原俊作のニュース

田原俊彦ブーム再来でそっくり「たのきん」にも密かに脚光か

NEWSポストセブン / 2012年07月17日16時00分

そんなタイミングで、「あの『たのきんトリオ』が復活する……?」という噂を聞き、都内で行なわれたある結婚式を訪れると……、なんと、原俊作、新田純一、アキレスKENによる、ものまねたのきんトリオが結成されていた! 6月28日、田原俊彦のものまねでお馴染みの原俊作の結婚式には、数多くのものまねタレントが集結。1982年に歌手デビューし、当時から「近藤真彦に似て [全文を読む]

『あまちゃん』で注目、トシちゃん似歌手・原俊作のその後

NEWSポストセブン / 2014年11月17日16時00分

2013年大ヒット朝ドラ『あまちゃん』で、“トシちゃん似の男”として登場するや、話題を局地的にかっさらっていった原俊作。田原俊彦にあこがれ続けた男が、10月31日、満を持してCDデビュー。その本人を直撃してみた――。 ――ずばり曲名は? 原:『情熱ダイヤモンド』です! ハッとしてGOODなネーミングでしょ!? 最高だよね! ――リリースにあたっての抱負は? [全文を読む]

あまちゃん出演の田原俊彦似芸人 トシちゃん特製マッチ作成

NEWSポストセブン / 2014年04月01日11時00分

“トシちゃん似の男”として登場した、ものまね芸人の原俊作(41)だ。 「本当に反響が凄かったですね。どこに行っても、『あまちゃん』の話を振ってもらえるし、東北中心にいろんなイベントに呼んでもらいました。(脚本の)宮藤官九郎さんには感謝してもしきれません。4月からまた『あまちゃん』が始まってくれないかと思っているくらいです(笑)。 というのも、自分のなかで『 [全文を読む]

あまちゃん 泣ける名場面ランキング(2)母娘関係が長年の歳月を経て修復

アサ芸プラス / 2013年08月06日10時00分

母の春子は叱りつけるような言い方ですが、セリフが深いんです」 と語るのは、第52話で「トシちゃん似の男」としてビックリ出演した田原俊彦のものまね芸人の原俊作だ。 電車が出発する間際に、アキが春子に、 「私、1年前と変わった?」 と尋ねる。するといつもは娘を「バカ」「ブス」とこき下ろしていた春子が神妙な面持ちで、 「変わってないわよアキは。昔のままで地味で暗 [全文を読む]

TVでお馴染みのタレントも!ものまねライブを楽しめるレストランがオープン

TABIZINE / 2016年01月28日10時00分

テレビでお馴染みのものまねタレントやダンサーが出演し、自慢のパフォーマンスでステージや会場は大盛り上がり! トシちゃんを演じる原俊作。雰囲気も歌声も本人そっくりでした。 長渕剛の不朽の名曲「とんぼ」を熱唱する武丸。リトル清原も駆けつけてくれましたよ。 夜空を歌う一木ひろし。表情まで本人そっくり! 石原裕次郎さんのモノマネでおなじみのゆうたろう。お約束のブラ [全文を読む]

田原俊彦 握手会でダンスをしながらファンに声をかける神対応

NEWSポストセブン / 2015年06月24日16時00分

最近の言葉でいえば、“神対応”でしょうか」 会場には、田原俊彦のそっくりさん芸人で、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に“トシちゃん似の男”として出演した原俊作も姿を現した。握手の際、田原が会場を指差し、何かを言うと、原はステージ上でターンし、会場を沸かせた。芸能記者が語る。 「ものまね芸人を快く思わないタレントもいるなか、ファンのいる前で、アピールするチ [全文を読む]

キンタロー。らモノマネ芸人が売れるタイミングを芸人が分析

NEWSポストセブン / 2013年09月23日07時00分

が大ブレイクし、「フライングゲット!」が流行ったのか? 田原俊彦のそっくりさん芸人で、『あまちゃん』にも「トシちゃん似の男」として出演した原俊作(41)が、同じ芸人という立場から分析する。 「モノマネ芸人はご本人の露出が少なすぎてもオファーが少なくなりますが、多すぎるともっと来ません。ご本人が『最近、あまり見なくなったね』と思われているときのほうが、不思議 [全文を読む]

『あまちゃん』打ち上げ…クドカンが能年に送った“ひと言”

WEB女性自身 / 2013年08月22日07時00分

脚本の宮藤官九郎が田原俊彦のそっくりさん芸人・原俊作と一緒に歌って踊ったりと、大騒ぎだった」(前出・芸能事務所関係者) 締めはクドカンが「大女優になっても、僕を見捨てないでください」と能年にエールを送ってお開きとなった。 8月末には写真集、さらにドラマで流れた’80年代ソングのCDが発売されるなど、関連商品も大人気の『あまちゃん』。じぇじぇじぇ!なこの夜の [全文を読む]

フォーカス