小倉清一郎のニュース

"怪物ルーキー"清宮幸太郎をプロはどう評価する!?|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2015年07月26日12時00分

広角に打ち分ける中距離打者ですね」(在阪球団のスカウト) 「1年春の段階では、教え子の筒香(DeNA)の方が打撃フォームはスムーズだったように思う」(横浜高元部長・小倉清一郎氏) 続いて東スポ。 ●元スカウト・片岡宏雄氏が見た怪物1年生・清宮「高橋由伸タイプ、柔らかさは筒香」(東スポ7月24日) こちらでも元スカウトたちが語っている。 「清宮くんはものすご [全文を読む]

プロ野球「オープン戦」で感じた“メジャー帰り4人”の評価は?(1)ソ・松坂はフォームを戻さないと…

アサ芸プラス / 2015年03月10日09時53分

「松坂は母校・横浜高校のグラウンドでキャッチボールを始めたんですが、その姿をたまたま見つけた恩師・小倉清一郎元部長(70)から『誰の許可取ったんだ! 勝手に使うんじゃない!』とどなられてしまったというんです。自主トレ段階からミソをつけていた‥‥」(球界関係者) メジャー帰りの松坂の投球フォームは全盛期とはまるで変わってしまい、「手投げ」になっていると言わ [全文を読む]

松坂、中島…大リーグ撤退組「超高額契約」ってどうなのよ?(1)手投げで球速がまったく出ない松坂

アサ芸プラス / 2014年12月23日09時53分

横浜高校時代の恩師・小倉清一郎元コーチからも『西武時代の下半身中心のピッチングに戻せ』と言われましたが、その返答が『言ってる理屈はわかりますが、無理です』だったといいます。自分の体が昔とは違うと、本人がいちばん理解しているのでしょう」 かつては、たとえ150球投げても相手を圧倒して完投してしまう若さとスタミナがあった。しかし球数制限のあるメジャーで8年間プ [全文を読む]

横浜高校で時代築いた野球部名物コーチの思い出を記者が述懐

NEWSポストセブン / 2014年05月25日16時00分

横浜高校野球部コーチ、小倉清一郎氏(69歳)の今夏限りの引退が報じられた。名物指導者の引退は、高校野球界だけでなくプロ野球界の今後も変えるかもしれない。フリー・ライターの神田憲行氏が書く。 * * * 私が小倉さんと初めて出会ったのは、1998年、「横浜vs.PL学園」(朝日新聞出版文庫)というノンフィクションを書くためだった。あの松坂大輔投手とPL学園の [全文を読む]

桐光松井攻略したデータ野球 プロ出身監督ならさらに隆盛へ

NEWSポストセブン / 2013年07月28日16時00分

横浜の分析を担当するのが、前部長で今はコーチを務める小倉清一郎さんだ。小倉さんの詳細な分析メモは「小倉メモ」として、高校野球界では有名だ。私は「横浜vs.PL学園」という本を書いたとき、PLの各打者の打球方向、投手の癖を書いたメモを見せられて衝撃を受けた。 もちろん分析して相手の弱点をあぶり出したところで、選手がそこを突けなければ意味が無い。だから練習も [全文を読む]

涌井、松坂、成瀬 「横浜高OBはなぜ太るのか」を調べてみた

NEWSポストセブン / 2012年06月09日07時00分

横高出身の選手は、“プロの練習の方が楽”と口を揃えていた」(セ球団スカウト) ノック一つにしても、元野球部長の小倉清一郎氏が、ある雑誌のインタビューでこう語っている。 「50メートルくらいダッシュさせて捕らせるノックがある。50本捕るまでやるが、捕れるかどうかギリギリのところに打つので、4、5本に1本の割合でしか捕れない。つまり選手は50メートルダッシュを [全文を読む]

フォーカス