伊東信一郎のニュース

国際線で勝負する、ANAホールディングス「攻めの姿勢」の理由

Forbes JAPAN / 2016年11月10日09時00分

社長就任時は、伊東信一郎社長が過去最高益を出した直後。社長1年目の業績予想も最高益の更新、増収増配。プレッシャーだ(笑)。こうした好業績を続けていくには、多くの売上高、利益を担う国内線事業、国際線事業を伸ばしていくとともに、それを支える事業づくりをする必要がある。代表例は、貨物事業や格安航空会社(LCC)事業、旅行事業や商社事業などだ。とはいえ、盤石とは言 [全文を読む]

「中国の人々に本当の日本を伝えて」、全日空会長が中国メディアのインタビューに答える―中国紙

Record China / 2016年04月17日12時00分

2016年4月16日、環球時報によると、ANAホールディングス代表取締役会長の伊東信一郎氏が、「日中関係は搭乗率に影響する」と語った。 4月上旬、環球時報と中国公共外交協会が組織した中国メディアの代表団は、東京で全日空の伊東会長にインタビューを行った。この中で、中国メディアから日中関係が同社にもたらす影響について問われた伊東会長は、「日中関係の良し悪しは大 [全文を読む]

三菱重工、統合レポート「MHIレポート2015」を発行

JCN Newswire / 2015年10月13日16時36分

さらに、監査等委員会設置会社への移行に伴い新設の監査等委員に就任した畔柳信雄氏(株式会社三菱東京UFJ銀行特別顧問)、クリスティーナ・アメージャン氏(一橋大学大学院商学研究科教授)、伊東信一郎氏(ANAホールディングス株式会社代表取締役会長)の社外取締役3名が、当社のガバナンスに対する評価やグローバル化に向けた課題などについて語っています。事業を通じた価値 [全文を読む]

スカイマークのスポンサー最有力ANA、水面下でエアバスと交渉か ファンドの真の狙い

Business Journal / 2015年02月27日06時00分

全日本空輸を傘下に置くANA HDの伊東信一郎社長は「大いに関心を持っている」と述べ、出資を含む包括的な支援策を打ち出した。出資に加え、運航や整備での広範な提携を申し入れた。 日本航空(JAL)の植木義晴社長は共同スポンサーに「手を挙げない」と表明。JALは公的資金で支援されて再生した経緯から、2016年度までは新規投資などを制限されているためだが、底流 [全文を読む]

スカイマーク、危機に瀕し“傍若無人”経営爆走 自社利益ゴリ押しで国とANAらを手玉

Business Journal / 2015年01月16日06時00分

「10年当時、ANAの伊東信一郎社長は国交省と公正取引委員会に、JALに過度な支援をして競争環境が不公平にならないようにと申し入れた。しかし、国交省も公取委も何もしなかった。EUのように公的支援に厳しいガイドラインを設けて、JALが二次破綻することを恐れたからだ」(航空担当のアナリスト) [全文を読む]

日本、小型ジェット機で中国と“戦争”勃発 MRJへの不信根強く、就航に最大の難関

Business Journal / 2014年12月15日06時00分

ANAの持ち株会社ANAホールディングスの伊東信一郎社長は「MRJの勇姿を見て感動した。初号機の受領が待ち遠しい。世界で最初に運航できることは名誉なことだ」と賛辞を送った。 ANAがMRJの導入を発表したのは、持ち株会社に移行する前の08年3月で、25機発注した。ANAの発注で、三菱重工のMRJプロジェクトは正式にスタートした。これまで安全性確保などを理由 [全文を読む]

ビッグホリデーの破天荒経営 20歳で創業し年商800億円、取引先への忠誠心で大胆行動

Business Journal / 2014年11月28日06時00分

中でも伊東信一郎ANAホールディングス社長、加賀美俊夫オリエンタルランド会長などの来賓がこぞって讃えたのが、創業社長である岩崎氏の経営力、そして人間的な魅力である。 岩崎氏が現在では年商800億円規模にまで成長した同社を創業したのは1964年、20歳の時だった。夜学の高校を卒業して、昼間働いていた旅行会社の見よう見まねで同社を創業した。高校卒業即創業など滅 [全文を読む]

三菱重工など、MRJのロールアウト式典を開催

JCN Newswire / 2014年10月20日16時11分

式典には、西村明宏国土交通副大臣、丹羽秀樹文部科学副大臣、黒田篤郎経済産業省製造産業局長およびANAホールディングス株式会社 伊東信一郎代表取締役社長など多数の来賓が列席、三菱重工業、三菱航空機からは大宮英明取締役会長、川井昭陽取締役社長ほか幹部が出席しました。主催者側を代表して大宮会長は「最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備えた世界に誇れるMade [全文を読む]

ANAがプラバル・グルンデザイン新制服発表。羽生結弦でお披露目

FASHION HEADLINE / 2014年04月24日22時30分

ANAの取締役会長である伊東信一郎氏は「五つ星のエアラインにふさわしく、グルン氏には世界の息吹を感じる素晴らしい制服をデザインしてもらった」とコメント。常務取締役の河本宏子氏は「“挑戦”をキーワードに、新制服には変化し続けるANAを感じてほしい」と話す。 会場にはANA所属のフィギュアスケート選手である羽生結弦も飛行機の中から登場。フィギュアのポーズを決 [全文を読む]

羽生結弦選手「どんどん変化し続けたい」“ユヅスマイル”でANA新制服をPR

WEB女性自身 / 2014年04月24日16時00分

ANA代表取締役会長の伊東信一郎氏は、「10年ぶりの新制服により、ANAのさらなる飛躍を目指したい」とコメント。常務取締役執行役員の河本宏子氏は「グローバルの中で“挑戦”し、“変化し続けるANA”でありたいという思いを新制服に込めた」と話し、羽生も「ブルーのラインが印象的で上品なイメージですね」とニッコリ微笑んだ。 さらに、競技衣装について問われると、羽生 [全文を読む]

フォーカス