寺田敏雄のニュース

日本中がドラマのネタ!脚本家養成実績No.1のシナリオ・センターが創立47周年を記念し「47行の物語~“47都道府県×ごはん”シナリオコンクール」開催中!

@Press / 2017年03月22日13時00分

『ゲゲゲの女房』の山本むつみ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』の寺田敏雄、『東京タラレバ娘』の松田裕子など(いずれも当センター出身)、審査員が豪華な脚本家陣なのも本コンクールならではです。【「47行の物語~“47都道府県×ごはん”シナリオコンクール」とは】47周年の「47」とシナリオのシナ=「47」をかけ、「47」行で「47」都道府県のシナリオを書いて [全文を読む]

「ドクターX」おなじみの大名行列が“集団行動”に進化!?

Smartザテレビジョン / 2016年11月21日05時00分

そんな時、偶然にも第7話の脚本を手掛ける寺田敏雄がト書きに「まるで日体大の集団行動競技のように、誰一人接触せず交錯してゆく」と記述したことから、このプランは一気に具体化した。 集団行動の第一人者である、おなじみ日本体育大学名誉教授・清原伸彦監督に指導を依頼したところ、快諾してもらえたのだそう。 今回撮影されたのは、左右からそれぞれやって来た黄川田(生瀬) [全文を読む]

シリーズ累計93万部突破の大ヒット作『さよならドビュッシー』実写ドラマ化! 特別先行試写会の開催決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月02日17時30分

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ <「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵岬洋介~」先行試写会実施日程> 日時:2016年3月12日(土)、13日(日) 両日13:00~、16:30~の2回(所要時間 2時間半程度) 場所:都内 ※交通費は自己負担 人数:各25名 ※抽選(当選者には3月4日(金)21:00までにDMが届く) 応募方法:番組公式 [全文を読む]

『24時間テレビ』の偽善に埋もれさせるのはもったいない!? 渾身の問題作『車イスで僕は空を飛ぶ』

日刊サイゾー / 2012年09月11日08時00分

そこに脚本として寺田敏雄が加わって制作された。主演を務めたのは、ふてくされた感じの若者を自然に演じさせたら右に出る者がいない、嵐の二宮和也だ。 中学時代から荒れて堕落した人生を送っていた主人公の泰之(二宮)はある日、ケンカの最中にビルから転落し、脊髄を損傷し車イス生活になってしまう。医者から「一生治らない」と告げられ、自暴自棄になっていた泰之だったが、入院 [全文を読む]

「劇場版 SPEC スペック‐天‐」西荻弓絵さん、「37歳で医者になった僕」古谷和尚さん等、映画・ドラマで活躍している脚本家も学んだシナリオ・センターの「シナリオ作家養成講座」が4月21日(土)開講

PR TIMES / 2012年04月18日10時36分

講座名称:「115期シナリオ作家養成講座」開講期間:4月21日~10月13日 毎週土曜日(休:5/5、8/11、9/22)開講日時:午後1時30分~午後3時30分 / 午後5時30分~午後7時30分受講料 :入学金 5,000円 / 授業料 85,000円会 場 :シナリオ・センター3階ホール(地下鉄「表参道駅」徒歩3分)講座詳細:http://www.s [全文を読む]

フォーカス