加藤英樹のニュース

ドワンゴ、日本棋院と最強コンピュータ囲碁ソフトを開発へ

ITライフハック / 2016年03月03日17時00分

ドワンゴは、公益財団法人日本棋院の協力のもと、日本最強のコンピュータ囲碁ソフト「Zen」の開発者である尾島陽児氏・加藤英樹氏を中心としたプロジェクト「DeepZenGo(ディープゼンゴ)プロジェクト」を発足し、世界トップレベルの囲碁ソフトを開発していくことを決定した。本プロジェクトでは、新生囲碁ソフトのベースとなるZenの開発者に加え、最強将棋ソフト「PO [全文を読む]

日本製の囲碁AI 進化するも「ご乱心」の詰めの甘さが弱点

NEWSポストセブン / 2017年03月26日16時00分

各国を代表するトップ棋士3人との対局前に、Zen開発チーム代表の加藤英樹さんは「1勝したい」と話していた。 Zenは日本生まれ。囲碁ソフトとして成長してきたが、個人用パソコンバージョンでは限界があった。 昨年3月にグーグル社が開発した人工知能AIソフト「アルファ碁」に、元世界チャンピオンの李世ドル九段が1勝4敗で敗れたのをご記憶の方も多いだろう。飛躍的に [全文を読む]

日中韓トップ棋士と囲碁AIによる世界大会『ワールド碁チャンピオンシップ』の開催を記念して、「囲碁とAI」講座をgaccoで開講

@Press / 2017年02月01日15時00分

■「囲碁とAI」講座 概要 【講座名】 《gacco特別企画》ワールド碁チャンピオンシップ記念講座「囲碁とAI」 【内容】 初心者に向けた囲碁ルールの解説と囲碁AIの最新技術を学ぶ講座 【第一部:「ワールド碁チャンピオンシップ」をもっと楽しむために】 1-1:世界の囲碁(歴史や位置づけ) 1-2:ワールド碁チャンピオンシップの紹介 1-3:出場棋士インタ [全文を読む]

国産囲碁AIに勝利 「僕は腐った鯛」と嘯く趙治勲とは

NEWSポストセブン / 2016年11月26日07時00分

その直後、打倒アルファ碁を目指し、Zenの開発プロジェクトがスタート(代表・加藤英樹氏)した。ドワンゴがハードウエアや開発スペースを提供、天才プログラマーといわれる尾島陽児氏、AIを専門に研究する東京大学・松尾研究室らが協力する体制で開発を進めてきた。 8か月が経ち、Zenがプロ棋士と対等に戦えるほど飛躍的に強くなったと判断され、趙名誉名人との三番勝負が [全文を読む]

囲碁の人工知能が韓国のプロ棋士に勝利、日本で初=韓国ネット「アルファ碁と戦わせたら面白そう」「日本もパクリをするように…」

Record China / 2016年11月21日14時50分

「Deep Zen Go」開発チームの加藤英樹さんは「感無量だ。趙9段が最後にミスをしたので勝利できた。趙9段が時間をかけてゆっくり勝負に挑んでいたら結果が違っていたかもしれない」と話した。趙9段は「本当に人間と囲碁を打っている気分になる。少し勝ちに行き過ぎてしまった」と敗因を分析した。 趙9段はこれまでに74の大会で優勝し、日本の棋士の中では最も多くの [全文を読む]

PC囲碁ソフト『天頂の囲碁6 Zen』6月3日(金)発売

PR TIMES / 2016年06月03日16時59分

株式会社ドワンゴが開発環境を支援して、「Zen」開発者の尾島陽児氏、加藤英樹氏を中心に、最強囲碁プログラムの開発を目指す「DEEP ZEN GO プロジェクト」が発表されており、その動向が注目されています。 [画像1: http://prtimes.jp/i/16440/9/resize/d16440-9-472887-1.jpg ] <商品情報> ■商 [全文を読む]

日本も「囲碁を打つ人工知能」開発へ、世界最強めざす―日本棋院が協力

インターネットコム / 2016年03月01日16時25分

ディープゼンゴでは、既存の囲碁を打つコンピューターシステム「Zen(ゼン)」の開発者である尾島陽児氏、加藤英樹氏を中心に据え、将棋を指すコンピューターシステムとして著名な「PONANZA(ポナンザ)」の開発者である山本一成氏、人工知能の研究者で東京大学准教授の松尾豊氏も迎える。 日本棋院も協力を表明しており、和田紀夫理事長がコメントを寄せている。「目的が [全文を読む]

【カリモク家具】お台場ショールームオープン。

PR TIMES / 2015年03月31日12時23分

カリモク家具株式会社(社長:加藤英樹、本社:愛知県知多郡)では、お台場ショールームを、4月24日(金)にダイバーシティ東京オフィスタワー5階にオープンします。カリモク家具ショールームは全国に展開しており、お台場ショールームで23箇所目となります。体感型ショールームをコンセプトとして、お部屋の雰囲気でご覧頂けるモデルルームや、専門スタッフのアドバイスを通じて [全文を読む]

はじめてのかんせんき(執筆者:我孫子武丸)

ニコニコニュース / 2014年02月27日16時00分

対するコンピュータ側・zenを操るチーム代表加藤英樹氏は、幽玄の間の隅で自宅と繋がったマシンのディスプレイを見つめている。後で伺ったところによると、勝ち負けより何より、zenへの入力ミスをしないか、代打ちとの連携がうまくいくかどうかが最大の心配事であったそうだ。終盤、zenが敗色濃厚な局面で加藤氏の表情が苦しそうに歪むのも、照り返しで見にくいディスプレイを [全文を読む]

将棋の次は囲碁だ!でプロ棋士がコンピュータと戦う「第1回囲碁電王戦」開催

ITライフハック / 2014年02月03日00時00分

■第1回囲碁電王戦概要◆1日目:2月11日(火)番組名:「第1回囲碁電王戦 9路盤三番勝負 張豊猷八段・平田智也三段 vs. Zen」日時:2月11日(火)午前10時より番組開始出場者:張豊猷八段、平田智也三段/対局ソフト「Zen」(開発者:加藤英樹)平田智也三段第1局:10時30分~/第2局:14時~/第3局:16時~張豊猷八段第1局:13時~/第2局: [全文を読む]

フォーカス