大杉栄のニュース

「国家のミニチュアになってはいけない!」 クールなデモより人間本来の“暴力”を取り戻す必要性とは

週プレNEWS / 2015年11月03日06時00分

栗原 暴力っていうのは自分たちが日常的に持っている生きる力のことを呼んでまして、これは完全に戦前のアナキスト・大杉栄の思想に依拠しています。どんな形で生きてもいい。力の発揮の仕方というのは無数にあり得るし、どこで楽しもうとそれは自由なんだと、そういう考え方です。恋愛でもそうですし、文章を書くのでも、音楽やるにしても、なんでもそうだと思いますが、尺度にとら [全文を読む]

【書評】躍動感漲るタメ口で描かれたアナキスト・伊藤野枝像

NEWSポストセブン / 2016年05月14日16時00分

関東大震災直後の「甘粕事件」により、パートナーの大杉栄、甥とともに虐殺され、二十八歳で生涯を閉じたことはよく知られる。 激しく生き、書いた野枝の人生を、疾駆する文体で浮かび上がらせたのは一九七九年生まれのアナキズム研究者だ。野枝が放つ熱気に巻き込まれるように追走し、タメ口で描く野枝像は躍動感がみなぎる。彼女の思想と生き方は、閉塞する現代社会を打破しうる手が [全文を読む]

『青空文庫POD』毎月発行を開始4月刊行は138作品、414製品!

PR TIMES / 2015年04月06日10時44分

-大倉燁子、大杉栄、岡本綺堂、岡本かの子などの作品を中心に- インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を用い、ボランティアで運営されているインターネットの図書館「青空文庫」の印刷書籍(プリント・オンデマンド版)を『青空文庫PO [全文を読む]

<クレイジージャーニー>今のテレビに「異端」を飼っておく余裕はあるか?

メディアゴン / 2016年03月12日07時50分

荒畑寒村といえば幸徳秋水や菅野スガ、大杉栄、伊藤野枝といった社会主義者や無政府主義者とともに活動した人だ。幸徳、菅野は大逆事件にかかわり死刑になり、大杉、伊藤は関東大震災のとき甘粕大尉に捕まり虐殺されたのだからはるか昔、歴史上の人物だ。当時、荒畑寒村は90歳に近かったのではないだろうか。それでもまだ元気だった。もう40年以上前の話だ。語られる内容も歴史その [全文を読む]

安倍首相の歴史修正主義を、赤川次郎と高橋源一郎が痛烈批判「国家サイズのモンスターペアレンツ」「安倍首相にとって命は数字に過ぎない」

リテラ / 2015年08月15日13時00分

アナキストの大杉栄と内縁の妻で婦人解放運動家の伊藤野枝、大杉の甥の3名が憲兵隊によって殺害された「甘粕事件」の首謀者とされる人物だ。赤川氏の父は甘粕大尉の側近だったが、なんと甘粕大尉は高橋氏の大叔父にあたるというのだ。 ふたりは戦後生まれのいわゆる"戦争を知らない世代"ではあるが、飛び出す話を読んでいると、戦争とはつい最近の話なのだという思いが強くなる。た [全文を読む]

福沢諭吉、渋沢栄一ら68人の自伝を人物ごとに再編集 eBookJapanが平凡社『日本人の自伝』全巻を電子書籍化!!

PR TIMES / 2012年10月26日09時48分

『日本人の自伝』リリース予定(著者名で表記)【2012年10月】福沢諭吉/渋沢栄一/前島密/植木枝盛/馬場辰猪/田中正造/玉水常治/松山守善/福田英子/内村鑑三/新島襄/木下尚江/鳩山春子/田岡嶺雲/徳富猪一郎/三宅雪嶺/金子ふみ子/高群逸枝/大杉栄/古田大次郎/石川三四郎/片山潜/堺利彦/山川均/河上肇/南方熊楠【2012年11月】宮崎滔天/内田良平/西 [全文を読む]

フォーカス