佐藤剛史のニュース

【新刊】佐藤剛史著『夢と希望の人生学』 12月13日(木)発売

@Press / 2012年12月10日09時30分

株式会社現代書林(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本 桂一)では、2012年12月13日(木)に、佐藤剛史氏の新刊『夢と希望の人生学 これからの「生き方」が見つかる授業』を発売いたします。書籍URL→ http://www.gendaishorin.co.jp/book/b105905.html著者の佐藤剛史氏は九州大学大学院農学研究院・農業資源経 [全文を読む]

手作り弁当が学力を伸ばし、朝のパン食は集中力を下げる?! 「心も頭も賢い子ども」を育てる「食」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月26日06時30分

『地頭のいい子を育てる食卓の力 6歳までに身につけたい30の習慣』(佐藤剛史:著、「元気が出る本」出版部:編/現代書林)によると、これは食の質が「親の愛」によって変わるから。九州大学で教員を務める著者は、同大農学部2年生125名を対象に、「高校時の毎日の昼食」の内容を問う記述式アンケート調査を行なった。その結果は、次のとおり。 手作り弁当 90.4%(11 [全文を読む]

結婚専門家「結婚は人を成長させる。しないのはもったいない」

NEWSポストセブン / 2014年07月02日11時00分

九州大学で「婚学」の講座を開いている九州大学大学院助教の佐藤剛史さんはこう話す。 「国民が結婚せず、子供を産まなくなると社会が崩壊してしまうという一面があります」(以下、「」内佐藤さん) 現在、日本の人口は1億2710万人だが、昨年1年間だけで30万人減少。2060年には8600万人にまで減ると試算されている。 「その数値が現実になると、現在の社会保障も年 [全文を読む]

早稲田「恋愛学」や九大「婚学」など大学で結婚を学ぶ時代に

NEWSポストセブン / 2014年06月27日11時00分

そのためにも、結婚を学ぶ必要があると思うんです」と語るのは、九州大学大学院助教の佐藤剛史さん。佐藤さんは九州大学で2012年から『婚学』講座を開講している。 現在の生涯未婚率は男性20%、女性10%と右肩上がりに増加し、離婚率はここ数年35%超で推移、3組に1組の夫婦が離婚している。 「昔は今より地域コミュニティーがしっかり機能して、核家族化が進んでいなか [全文を読む]

意識高い弁当男子が増えても食料自給率は上がらないカラクリ

NEWSポストセブン / 2013年10月06日16時00分

ただし、この調査結果に添付されているリリースで、九州大学大学院農学研究院助教の佐藤剛史氏も指摘しているように「国産の農作物を買い、自炊すれば食料自給率が劇的に上昇するかと言えば、そうではない」。少なくとも現状では家畜用の飼料は、外国からの輸入頼み。畜産物の自給率は飼料の自給率に左右されるため、極端に言えば、国産の家畜ばかり食べたところで、自給率が劇的に上 [全文を読む]

フォーカス