八城修のニュース

高校選抜・ドイツ遠征終えた桐光出身MF鳥海芳樹が桐蔭横浜大で早くもデビュー!

ゲキサカ / 2017年05月03日11時11分

桐蔭横浜大の八城修監督が「チームとして蹴ることが多くなってしまって、うちの選手の特長が出ない試合になってしまった。そういうなかで後ろは怖くて蹴ってしまったり、彼(鳥海)の良さが出づらかったと思う」と振り返ったように持ち味のドリブルなどで勝負したのは、PA左から持ち込んだがDFに阻まれた場面の一度ほど。終了間際のアディショナルタイム4分には、後方からのボール [全文を読む]

[MOM434]桐蔭横浜大DF八戸雄太(4年)_浮上の鍵握る頼れるCB、鋭い読みで専大完封

ゲキサカ / 2017年05月01日22時51分

守備陣にも経験豊富なGK田中雄大(4年=青森山田高)らがいるものの、八城修監督が「天皇杯予選から2点以上は入っていたので、失点を少なくすることが課題だった」と話したように、ささやかな“問題”を抱えていた。そして迎えた第2節・専修大戦。「失点ゼロ」をチームとして意識するなかCB八戸が奮闘した。 前半42分には相手右クロスからゴール前へ詰められたが、寸前で難 [全文を読む]

[関東]芝が良すぎ?互いに持ち味出せず…専修大と桐蔭横浜大はスコアレスドロー

ゲキサカ / 2017年04月30日18時00分

試合後、桐蔭横浜大の八城修監督は「素晴らしいピッチでしたけど、意外とボールが転がらない。水を撒けば最高ですが、芝に引っかかってしまったせいもあり、ボールが進まず。お互い蹴るような形で持ち味が出ていなくて、面白くない試合になってしまいました」と悔しさをのぞかせ、「そういうなかで本来やりたいことをできてこそ、魅力あるサッカー、面白いサッカーができる。勝ちたか [全文を読む]

[関東]桐蔭横浜大登録メンバー:前期

ゲキサカ / 2017年04月12日22時37分

第91回関東大学サッカーリーグ戦1部 桐蔭横浜大登録メンバー ■監督 八城修 ■主将 FW浅川隼人(4年=八千代高) ▼GK 1 田中雄大(4年=青森山田高) 21 三浦和真(4年=東京Vユース) 23 滝谷優斗(4年=横浜FCユース) ▼DF 2 中島優(4年=青森山田高) 3 八戸雄太(4年=青森山田高) 4 眞鍋旭輝(2年=大津高) 5 池田壮磨(4 [全文を読む]

[MOM403]桐蔭横浜大MF鈴木国友(3年)_「次は俺、決めたらヒーロー」予感があった決勝点

ゲキサカ / 2016年11月06日21時31分

ハーフタイムには八城修監督から「いつもやっているプレーをやろう」、「まだ0-2なんだから、自信を持って。相手に呑まれないようにやろう」と言葉があった。自信を失いかけ、バラバラになりかけていた選手たちだが「まずは1点を取ろう」とまとまった。 すると後半2分、シュートのこぼれをMF杉山雄太(1年=札幌U-18)が決め、まず1点を返す。同13分には、鈴木のクロ [全文を読む]

[関東]桐蔭横浜大登録メンバー:後期

ゲキサカ / 2016年09月29日01時41分

桐蔭横浜大・後期リーグ登録メンバー ■監督 八城修 ■主将 FW今関耕平(4年=千葉U-18) ▼GK 1 田中雄大(3年=青森山田高) 21 三浦和真(3年=東京Vユース) 23 児玉潤(1年=東京Vユース) ▼DF 3 八戸雄太(3年=青森山田高) 4 尾崎快斗(4年=実践学園高) 17 田中憧(4年=鹿島学園) 18 眞鍋旭輝(1年=大津高) 24 [全文を読む]

小池が1G1A!流通経済大は0-2から2点返し、桐蔭横浜大とドロー…互いに3点目取れず悔しさも

ゲキサカ / 2016年09月12日08時00分

八城修監督が「申し分のない前半でした」と話したように、早い時間に2点を先取した桐蔭横浜大は守備陣も奮闘。相手エースFWジャーメイン良(3年=流通経済大付柏高)に前半は1本もシュートを打たせず。DF田中憧(4年=鹿島学園)とDF時田和輝(3年=流通経済大付柏高)のCBコンビを中心に粘り強く戦った。 それでも前期リーグを4勝2分5敗という不本意な結果で終え、 [全文を読む]

自力で立ち直る強さ、明大は桐横大に逆転勝利で2年連続決勝へ!:総理大臣杯

ゲキサカ / 2016年08月13日11時29分

追加点のチャンスを逃した八城修監督は試合後、「序盤は理想的な展開だったけど、うちはお人よしだったと思うし。序盤に2点目、3点目を獲っていれば、明治の足が止まったり、迷いが出てまた違った展開になったと思う」と悔やんだ。 対する明治大も徐々に平常心を取り戻し、反撃を開始。活路を見出したのは前線に入ったFW木戸皓貴(3年=東福岡高)とFW丹羽詩温(4年=大阪桐蔭 [全文を読む]

PK戦にもつれる熱戦で両守護神が奮闘…初出場・桐横大が立命大下す:総理大臣杯

ゲキサカ / 2016年08月11日11時13分

だが、「立ち上がりに点を獲っていれば、もうちょっと良かった」と八城修監督が振り返ったようにチャンスを決めきれずにいると、延長戦までもつれた2回戦・常葉大浜松戦の疲労もあり、攻撃陣の活動量が低下。加えて、「相手は後ろからFW目掛けて蹴るのが分かっていたので、攻守の切り替えやポゼッションで対抗して、カウンターをできない時間を作りたかった」(MF國分伸太郎)と [全文を読む]

[MOM379]桐蔭横浜大FW石川大地(3年)_インパクト与えるシーズンに、先発起用に応える1G1A

ゲキサカ / 2016年04月24日07時30分

桐蔭横浜大の八城修監督は「石川はもともと一番に試合に出したい選手ではあるので。十二分に力を発揮してくれた。本当の意味でのエースは彼。結果として1得点1アシストなのは素晴らしいですが、まだまだ出来る力はあるので、こだわってやっていって欲しい」とエールを送る。 開幕から2節連続でベンチスタートだったが、それについて指揮官は「最初は今関と石川を(開幕)先発でい [全文を読む]

フォーカス