坪田義史のニュース

15年ぶり単独主演作! リリー・フランキーが盲目の貝類学者に

NeoL / 2016年02月29日23時15分

原作に惚れ込んだ坪田義史田監督が、設定を大胆に沖縄に置き換え、映画化した。人を死亡させるほどの猛毒を持つイモガイ。この毒は本当に薬なのか、それとも毒に過ぎないのか……。雄大な自然の映像美にも注目を! シェル・コレクター 監督:坪田義史 出演:リリー・フランキー、池松壮亮、橋本 愛、普久原明、新垣正弘、ジム・スターク/寺島しのぶ (2016年/日本・アメリカ [全文を読む]

リリー・フランキーさん「1秒でも楽しい瞬間があるから仕事を続けていける」

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日11時38分

監督・坪田義史、出演・リリー・フランキー 寺島しのぶ 池松壮亮 橋本愛ほか。(日本公開:2016年2月27日) 記事提供:ニューヨークビズ 『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』 著者/高橋克明 全米No.1邦字紙「WEEKLY Biz」「ニューヨーク ビズ」CEO 兼発行人。同時にプロインタビュアーとしてハリウッドスタ [全文を読む]

3Dランゲーム『Red Queen』リリース記念イベント『The Missing Red Queen』渋谷ヒカリエで5月7日開催 ~音楽・映像・ダンスが融合、ゲームの世界観を再現~

@Press / 2016年05月02日13時00分

さらに、ニューヨークで活躍するサウンドクリエーターとシンガーを誘致し、坪田義史監督監修の抽象映像をバックに、音楽・映像・ダンスパフォーマンスが融合したエンターテイメントショーを展開します。『The Missing Red Queen』紹介ムービー[製作:株式会社Alice]https://www.youtube.com/watch?v=YX6_CpMWQ5 [全文を読む]

池松壮亮「オナニーしたり、シャーマンになりたかった」発言にリリーがツッコミ

Movie Walker / 2016年02月27日13時19分

リリー・フランキー、寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛、坪田義史監督が舞台挨拶に登壇した。リリーは「観終わった後ですか?どおりでみなさんポカンとしている」と自虐コメントで笑いを取った。 リリーは「この企画は映画にならないだろうな、から始まり、撮ったけど上映はないだろうなと。でも、こんなに華やかに上映させていただきました」とリリー節を炸裂させ、感謝した。 寺島は、 [全文を読む]

リリー・フランキーと橋本愛が激白「頑張ったシーンは全部カット」

Movie Walker / 2016年02月26日14時00分

本作を手掛けたのは、『美代子阿佐ヶ谷気分』(09)の坪田義史監督だが、撮影はかなり実験的かつぶっ飛んだ内容だったようだ。2人にインタビューし、興味深い撮影裏話を伺った。『シェル・コレクター』は、ピュリッツァー賞作家アンソニー・ドーアの同名処女短編集の1編の映画化作品。沖縄の孤島で暮らす盲目の貝類学者(リリー・フランキー)が、島に流れ着いた女 (寺島しのぶ) [全文を読む]

リリー・フランキーと橋本愛が語る、異色すぎた現場

Movie Walker / 2016年02月25日14時00分

この、静謐でエキセントリックな物語を紡ぎ出したのは、『美代子阿佐ヶ谷気分』(09)の坪田義史監督。リリーは、最初に脚本を読んだ時、映画化すること自体、ハードルが高い内容だと感じたそうだ。リリーが演じたのは、沖縄で貝を兎集しながら暮らす、盲目の貝類学者役。彼が、島に流れ着いた女・いづみ(寺島しのぶ)の奇病を貝の毒で治療すると、それを知った人々が、次々と島に押 [全文を読む]

橋本愛、感動体験告白も共演者からツッコミ

モデルプレス / 2016年02月19日07時05分

【橋本愛/モデルプレス=2月19日】女優の橋本愛が18日、都内で行われた映画「シェル・コレクター」(2月27日より全国公開)の東京プレミア舞台あいさつに、イラストレーターで俳優のリリー・フランキー、俳優の池松壮亮、坪田義史監督とともに出席。撮影中は、監督からの要望で、変なことをいっぱいやらされたそうで「やっている間に我に返るとやらされている感満載なので、そ [全文を読む]

橋本愛に“変な要望”「自分をだましました」

モデルプレス / 2016年02月18日20時45分

【橋本愛/モデルプレス=2月18日】女優の橋本愛が18日、都内で行われた映画「シェル・コレクター」(2月27日より全国公開)の東京プレミア舞台あいさつに、イラストレーターで俳優のリリー・フランキー、俳優の池松壮亮、坪田義史監督とともに出席。初めての沖縄と、監督のとやりとりを振り返った。今回、初の沖縄だったという橋本は「上空に戦闘機のようなものがビュンビュン [全文を読む]

リリー・フランキーや橋本愛に監督が「自慰行為を手伝ってもらった」と暴走発言

Movie Walker / 2016年02月18日19時55分

リリー・フランキー、池松壮亮、橋本愛、坪田義史監督が舞台挨拶に登壇した。リリーは「別に宣伝しなくてもけっこうです。『ワケわかんなかった』で良いです」と、歯に衣着せぬ自虐コメントを連発した。 リリーは「監督は潔いです。試写会の前日に、ハローワークに通ってた。この映画はヒットしないから。この前もNYに行くのに、奥さんにお金を借りて行ってました」と暴露。 さらに [全文を読む]

寺島しのぶ「自分がどうしてもやりたいということが明確になってきました」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月15日17時30分

聞くところによれば、坪田義史監督は「盲目の貝類学者が海の底の椅子に座っていると、頭上をウミガメが横切る」というイメージショットを撮影するのに、実際にリリーさんに海底に沈んでもらって撮影したツワモノらしい。 「私が演じるいづみがひとりエッチをして、それをリリーさんが聴いているシーンも、すごく時間をかけて撮ったのに全編カットですから(笑)。まあ、そういうところ [全文を読む]

フォーカス