勝栄二郎のニュース

格安スマホ市場、プレイヤー出揃い通信高速化&料金低下加速 大手携帯は警戒感強める

Business Journal / 2014年09月25日18時00分

NTT系のIIJは、財務省の大物事務次官だった勝栄二郎氏が社長に就任したことが話題となった。MVNOの先駆けといえるのは日本通信で、イオンと提携して格安スマホブームを演出した。 格安スマホの追い風に乗り、日本通信株の7月7日時点での売買代金は1632億円。東証1部を含む全市場で1位となった。同日の株価は上場来の最高値の1268円をつけ、1月14日の安値89 [全文を読む]

経済指標、軒並み悪化で景気減速?政府と新聞、消費増税のため「回復」との見解維持か

Business Journal / 2014年08月04日01時00分

そんな中、6月10日に元財務事務次官の勝栄二郎氏が読売新聞社の監査役、27日に同じく元財務事務次官の真砂靖氏が日本テレビホールディングス(HD)と日本テレビ放送網の社外取締役に就任。天下りは続いている。消費税再増税とともに、新聞料金への軽減税率適用が現実味を帯びつつある。 (文=高橋洋一/政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授) [全文を読む]

財務省増税対策は大新聞からが鉄則 続いて系列キー局も動く

NEWSポストセブン / 2014年07月28日07時00分

今年6月、読売の東京本社監査役には「財務省の天皇」とも呼ばれた勝栄二郎・元次官が就任した。もはや財務省の天下り指定席のようだ。その直後、読売は〈消費税率の引き上げから3か月が過ぎて駆け込み需要の反動減が和らぎ、景気回復の見方が強まっている〉(7月18日付)と報じた。 「メディア対策は大新聞からというのが鉄則。そうすれば系列テレビのキー局も動く。まずは財研 [全文を読む]

抜擢人事「26人中25番目の男が選ばれた理由」

アサ芸プラス / 2013年07月18日09時58分

今年4月、「10年に1人の大物次官」と呼ばれた財務省・前事務次官の勝栄二郎氏が、インターネットイニシアティブの社長兼最高執行責任者に就任したことも話題になりました。政界の裏側で大臣らを操っているのは、実は勝氏のような官僚たち。大物官僚起用の意外な抜擢人事は憶測を呼びました。 抜擢人事の裏側には時として前任社長のゆがんだ思惑が働き、人事権を放さず、“院政支 [全文を読む]

金村義明氏 元横綱・北勝海と1升瓶12本空けベンツに大嘔吐

NEWSポストセブン / 2013年01月21日16時00分

※週刊ポスト2013年2月1日号 【関連ニュース】「花見自粛しないで」の日本酒蔵専務 世界への東北PR役に勝海舟の江戸城無血開城「柳腰外交」仙谷氏とはものが違う北の湖、九重、陸奥の3親方辞任で角界の利権構造が崩壊か“勝栄二郎財務事務次官は勝海舟の子孫”の誤報信じる菅首相揚げ物や味付けの鯉料理にも合う「日本酒ハイボール」の魅力 [全文を読む]

日本開催IMF総会 財務官僚が凱旋帰国し消費増税成立祝う会

NEWSポストセブン / 2012年10月09日07時00分

IMF副専務理事の篠原尚之氏は財務省OBで、消費増税を主導した勝栄二郎・前事務次官の同期でもある。 相澤幸悦・埼玉大学経済学部教授が指摘する。 「IMFの提言の理屈は、“アメリカに次いでお金や人を出している日本の財務省の意向を大いに反映している”となっています。つまり、財務省が望む消費増税をIMFに代弁してもらったというわけです。 日本が自主的に600億ド [全文を読む]

公務員改革で落選させるべき議員 仙谷由人、岡田克也、蓮舫

NEWSポストセブン / 2012年09月13日07時00分

しかも給与引き下げは2年限定、退職金の官民格差是正は来年から段階的に実施と官僚に甘い内容で、いまや「退職金を減らされないうちに」と増税戦犯の勝栄二郎・前財務次官はじめ各省トップの駆け込み退官が相次いでいる。 【蓮舫氏】 事業仕分けでは歯切れのいい言葉で官僚をやり込め、“仕分けの女王”と喝采を浴びたが、その実態は財務省のシナリオ通りに演じた主演女優だった。 [全文を読む]

勝前財務次官 消費増税実現の功績で退職金1125万円分得した

NEWSポストセブン / 2012年09月03日07時00分

理由は、勝栄二郎・前財務省事務次官その人にある。 政治評論家の屋山太郎氏が話す。 「今回の退職金引き下げについては、霞が関では、“勝逃げ”といわれている。勝さんは、定年を過ぎているが、定年延長で事務次官に留任していた。これはほかでもない消費増税のため。これが8月に成立したことで、年内には退職するという目処がついた。来年1月以降の引き下げにすれば、勝さんは [全文を読む]

低金利に沸く住宅ブーム 財務次官のマンション購入が後押し

NEWSポストセブン / 2012年07月31日07時00分

FRIDAY8月3日号によると、「陰の総理」との異名を取る勝栄二郎・財務事務次官(62)が長年住んだ公務員宿舎を離れ、6900万円の借金をして港区内のタワーマンション(38階建て)に移り住んだという。 同マンションの関係者が話す。 「ここは民放キー局の有名女子アナやジャニーズタレントも住んでいて、部屋によってはレインボーブリッジも見渡せる眺望のよさが人気 [全文を読む]

4月26日に小沢一郎氏判決 大メディアの予定稿の内容とは?

NEWSポストセブン / 2012年04月23日07時00分

増税司令塔の勝栄二郎・財務事務次官が、まず「非常事態宣言」を出した。 さる4月上旬、勝次官は野田首相と極秘会談を行なった。次官が総理に会うのを秘密にする必要はないはずだが、この会談は新聞の首相動静には載っていない。 「勝次官は消費増税法案の成否を慎重に見極めてきたが、この時点で国会会期末の6月までに成立させることを断念した。法案はその先でも成立させる可能 [全文を読む]

フォーカス