光野道夫のニュース

ジミー大西演じた中尾明慶「どう見ても苦労しますよね!」

映画.com / 2017年04月23日21時47分

ジミー大西を演じた中尾明慶とさんまに扮した小出恵介は、共演の尾上寛之、六角慎司、ジミー本人、光野道夫監督とともに、満席になった那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に立った。 さんまにとって、芸歴42年目で初めて手がけた連ドラは、幼い頃から何をやってもダメだった男が天才お笑い芸人に出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらもやがて“本当の自分の道”を見つけ出すまでを描く。ジ [全文を読む]

中尾明慶、ジミー大西を演じることは「どう見ても苦労する(笑)」

CinemaCafe.net / 2017年04月23日18時15分

第9回沖縄国際映画祭の特別上映、明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」が4月23日(日)、沖縄・桜坂劇場ホールAで上映され、出演した中尾明慶、小出恵介、尾上寛之、六角慎司、ジミー大西、光野道夫監督が登壇した。中尾さんは、ジミーさんを演じた上での苦労を聞かれると、「どう見ても苦労しますよね(笑)? 皆さん、1回ご自身に置き換え [全文を読む]

中尾明慶、現場に“襲来”したさんまの凄みを明かす「ものすごい大人を引き連れて…」

モデルプレス / 2017年04月23日16時38分

舞台あいさつにはほか、尾上寛之、六角慎司、光野道夫監督が登壇した。(modelpress編集部) [全文を読む]

小出恵介、明石家さんま役に「お受けするか悩みました」

Smartザテレビジョン / 2016年12月12日11時27分

さらに監督は「101回目のプロポーズ」「BOSS」(共にフジテレビ系)など数々のヒットドラマを世に送り出す光野道夫氏が務める。絶妙のバランス感覚でユーモアとペーソスが折り重なる青春の日々を紡ぐ。 ジミー青年が本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に笑いながらも、孤独や劣等感を抱えながら成長していく姿、支える人々の愛と友情に涙してしまうこと請け合 [全文を読む]

昼ドラ臭全開『美しき罠』、「ダサさがいい」「コントみたい」と好評も「田中麗奈の演技が残念すぎ!?」

日刊サイゾー / 2015年01月09日17時00分

脚本を『月の恋人~Moon Lovers~』『大奥~華の乱~』の浅野妙子、演出を『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(すべてフジテレビ系)の光野道夫氏が務める。 「同作が放送されているTBS『木曜ドラマ劇場』は、裏番組に押され敗北続きの“魔の枠”。前クールでは、テレビ朝日系の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』に『ママとパパが生きる理由。』が惨敗。今クール [全文を読む]

安田レイが「いきものがかり」カバー曲で初のドラマ主題歌に抜擢

dwango.jp news / 2014年12月21日11時47分

ドラマの演出は「101回目のプロポーズ」や「バージンロード」を担当した光野道夫氏、脚本は「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」を手掛けた浅野妙子氏、というテレビ界のヒットメーカーが担当。これまでもドラマに並行して主題歌を大ヒットさせてきた仕掛け人でもあるため、期待も高まる。プロデューサーの共同テレビの栗原美和子氏は主題歌起用に関してこう語る。「演出 [全文を読む]

田中麗奈も不倫!?愛憎劇「美しき罠」でヒロインに!

Smartザテレビジョン / 2014年11月25日20時28分

演出は光野道夫。ことし8月にフジテレビを定年退職した光野(現在は共同テレビ所属)の初演出作となる。代表作に「101回目のプロポーズ」('91年フジテレビ系)、「素顔のままで」('92年フジテレビ系)、「Age,35 恋しくて」('96年フジテレビ系)、などがあり、主題歌を大ヒットさせてきた仕掛け人でもある。脚本は光野と「Age,35 恋しくて」でタッグを [全文を読む]

フォーカス