全員が悪人として描かれている。 こうした前提を元にオレがハイライトした部分を紹介する。で、小保方氏を擁護する方々に言いたいのは、「 [全文を読む]

「小保方本」に「陰謀論が大好きな信者にとっての聖書」評

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

笹井芳樹さん、丹羽仁史さんなど一部の人のことは悪く書いていないし、理研内部に味方がいたことも仄めかしている。 [全文を読む]

小保方さんは「懲戒解雇相当」 刑事告訴や研究費返還請求も検討――理研が発表

弁護士ドットコムニュース / 2015年02月10日19時00分

論文共著者の丹羽仁史・元多能性幹細胞研究プロジェクトリーダーは、文書による「厳重注意処分」となった。 論文の共著者で、小保方氏と同様にすでに理研から離れている若山照彦氏(現・山梨大学教授)については「出勤停止処分」に相当するとの判断を下し、理研の客員研究員の職を解除した。昨年8月に自殺した笹井芳樹氏(発生・再生科学総合研究センター副センター長)についても処 [全文を読む]

理研退職の小保方晴子氏“海外進出”をバックアップする闇人物とは!?

日刊サイゾー / 2014年12月25日13時00分

彼女にヘタに実情を吐露させないためにも、密かに連携を取りたい連中がたくさんいます」(同) 論文共著者の丹羽仁史・検証副チームリーダーは「論文作成前にSTAP現象を見たのか」と聞かれて「見たものは見たもので、その解釈が変わったというふうに理解している」と苦しい言い訳をしていたが、要するに実験ノートをちゃんと検証していなかったということ。同様に、早稲田大学大学 [全文を読む]

STAP細胞はやっぱりなかった! 小保方晴子氏を踊らせたのは誰なのか

リテラ / 2014年12月19日13時45分

同時に、丹羽仁史氏がリーダーとなっていた理研の検証チームも、期限である来年3月を待たずに検証実験を打ち切ることを公表した。さらに、小保方氏は今月21日付けで理研を退職するという。 この発表で、STAP細胞が"インチキ"だったことはほぼ間違いないように思える。だが、理研の姿勢を見ていると、はたして小保方氏が満足に実験を行える状況だったのかなど疑問も残る。そも [全文を読む]

理化学研究所「STAP現象の検証結果」の資料公表(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日13時07分

●STAP現象の検証結果2014年12月19日STAP現象の検証結果理化学研究所1.これまでの経緯○「STAP現象の検証」は、2014年1月に英国科学誌Natureに発表した2篇の研究論文(7月に撤回済み)に記載された、刺激による分化細胞の多能性誘導現象が存在するか否かを検証することを目的として、2014年4月1日から1年間を期限に、実験総括責任者に相澤慎 [全文を読む]

「STAP細胞を確認できなかった」理研が記者会見で「正式発表」 小保方さんは欠席

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日10時58分

小保方晴子研究員による検証実験と、丹羽仁史・副チームリーダーを責任者とする検証実験のいずれも、「STAP細胞の存在を確認できなかった」と発表した。 これらの検証実験を統括する相澤慎一チームリーダーは記者会見で「丹羽責任者によって4月から8カ月間、小保方研究員によって9月から3カ月間実験を進めてきたが、STAP現象を確認できなかった。この時点で検証実験を終了 [全文を読む]

<STAP会見>小保方さんは出席しない予定・・・理研が「再現実験」結果を発表へ

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月18日18時05分

ただ、記者会見に出席するのは、検証実験チームの相澤慎一リーダーや丹羽仁史副リーダーらで、小保方研究員は出席しないという。 小保方研究員の再現実験については、すでに新聞各紙が「再現できず」と報じており、19日の記者会見でも「STAP細胞は確認できなかった」という発表がおこなわれるとみられる。小保方研究員は4月の記者会見で「STAP細胞はあります!」と明言した [全文を読む]

STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」 - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年09月03日14時40分

これについて検証実験を行なった丹羽仁史氏は「自家蛍光だったのではないか」と推定している。 体細胞に酸性の液などの強い刺激を与えると、細胞が死ぬ前に一時的な変化が起こり、光を当てたとき発光する場合がある。これは多能性細胞のできたときと似ているので、小保方氏がSTAP細胞と誤認した可能性があるというのだ。この推定は未確認だが、もしそうだとすると、こんな初歩的な [全文を読む]

理研、STAP細胞再現できず 組織改革案発表も、“手ぬるい”と識者批判

NewSphere / 2014年08月28日18時04分

【「当たりくじを予想するようなものだ」】 検証実験は相沢慎一特別顧問の管理のもと、丹羽仁史プロジェクトリーダーらが4月から始めている(日経新聞)。研究者らは、論文にあるように通常の細胞から万能細胞を作り出す実験の再現を行った。理研は、マウスの胚にできた細胞を移植し、それが本当に万能細胞として機能するか試す計画だった。しかし、実験は、最初の段階から非常に難し [全文を読む]

<STAP検証実験>理研が中間報告「いまのところ、STAP細胞はできていない」

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月27日17時44分

検証実験の責任者である丹羽仁史・CDBプロジェクトリーダーは、これまでの実験について「ポジティブな反応を得ていない」と説明。記者から「STAP細胞はできていないのか」と問われると、丹羽氏は「今日発表した条件ではできていない」と答えた。 これまでの検証実験は、一般的な実験マウス(C57BL/6)を使って、小保方晴子ユニットリーダーらの論文に記載されている手 [全文を読む]

小保方晴子 涙の反論会見では発見できなかった真相(2)小保方氏を擁護する理研の上司との関係

アサ芸プラス / 2014年04月22日09時56分

また、同じく共著者である理研CDBプロジェクトリーダーの丹羽仁史氏は、4月7日の再現検証チームの会見に出席。それまで沈黙を守ってきたが、「論文の構成を助言する立場であり、直接、実験はしていない」「(STAP細胞は)あくまで一つの仮説」と、小保方氏を見放すような発言をしている。 しかし、論文の共著者の中で、まだコロがされている科学者もいる。理研CDB副センタ [全文を読む]

STAP細胞論文問題 小保方さん寵愛の笹井芳樹氏は雲隠れ状態

NEWSポストセブン / 2014年04月11日07時00分

理研のプロジェクトリーダー・丹羽仁史氏(49才)は、会見で「共著者のひとりとして心よりお詫び申し上げます」と語り、論文の撤回を求めた。また、小保方氏の記述部分については淡々とした表情で「気がついていたら直していたと思います」と話した。 山梨大学教授の若山昭彦氏(47才)を直撃すると、「申し訳ないのですが、いまは立場上、何もお話しすることができないんです… [全文を読む]

「STAP現象はあくまでも一つの仮説」 論文の共著者・丹羽氏が記者会見で明言

弁護士ドットコムニュース / 2014年04月07日21時13分

この会見には、英科学誌「ネイチャー」に掲載されたSTAP論文の共著者の一人で、小保方晴子研究ユニットリーダーと同じ理研発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)に所属する丹羽仁史プロジェクトリーダーも登場。「共著者の一人として、このような事態になったことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。 ●「どこかで防げたのではないかと自問自答」 丹羽氏によると [全文を読む]

小保方晴子さんだけが悪いのか!? 元同僚が語る「理研の裏側」

WEB女性自身 / 2014年03月19日07時00分

論文撤回を勧めたところ小保方さん、共著者の笹井芳樹副センター長(52)と丹羽仁史プロジェクトリーダー(49)が同意したと明らかにした。そんななか、理研で働いていたという元“同僚女性”が証言する。「彼女は責めを負うべきですが、1人だけが責められるべきかと言われるとそれは違う。まだ業績もない30歳の女性がユニットリーダーに抜擢されるのは異例で、その際は上司がサ [全文を読む]

フォーカス