小山真人のニュース

【恐怖】今の日本は東日本大震災以降「パンドラの箱」が開いた状態!つまり・・・

秒刊SUNDAY / 2016年04月22日13時08分

いったい日本はどうなってしまったというのだろうか、かつてこれほどまでに巨大な地震が連発して襲うことなどあっただろうか、静岡大学防災総合センター教授「小山真人」の言葉をもう一度思い出したい。 ―日本はパンドラの箱が空いた状態 東日本大震災以降、各地で頻発する地震。そしていまだに収まらない東日本の「余震」。はたしてこれはいったいいつになったら平静を取り戻すので [全文を読む]

溶岩や断層等富士山の奇景を楽しめる計7コースを紹介した本

NEWSポストセブン / 2013年08月21日16時00分

【書籍紹介】『富士山 大自然への道案内』小山真人/岩波新書/945円 世界遺産となった富士山のその美しさを作り上げたのは長い時間をかけた自然だ。本書はかつての噴火の跡をはじめ、溶岩や断層が作り出す美しくも不思議な造形等を見ることのできる7つのコースを設定して紙上で案内。富士山の魅力を再発見できる一冊。 ※週刊ポスト2013年8月30日号 [全文を読む]

富士山噴火 コンタクトレンズすぐ外さないと角膜損傷の危険も

NEWSポストセブン / 2012年09月04日07時00分

静岡大学防災総合センターの小山真人教授がこう報告した。 「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」 しかも、発表資料には<被災人口:避難できなかった場合は死者数に相当>――と書かれていた。 内閣府は富士山から約100km離れた東京でも2~10km離れた東京でも2~10cmの火山灰が降り積もると想定。首都圏に及ぶ“富士山有 [全文を読む]

富士山噴火Xデー 地震雲など近隣住民を不安に陥れる予兆多数

NEWSポストセブン / 2012年09月03日16時00分

静岡大学防災総合センターの小山真人教授がこう報告した。 「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」 しかも、発表資料には<被災人口:避難できなかった場合は死者数に相当>――と書かれていた。 緊迫度を増す富士山Xデー。記者が富士山の周辺を取材すると、地元住民を不安に陥れる多くの“異変”が起きていることがわかった。 富士山の [全文を読む]

富士山噴火の「降灰」東京も影響 飛行機や電車止まることも

NEWSポストセブン / 2012年08月31日16時00分

静岡大学防災総合センターの小山真人教授は、「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」と報告した。 山体崩壊とは噴火や地震などにより山の3分の1から4分の1が崩れる現象。崩れた山の岩石や土壌は時速100kmの猛スピードで斜面を 下る『岩屑なだれ』となり、周辺地域に甚大な被害をもたらす。 40万人が被災ともなれば、過去に例を [全文を読む]

地震や噴火による富士山の山体崩壊 想定被災者は最大40万人

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時02分

静岡大学防災総合センターの小山真人教授がこう報告した。 「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」 しかも、発表資料には<被災人口:避難できなかった場合は死者数に相当>──と書かれていた。 内閣府の富士山ハザードマップ検討委員会は、2004年に作成した報告書で富士山の噴火について、1707年の宝永噴火と同規模になると仮定 [全文を読む]

フォーカス