加茂周のニュース

小池知事から岡ちゃんまで 山本七平学の「継承者」たち

NEWSポストセブン / 2017年04月26日16時00分

1998年フランスW杯出場に向け絶望的な雰囲気が漂う中、更迭された加茂周監督の後を受け急遽監督を任されることになった岡田氏は当時、報道が作り出す空気に悩まされていた。 岡田氏は選手が抱える不調や課題より、根拠なく不安を煽る報道によって作られる空気による悪影響を危惧していたという。岡田氏はW杯突破を危ぶむ記者に対し、「『「空気」の研究』を読んだことがあるか」 [全文を読む]

[SEVENDAYS FOOTBALLDAY]:大将の器(関西学院大学・成山一郎監督)

ゲキサカ / 2016年12月15日00時48分

前任の指揮官は日本屈指の名将として知られる加茂周。あまりに偉大な前任者の後継という意味で、大きな重圧を感じていたのではないかという疑問を、成山はあっさり否定する。「プレッシャーはまったくなかったです。そこがやっぱり加茂さんの凄さというか、ちゃんと優勝して戦力を残した状態で僕に引き継いでくれて、1回監督を降りたとなったら一切現場に介入されなかったですし、結果 [全文を読む]

[10月29日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2016年10月29日06時00分

Former FW加茂周(元ヤンマーディーゼル、1939)*元日本代表監督。横浜Fでは93年に天皇杯優勝に導いた。 GKエドウィン・ファン・デル・サール(元マンチェスター・Uほか、1970、オランダ)*オランダ代表として活躍したGK。手足の長さが売りで、冷静なプレーが持ち味。 MFフィリップ・コクー(元バルセロナほか、1970、オランダ)*バランサーとし [全文を読む]

サッカー日本代表 窮地に陥れば「カズJAPAN」誕生に現実味も

NEWSポストセブン / 2015年12月29日11時00分

予選突破が危うくなると、加茂周監督の更迭を求めるサポーターが選手の乗ったバスを取り囲む一幕もあった。そんな難局を任せられるのは誰か。サッカージャーナリストが語る。 「協会はW杯進出を逃すことでサッカー人気が凋落することを一番恐れている。危機的状況からチームをまとめ、国民感情も盛り上げるなら、指導力云々ではなく、選手、ファンの誰もが一目置く人物でなければ無理 [全文を読む]

[10月29日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年10月29日06時00分

Former FW加茂周(元ヤンマーディーゼル、1939)*元日本代表監督。横浜Fでは93年に天皇杯優勝に導いた。 GKエドウィン・ファン・デル・サール(元マンチェスター・Uほか、1970、オランダ)*オランダ代表として活躍したGK。手足の長さが売りで、冷静なプレーが持ち味。 MFフィリップ・コクー(元バルセロナほか、1970、オランダ)*バランサーとし [全文を読む]

元NHK・山本浩アナが語る スポーツ実況・解説のあるべき姿

NEWSポストセブン / 2015年01月29日11時00分

加茂周さん(元サッカー日本代表監督。現在は解説者)の背中を叩いたりするわけですから(笑い)。「残りあと3分」とか「これに勝つと3連勝です」とか、わかり切っていることは言いません。 ボールが動いているときに「天皇杯の準決勝です」って言って逃げちゃうのも、隣にいたら紙出して「そんなこと言うな!」って怒ります(笑い)。第〇回など数字を出すと締まるんですね。自分も [全文を読む]

解任ムードから一転……アギーレ続投を明言したJFA会長の“不確かな”判断能力

日刊サイゾー / 2015年01月27日15時00分

95年当時、日本代表は加茂周監督が率いていたが、加藤久強化委員長は「加茂さんでは、フランスW杯には出場できない。95年にヴェルディ川崎を優勝させたネルシーニョ監督(11年にも柏レイソルを優勝に導く)に交代すべき」とレポートをまとめ、解任に動いた。 しかし、これをJFA上層部は受け入れず、強化委員たちは辞任。代わりに強化委員長に就任したのが、大仁会長である。 [全文を読む]

[10月29日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2014年10月29日06時00分

Former FW加茂周(元ヤンマーディーゼル、1939)*元日本代表監督。横浜Fでは93年に天皇杯優勝に導いた。 GKエドウィン・ファン・デル・サール(元マンチェスター・Uほか、1970、オランダ)*オランダ代表として活躍したGK。手足の長さが売りで、冷静なプレーでゴールを死守する。 MFフィリップ・コクー(元バルセロナほか、1970、オランダ)*バラ [全文を読む]

元日本代表・藤田俊哉 「今は間違いなく史上最強の日本代表」

NEWSポストセブン / 2014年06月05日07時00分

ファルカン、加茂周、 トルシエ、ジーコと歴代の日本代表監督を魅了し、実に10年間、日本代表のユニフォームに袖を通し続けた元ジュビロ磐田の藤田俊哉氏。彼だからこそ語れる、W杯への想いとは。 * * * グループCの日本代表の前に立ちはだかるのは、コートジボワール、ギリシャ、コロンビアの3か国。FIFAランキング上では格上の国ばかりですが(日本47位、コートジ [全文を読む]

セルジオ越後の一蹴両断!第344回「国立競技場で、最も印象深い日本代表戦は1997年10月のUAE戦だ!」

週プレNEWS / 2014年03月05日12時00分

それまでの最終予選中、日本は加茂周監督を更迭するなど非常に悪い流れが続いていたけど、この試合に勝てばグループ2位に浮上でき、巻き返すには絶好のチャンスだった。ところが、結果は1-1の引き分け。試合後、怒ったサポーターが選手バスを取り囲んで、パイプイスや生卵を投げつけた。カズ(三浦知良)が怒鳴り返す場面を記憶している人も多いだろう。それまでの日本サッカーで [全文を読む]

フォーカス