大槻義彦のニュース

【エンタがビタミン♪】大槻義彦教授、『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル』のヤラセを完全告発 「もはやこの番組、来年は無い」

TechinsightJapan / 2016年12月27日16時54分

1998年から主に年末に放送されている特別番組『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル』に長年出演している早稲田大学名誉教授の大槻義彦氏が、同番組の“ヤラセ”を自身のブログで告発。ネット上で大きな波紋を呼んでいる。12月24日放送の『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル』に、全米大注目の超能力者ジョー・ブロギー氏が登場した。彼は相手が頭に思い浮かべた情報 [全文を読む]

『Mステ』に捏造疑惑浮上!「きゃりーぱみゅぱみゅファンを強要」地下アイドルが告発も、テレ朝の回答は……

日刊サイゾー / 2017年03月23日23時30分

テレビ朝日といえば、昨年12月に物理学者の大槻義彦氏が『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル 保存版!未確認生物UMA大図鑑SP UMA捕獲プロジェクト始動!』の台本上でのヤラセを暴露。それ以前には、林下清志氏が週刊誌でヤラセを暴露した『痛快!ビッグダディ』や、1985年に集団リンチ事件を捏造し打ち切りとなったワイドショー『アフタヌーンショー』などが挙 [全文を読む]

心霊写真の仕組み、自称・超能力者たち… 『超常現象の謎解き』がもたらすガッカリとロマン

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月30日11時30分

歴史に強い方とか、科学に強い方とか、それぞれ得意分野を持っていますね」――「オカルト否定派」とはどう違うのでしょうか?「大槻義彦教授はじめ、否定派の方々は結論ありきのことが多い。そもそもオカルトに興味がないので、深く調べもせずに結論を出してしまいます。そういうのは嫌だな、と。ASIOSは結果はどうあれ、調べた結果を公表していくというスタンス。たとえ結論が同 [全文を読む]

エッ!! オカルト雑誌「ムー」編集長と、オカルト批判の大槻教授は同じ研究室出身だった!?

tocana / 2014年05月09日18時00分

この研究室を遡ると、東京教育大のときには、かつてオカルト批判の中心的人物でもあった大槻義彦教授が学生として所属していたという。UFO=プラズマ説はもちろんだが、「ムー」では、さまざまな仮説を取り上げてきた。そう、「ムー」は単なるスーパーミステリー・マガジンではなく、謎学の知的参考書なのだ。 「ムー」を楽しむためには、もちろん、それなりの知識と素養が必要だ。 [全文を読む]

眞鍋かをりの「文化人気取り」が鼻につく!? 森永卓郎があざとさを指摘

メンズサイゾー / 2013年10月10日19時00分

まずはグラビアアイドルの辰巳奈都子が「自分のことをいい女だと思っている」と女芸人の友近にかみつき、オカルト研究家の山口敏太郎と大槻義彦教授も2月にロシアに落ちた隕石がUFOによって墜落されたという説をめぐって口ゲンカを交わした。 そんな中、経済アナリストの森永卓郎は「文化人気取りが鼻につく」とタレントの眞鍋かをりにケンカをふっかけた。眞鍋はオリコンが発表 [全文を読む]

フォーカス