塙郁夫のニュース

チームGEOLANDAR 塙郁夫選手 Baja1000参戦インタビュー

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月14日18時30分

いよいよ今年も伝統のデザートレースBaja1000が始まった。autoblogでは、Baja1000に出場するチームGEOLANDER 塙 郁夫選手にお話を伺った。日本人ドライバーとしては2010年以来4年ぶりの参戦。車両は"次世代のSUVをイメージさせるSUV車輌"をコンセプトに、独自にデザイン、制作したオリジナルマシンにて参戦する。タイヤはSUV用オー [全文を読む]

【CEATEC JAPAN 2012】横浜ゴムの市販低燃費タイヤで、パイクスピークに挑戦する塙郁夫選手!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年10月05日16時20分

来場されていたドライバーの塙郁夫選手に "なぜEVなのか?" "なぜ市販用低燃費タイヤなのか?" その辺りについてお話を伺った。Autoblogではこれまでに何度もご紹介している「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」とは、アメリカ・コロラド州にあるパイクスピークという標高4,301mの山を舞台に毎年開催されるヒルクライム、つまり山頂目指して駆 [全文を読む]

日本人も日本車も多数参加するアジアクロスカントリーラリー開幕

clicccar / 2015年08月11日14時29分

4輪部門は今大会2度のPWRC世界チャンピオンに輝いている新井敏弘選手や、かつてのパリダカの王者篠塚建次郎選手、EVマシンでアメリカで行われるパイクスピークヒルクライムに挑戦し続けている塙郁夫選手らが初参戦。元WGPライダー青木拓磨選手は9度目の参戦とバラエティに富んでいます。 参戦マシンは日本では未発売のピックアップトラック、いすゞD-MAXが主流ですが [全文を読む]

横浜ゴム、オリジナルSUVとGEOLANDARでBaja1000に参戦!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年09月05日17時00分

今回、ドライバーは同レースに数多く参戦してきた塙郁夫選手を継続起用し車は"次世代のSUVをイメージさせるSUV車"をコンセプトに、独自にデザイン、制作したオリジナルマシンにて参戦する。タイヤはSUV用オールラウンドタイヤ「GEOLANDAR A/T-S」を装着する。 横浜ゴム消費材製品企画部デザイングループの佐藤健一さんは、 「今回のBaja1000参戦 [全文を読む]

こんなクルマが集まった! 東京お台場で「モータースポーツジャパン フェスティバル」開催

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月16日08時30分

モンスター田嶋こと田嶋伸博選手、増岡浩選手、塙郁夫選手によるトークショーやデモンストレーション走行も行われた。少し離れたB会場では、各自動車メーカーとインポーターによる同乗試乗会も実施。「マクラーレン MP4-12C スパイダー」や「アストンマーティン・ラピードS」などにも乗れる(助手席または後部座席だが)ということで、抽選会場には長い列ができていた。毎年 [全文を読む]

10月13・14日の連休には「モータースポーツジャパン フェスティバル」へ行こう!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月10日19時35分

さらに企画ブースの方では、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に参戦しているモンスター田嶋こと田嶋伸博選手、増岡浩選手、塙郁夫選手を招きトークショーが開催されるという。今年のEVクラス優勝マシン「E-RUNNER」も登場する予定。メイン会場から少し離れたB会場には、毎年国内・海外自動車メーカーが市販モデルを展示。当日参加を受け付ける同乗試乗 [全文を読む]

パイクスピーク決勝、セバスチャン・ローブとプジョーが優勝! EVクラスはモンスター田嶋!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年07月01日10時10分

2009年から自作のEVマシンで参戦を続けているこのジャンルのパイオニア、塙郁夫選手は残念ながらコース後半でリタイアしている。それでは、優勝したローブ選手の見事な走りを動画でご覧いただきたい。モンスター田嶋選手については後ほど、公式動画とコメントが公開されたら改めてご紹介しよう。Pikes Peak International Hill Climb 公式サ [全文を読む]

パイクスピーク4日目、ついにモンスター田嶋が三菱チームの間に割って入る!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月29日18時00分

街乗り用のヨコハマタイヤを履いて過酷なコースに挑み続ける塙郁夫選手の「HER-02」は2分54秒68がベスト・タイムで6位だ。これでコースの全区間で練習走行が終了したわけだが、30日の決勝レースではもちろん、この3セクションを続けて一気に走ることになる。単純に3つの区間タイムを合計したものが決勝の記録とならないことは、想像つくだろう。29日のセットアップ・ [全文を読む]

パイクスピーク3日目、電気自動車クラス予選1・2位の三菱チームにモンスター田嶋が迫る!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月28日18時30分

塙郁夫選手の「HER-02」は4分46秒789で6番手。エレクトリック・クラスの順位は昨日とまったく変わらない。だが、それぞれ情報収集とセッティングを繰り返し、決勝に向けた戦いは続いている。現在のところ総合優勝に最も近い「アンリミテッド・クラス」は、この日「ミドル・セクション」で練習走行が行われた。コースが変わっても、トップタイムは相変わらず、WRC王者セ [全文を読む]

パイクスピーク2日目もやはりプジョーとローブ! 電気自動車クラスは日本チームが活躍!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年06月27日19時40分

塙郁夫選手のオリジナルEV「HER-02」は3分02秒53というタイムで6位だった(下の写真:下段右)。それでは今日も、美しい大自然の中を走る様々なマシンの写真をギャラリーでお楽しみいただきたい。市販車ベースの参戦車両には、たくさんのポルシェをはじめ「ホンダ オデッセイ」「トヨタ 86」「レクサス IS」「スバル インプレッサ」などお馴染みの車種の姿も見ら [全文を読む]

フォーカス