大平喜信のニュース

日本の各界、教育の右傾化を問題視―中国メディア

Record China / 2017年04月12日06時10分

日本共産党の大平喜信議員は衆議院の会議で、教育勅語を道徳教育の教材にしてはならず、教育勅語がどのようにして子供たちを戦場に送り込んだのかという歴史を伝えるべきだと述べた。教育勅語騒動が収まらないうちに、文科省は中学体育に「銃剣道」を加えた新版「学習指導要領」を告示した。いわゆる銃剣道は、元々第2次大戦時の日本軍の日常訓練科目の1つだった。 文科省が2月に告 [全文を読む]

国会議員と15人の15歳が15年後の世界と日本を語り合う!議員と若者が共に地球の未来を考えるイベントを開催!

PR TIMES / 2015年09月04日15時55分

※ミレニアム開発目標(MDGs)とは: http://www.ugokuugokasu.jp/whatwedo/mdgs.html ※持続可能な開発目標(SDGs)とは: http://www.ugokuugokasu.jp/action2015jp/reasonfor2015.html http://www.ugokuugokasu.jp/whatwe [全文を読む]

旧村上ファンド復活 投資ファンドとは“何様”なのか 創業家排除、株買い占めで巨額利益

Business Journal / 2015年05月01日06時00分

雪国まいたけは、不適切な会計処理の内部告発を受け、創業社長の大平喜信氏が辞任したものの、創業家と新経営陣の対立が続いていた。ベインは当初、創業家側に接触し、TOBによる再建案を提示していたが大平氏が拒否したため、新経営陣に提案して同意を取り付けた。ベインは新経営陣、銀行団と協力してTOBを実施し、創業家を排除した。 ベインは11年にファミレス大手すかいら [全文を読む]

雪国まいたけで異例の乗っ取り騒動、陰で銀行が加担 経営陣対創業家の泥沼内紛

Business Journal / 2015年04月02日06時00分

雪国まいたけは創業者の大平喜信・元社長ら創業家が議決権のある株式のうち67.33%を所有しており、同社は喜信氏を「支配株主」と公表してきた。普通に考えればTOBが成立する可能性はないが、銀行団が経営陣と米投資ファンドに全面的に協力したことでTOBが可能になった。 メインバンクの第四銀行など複数の取引銀行が創業家に同社株を担保に融資していたが、業績悪化に伴う [全文を読む]

内紛の雪国まいたけ創業者が激白「私はキノコと会話できる」

NEWSポストセブン / 2015年03月04日07時00分

創業オーナー・大平喜信氏(67)のもとに、米大手投資ファンド「ベインキャピタル」が同社に対してTOB(株式公開買い付け)を実施するという情報が飛び込んできたのは2月23日朝だった。 雪国まいたけ株は大平氏を始め創業家で約64%を保有しており、本来なら根回しなしでTOBが成功するはずはない。だが、銀行が株を担保に大平氏に融資しており、その借金返済が滞っていた [全文を読む]

雪国まいたけ社 外資TOBに至るまでの経営権を巡る内紛劇

NEWSポストセブン / 2015年03月02日11時00分

人生を捧げてきたキノコ産業の発展と普及のために、死ぬまで頑張るつもりだ」 東証2部上場のキノコ生産大手「雪国まいたけ」の創業オーナー・大平喜信氏(67)は自らを会社から“追放”しようというTOB(株式公開買い付け)に直面しても怪気炎を上げ続ける。ジャーナリスト・伊藤博敏氏がレポートする。 * * * 新潟県六日町(現・南魚沼市)の貧しい農家に生まれた大平氏 [全文を読む]

雪国まいたけで創業家と外部出身者の内紛勃発 創業者を直撃

NEWSポストセブン / 2014年09月03日07時00分

怒号飛び交う中、立ち上がって議長席に向かったのは、前社長で、過半数の株式を握る創業オーナーの大平喜信だった──。 大平は新潟県六日町(現・南魚沼市)の貧しい農家の長男として生まれた。中学卒業後、工場勤務などを経て「太もやし」の栽培に取り組むが、一家心中を考えるほどの極貧を味わう。 その後、人工栽培が難しい高級品種「まいたけ」に挑んで成功し、1983年、3 [全文を読む]

雪国まいたけ、創業家が経営陣を排除 不正経理の改善報告書を反故、上場廃止の懸念も

Business Journal / 2014年07月04日18時00分

大平安夫氏は、創業者で前社長の大平喜信氏の実弟。喜信氏は雪国まいたけ株式の21.97%を直接保有するほか、資産管理会社や一族分を合算すると議決権のある株式のうち67.33%を所有しており、同社は喜信氏を「支配株主」と公表している。圧倒的な株式を支配する創業家一族の鶴の一声で取締役が総入れ替えされたのだ。 ●上場廃止の懸念も 喜信氏は現在の南魚沼市の農家の [全文を読む]

フォーカス