劉源のニュース

汚職で摘発の中国軍元No.2 腐敗追及の責任者を4回暗殺未遂

NEWSポストセブン / 2014年08月16日07時00分

汚職などの腐敗問題で中国共産党の党籍剥奪処分を受け、今後、軍法会議で裁かれる予定の徐才厚・元中央軍事委員会副主席(軍のナンバー2)が、習近平国家主席の無二の親友で厳しい腐敗追及で知られる劉源・軍総後勤部政治委員を4回も暗殺しようとしていたことが分かった。香港誌「動向」が報じた。 徐氏はすでに腐敗容疑などで党籍剥奪処分を受けている谷俊山・元総後勤部副部長と親 [全文を読む]

習近平主席盟友の軍幹部 軍事委副主席昇格で上海閥狙い撃ち

NEWSポストセブン / 2014年08月23日07時00分

中国の習近平・国家主席の盟友で、中国人民解放軍の総後勤部政治委員の劉源氏が10月に開催される中国共産党第18期第4回中央委員会総会(4中総会)で、党中央軍事委員会入りし、党中央軍事委員会副主席に昇格する見通しとなった。ロイター通信が報じた。 劉氏は国家主席を務めたかつての最高幹部の1人、劉少奇氏の長男で、習氏と同じく太子党(高級幹部子弟)の有力メンバーであ [全文を読む]

中国軍部を抑えきれない習近平に米国激怒。オバマが次に放つ一手とは

まぐまぐニュース! / 2016年04月05日20時00分

中央軍事紀律検査委員会書記(中央軍事委副主席兼務)のポストに親友の劉源を迎え、王岐山と同じような役割を期待したが、殺されると劉源は固辞して退役している。これにより、軍部も抑えることができない状態になっている。 次ページ>>政治的なもろさが日本にもたらす最悪の事態とは? 今後の方向は ということで、習近平は、軍部の意向を止めることができずに、米中首脳会談で [全文を読む]

中国軍大幅改革で指導部人事も一新 習近平氏の軍権掌握進む

NEWSポストセブン / 2015年12月27日07時00分

新たな中央軍事委規律検査委員会書記には習近平・国家主席(軍事委主席)に近い劉源・上将(現在の総後勤部政治委員)、新設ポストである統合参謀部総参謀長には蔡英挺・上将(現在の南京軍区司令官)、政治工作部主任には張陽・上将(現在の総政治部主任)らが就くなど習近平色が一層強くなっており、習氏の軍権掌握が進むとみられる。 習氏は11月下旬、北京で開いた中央軍事委改 [全文を読む]

中国軍最高幹部 軍トップの幹部登用に絡む汚職を実名で告発

NEWSポストセブン / 2015年07月22日07時00分

中国人民解放軍の最高幹部の1人で、習近平国家主席と極めて近いといわれる劉源・総後勤部政治委員が中国共産党機関誌「求是」最新号で、「腐敗は党や軍の最高幹部にまで及んでおり、国家に甚大な損害を与えている」などとの内部告発を行った。求是は党内でも最も権威のある理論誌だけに、ネット上では「腐敗幹部をどんどん取り締まれ」などとの書き込みが見られるなど、中国内でも大き [全文を読む]

人民解放軍幹部 収賄200億元に映画スターや歌手など愛人5人

NEWSポストセブン / 2013年06月29日16時00分

しかし世の中には硬骨漢もいるもので、谷にとって悪いことには、それが直属の元上司、劉源・総後勤部政治委員だった。劉源は劉少奇・元国家主席(故人)の息子で、財産も権力も名誉も兼ね備えている。習近平の無二の親友でもあり怖いもの知らず。告発の仕方も大胆だった。2011年末に北京で開かれた軍事委拡大会議で谷の豪邸の写真をかざし、腐敗を明らかにしたのだ。 これで谷は [全文を読む]

中国が、日米との軍事衝突を避けるために用いた「催促」外交術

まぐまぐニュース! / 2015年10月05日20時00分

2013年1月19日 海上自衛隊の哨戒ヘリに火器管制レーダーを照射(1回) 2013年1月30日 海上自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射(1回) 2013年2月 習近平国家主席の軍事面の盟友で対日、対米最強硬論者の劉源上将が中国国内の強硬派に対して、戦争回避について3回にわたって発言 2013年11月23日 東シナ海上に広大な防空識別圏を設定すると同 [全文を読む]

中国軍が10月に最高幹部を大幅人事異動 習氏の軍権掌握進む

NEWSポストセブン / 2014年09月17日07時00分

また、中央軍事委副主席には劉源・総後勤部政治委員と劉福連・北京軍区政治委員が昇格し、現在、副主席の張佑侠、許其亮の両氏は留任する。これで副主席は2人から4人に増員される。 総参謀長は房峰輝氏、総政治部主任は張陽氏、ロケット戦略部隊司令官は魏鳳和氏がそれぞれ留任。総装備部長は蔡英挺・南京軍区司令官、海軍司令官には孫建国・総参謀部副部長、空軍司令官には乙暁光・ [全文を読む]

軍事委主席就任の習近平氏 中国軍史上最大の人事異動の狙い

NEWSポストセブン / 2012年12月02日07時00分

このほかにも、今回の人事の対象にはならなかったが、劉源・総後勤部政治委員や張海陽・戦略ミサイル部隊政治委員ら軍内には太子党勢力の高級幹部は、100人は下らないといわれる。 [全文を読む]

中国次期トップ・習近平氏 秋の幹部人事で大幅妥協の観測も

NEWSポストセブン / 2012年08月26日07時00分

12人のメンバーを列挙すると、軍ナンバー1の軍事委主席は習近平党総書記、軍事委副主席が李克強首相と張又侠(現在の瀋陽軍区政治委員で、大将)、さらに劉源(現在の総後勤部政治委員)の3人という「トロイカ」体制になっている。 このほかの8人の軍事委員は常万全(国防相選任予定)、章沁生(総参謀長選任予定)、劉亜洲(総政治部主任に選任予定)、張海陽(総後勤部張に選 [全文を読む]

フォーカス