九戸政実のニュース

直木賞作家の高橋 克彦原作「天を衝く」待望の初公演が10月12日に開催! ~ 天下に喧嘩を売った男 九戸 政実の熱き思い ~

@Press / 2014年10月02日14時00分

九戸政実市民文士劇実行委員会は、九戸 政実 市民文士劇「天を衝く」の公演を2014年10月12日(日)の昼夜2回、二戸市民文化会館大ホールにて開催します。本公演は、直木賞作家の高橋 克彦氏が、岩手県県北地域ゆかりの戦国武将 九戸 政実の生涯を描いた小説「天を衝く」を原作にした初めての舞台を、地元市民総勢約150人で作り上げたものです。 <公演ストーリー> [全文を読む]

北奥羽の武将 九戸政実ゆかりの岩手県二戸地域で地元住民が戦国パフォーマンスで地域を盛り上げる「九戸政実武将隊」を始動!

@Press / 2015年03月25日11時30分

九戸政実プロジェクト突撃隊(事務局:岩手県県北広域振興局 二戸地域振興センター)は、戦国末期に豊臣秀吉の軍勢6万5千をわずか5千で迎え撃った、岩手県二戸地域にゆかりのある北奥羽の武将 九戸政実に熱い想いを寄せる地元住民7名で「九戸政実武将隊」を結成いたしました。 2015年3月5日(木)に九戸政実武将隊お披露目式を開催しました。今後、九戸政実武将隊では、各 [全文を読む]

天下の豊臣秀吉に喧嘩を売った北奥羽の武将 九戸政実の全てがわかる『九戸政実ゆかりの地を巡る ―九戸政実ガイドブック―』が誕生!

@Press / 2015年03月25日10時30分

九戸政実プロジェクト突撃隊(事務局:岩手県県北広域振興局 二戸地域振興センター)は、戦国末期に、豊臣秀吉の軍勢6万5千をわずか5千で迎え撃った北奥羽の武将 九戸政実の生涯やゆかりの地を分かりやすく紹介した『九戸政実ゆかりの地を巡る ―九戸政実ガイドブック―』を作成しました。 九戸政実ゆかりの地 岩手県二戸地域では、2014年10月に市民総参加で「九戸政実[全文を読む]

年末年始に読んでみたい…コタツでぬくぬくとしながら読む「極寒本」厳選7冊(2)

アサ芸プラス / 2014年12月30日09時54分

それに対して誇り高き南部氏一族のひとり、九戸政実が反旗を翻す。歴史に残る「九戸政実の乱」である。 秀吉の包囲軍はその数、15万。対して九戸城を守るのは3000。兵力差はなんと50倍。ゾウとネズミの戦いにも等しい。普通に考えれば、たちどころに戦の決着がつくだろう。 ところがそうはならない。九戸政実たちは秀吉と石田三成の仕組んだ謀略の裏の裏をかき、圧倒的な形勢 [全文を読む]

岩手県の新しい地域おこしシンボル「現代の九戸政実クン」が決定 ~「現代の九戸政実クン☆選抜総選挙」結果発表~

@Press / 2014年02月20日12時00分

岩手県県北広域振興局では、関係する市村や民間団体と連携し、岩手県県北地域の英雄「九戸政実(くのへまさざね)」を活用した地域活性化プロジェクト(九戸政実プロジェクト)に取り組んでいます。今回、「現代の九戸政実クン☆選抜総選挙」(投票期間:2013年12月18日~2014年1月31日)を実施した結果、7名の方々が「現代の九戸政実クン」に決定しました。 なお、一 [全文を読む]

“秀吉に喧嘩を売った男を地域おこしのシンボルに!”「現代の九戸政実クン☆選抜総選挙」の投票を受付開始

@Press / 2013年12月18日17時00分

岩手県県北広域振興局では、関係する市村や民間団体と連携し、岩手県県北地域の英雄「九戸政実(くのへまさざね)」を活用した地域活性化プロジェクト(九戸政実プロジェクト)に取り組んでいます。今回、「現代の九戸政実クン☆選抜総選挙」を2013年12月18日から2014年1月31日まで開催し、全国から投票を受け付けます。 ■九戸政実プロジェクトとは 九戸政実は、戦国 [全文を読む]

フォーカス