伊藤祐一郎のニュース

<川内原発再稼働>鹿児島県・三反園知事の主権者裏切り-植草一秀

メディアゴン / 2016年12月04日07時35分

三反園氏は、川内原発の再稼働を推し進めた現職候補の伊藤祐一郎知事による県政を批判し、「原発のない社会を作ろう」「ドイツにならい、鹿児島を自然再生エネルギー県に」などの主張を掲げて、脱原発を訴える選挙戦を展開して、知事選に勝利した。この三反園新知事が、11月28日、定期検査中の九電・川内原発1号機の運転再開を事実上容認した。「川内原発稼働阻止」という「県民の [全文を読む]

ローラがフォトグラファー!?鹿児島の魅力を世界に発信

Walkerplus / 2016年03月04日22時23分

同イベントには、鹿児島県の伊藤祐一郎知事も出席。ローラと桜島をイメージしたケーキをサプライズプレゼントした。 「若い人からおじいちゃんおばあちゃんにまで、鹿児島や九州の魅力をいっぱい伝えたい!」と意気込むローラ。イベント後、早速新幹線に乗り込み、鹿児島へ向かった。【福岡ウォーカー】 [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない!「ラ・サールから東大の鹿児島県知事舌禍問題。知性と学力はイコールではない?」

週プレNEWS / 2015年09月09日11時00分

鹿児島の伊藤祐一郎知事が県の総合教育会議で「高校教育で女の子にサイン、コサイン、タンジェントを教えてなんになるのか」と発言。 性別を理由に教育内容を変えるべきと示唆したことで波紋を広げている。知事は後日、会見で「女性を蔑視する意図はなかった」と発言を撤回したが…。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む! *** 「女 [全文を読む]

「女子に三角関数を教えて何になるのか」 鹿児島県知事、発言撤回でも批判収まらず

ウートピ / 2015年08月29日07時00分

鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、8月27日に開かれた県の総合教育会議で、女性の高校教育のあり方について、「高校で女子に(三角関数の)サイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」「それよりもう少し社会の事象とか植物の花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」と発言していたと報じられ、批判が殺到した。 男女平等の理念に真っ向から反する発言 Twitterでは、 [全文を読む]

川内原発再稼働に規制委トップ「安全とは言えない」、政府も責任回避で自治体が反発

Business Journal / 2014年08月24日01時00分

鹿児島県の伊藤祐一郎知事も定例記者会見で「エネルギー政策は最終的には国の責任であり、再稼動を地方公共団体に委ねるのは筋違い。明確な方向性を示してもらわないと、国の責任が明確にされない」と述べ、政府に再稼動の必要性を明記した文書を示すよう要請したことを明らかにした。 ●最終責任不在のまま再稼働へ 九電は電力会社の中でも原発依存度が高かったため、原発停止が続く [全文を読む]

再稼動される原発は、最終的に20基になる!

週プレNEWS / 2014年04月24日06時00分

「川内原発については、鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、原発立地自治体の薩摩川内市と隣のいちき串木野(くしきの)市に限って説明会を行なうという方針で、その他周辺の自治体の不満が募っています。県がそうした自治体の同意を取りつけるには少なくとも3、4ヵ月の期間がかかるでしょう。 九州電力は川内原発について、この夏の再稼働を目指してきましたが、難しいと思います。そも [全文を読む]

フォーカス