劉徳のニュース

中国で25年間植樹を続けている高見邦雄氏に「中日友好使者」を授与―中国メディア

Record China / 2016年09月06日18時50分

中国人民対外友好協会の宋敬武副会長、中国文化部(省)の劉徳有元副部長、中共中央対外連絡部の劉洪才副部長、全国人民代表大会外事委員会の曹衛洲副委員長、中国国際交流協会の[イ児]健秘書長、「緑の地球ネットワーク」代表の前中久行氏、さらには在中国日本大使館の山本恭司公使など、数十名の日中両国の来賓が見守る中、高見氏に「中日友好使者」の称号が授与された。 中日友好 [全文を読む]

中国スマホ大手がロボット掃除機を発表―中国メディア

Record China / 2016年09月03日03時50分

同社の共同創業者、副総裁、小米生態チェーン責任者の劉徳氏は「このスマートルート計画が可能なロボット掃除機は、基本的な機能に優れているだけでなく、スムーズにきれいに掃除してくれる。最も重要なのは高度な知能を持っている点で、自動運転技術で使用されているようなリアルタイムの測位機能、地図作成アルゴリズムにより部屋の地図をリアルタイムで作成し、最も合理的な掃除ル [全文を読む]

日本のコンビニとの収益差は7倍、中国のコンビニの課題は?―中国メディア

Record China / 2016年05月27日07時40分

だがパナソニックコールドチェーン大連有限公司コンビニ事業分野の劉徳堂部長は、「中国本土のコンビニに欠けているのは、ファストフード食品の割合だ。サービス類の売り上げがコンビニ企業にもたらす利益率もコンビニが発達した日本や台湾に比べて非常に低い」と指摘する。 ▽直営店?フランチャイズ? 中国のコンビニが発展の過程でどのようにして迅速に拡大するかが、業界の注目点 [全文を読む]

もう日本で爆買いはさせない?中国最大のスマホメーカー、日本人技術者を招き炊飯器を本格開発―中国メディア

Record China / 2016年03月31日17時40分

小米の創立者の1人である劉徳(リウダー)副総裁は「日本の炊飯器は確かに性能がいいが、価格が高すぎる」と問題点を指摘し、象印マホービン・タイガー魔法瓶・東芝の炊飯器の価格は3200元(約5万5000円)以上するのに対し、米家の圧力IH炊飯器は日本の同類炊飯器のわずか3分の1の999元(約1万7000円)であるとした。(翻訳・編集/矢野研介) [全文を読む]

中国共産党・政府の幽霊職員は33万人 年間損失額は1750億円

NEWSポストセブン / 2014年10月18日07時00分

さらに、汚職で逮捕された次官級の大物幹部、劉鉄男・元国家発展改革委員会副主任の場合は、カナダ留学から帰ってきたばかりの息子の劉徳成氏が東省の国有企業の幹部として登録され、実際は働いてはいないのに、数年間で3558万元(約6億2600万円)もの金額を受け取っていたことが分かっている。 劉鉄男氏は息子をこのような実態のない幽霊幹部として、中国全土の国有企業数 [全文を読む]

フォーカス