原田信男のニュース

雷鳴のようなバリバリ音が食欲をそそる!豆腐の油炒め「雷豆腐」【再現!江戸飯レシピ7】

サライ.jp / 2016年12月16日11時30分

【参考文献】 『料理百珍集』(校註・解説 原田信男/八坂書房) 『江戸の料理と食生活』(編 原田信男/小学館) 文/小野寺佑子 撮影/五十嵐美弥 ※ 「再現!江戸飯レシピ」の他の記事へ [全文を読む]

お酒のアテにぴったり!一晩でできる『豆腐百珍』の「味噌漬豆腐」【再現!江戸飯レシピ 第1回】

サライ.jp / 2016年09月11日17時00分

※参考:『料理百珍集』(校註・解説 原田信男/八坂書房)、『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)、『日本ビジュアル生活史 江戸の料理と食生活』(編著者・原田信男/小学館) 文/小野寺佑子 撮影/五十嵐美弥 [全文を読む]

女性歴史文化研究所開設25周年記念シンポジウム「食の歴史とジェンダー -- 日本とアジア -- 」開催 -- 京都橘大学

Digital PR Platform / 2017年05月10日08時05分

今年は国士舘大学21世紀アジア学部教授の原田信男氏、立命館大学客員教授の阿良田麻里子氏を講師に迎え、食をテーマに講演・ディスカッションを行う。 食べるということは単なる栄養摂取行為ではなく、社会や文化が形成していく基となり、「共食」という行為は、歴史やジェンダー問題を考える上で重要性を帯びている。 今回のシンポジウムでは、東アジアの中でも独自の発展を遂げ [全文を読む]

しょうがの香りがやみつきに!江戸の料理書『甘藷百珍』の「衣かけ芋」【再現!江戸飯レシピ4】

サライ.jp / 2016年09月20日17時00分

※『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)、『料理百珍集』(校註/解説・原田信男/八坂書房) ※分量や細かい作り方は原本に記載されていないため、筆者が作った方法でご紹介しています。 文/小野寺佑子 撮影/五十嵐美弥 [全文を読む]

サバイバル登山家・服部氏「生き物は生き物を食うしかない」

NEWSポストセブン / 2014年09月22日16時00分

本書はそのときの体験を詳細かつユーモラスに描いたものだが、これ以外にも、最近、『猟師になりたい!』(北尾トロ著、信濃毎日新聞社刊)、『日本人は、どんな肉を喰ってきたのか?』(田中康弘著、枻出版社刊)、『神と肉 日本の動物供犠』(原田信男著、平凡社新書)など、日本の狩猟や肉食の文化をテーマとした本が目立つ。自らも10年近く狩猟を行なっている「サバイバル登山 [全文を読む]

フォーカス