小林登のニュース

1994年、すでに日本でVRを活用している事例が存在していた

まぐまぐニュース! / 2016年12月10日21時56分

その前身は、東大小児科・小林登教授を中心とした母子相互作用の研究会であり、1970年代の末までさかのぼる。 バーチャルサッカーの様子 この研究会の活動内容は多岐にわたり、全てをまとめることは難しいが、中でも特徴的な試みのひとつが、「夢のテレビ」であった。これは、入院中の国立小児病院の子どもたちに、VRなどの高臨場感メディアで外の世界の体験を届けようという試 [全文を読む]

病室からも学校に通える!分身ロボットOriHimeによる遠隔授業プロジェクトが都内で拡大

PR TIMES / 2016年10月12日10時33分

インターネットを用いた遠隔授業参加を可能とする分身ロボットOriHimeをベネッセこども基金が複数の東京都立特別支援学校に導入株式会社オリィ研究所(本社:東京都三鷹市、代表取締役CEO:吉藤健太朗)は、公益財団法人ベネッセこども基金(所在地:東京都新宿区、代表理事:小林登)の自主事業である「重い病気を抱える子どもの学習支援の取り組み」の一貫として同社の開発 [全文を読む]

相続土地の「評価単位」に焦点を当てて詳解した『土地評価実務における評価単位-Q&Aとケース・スタディ-』を11月17日(木)発行

DreamNews / 2016年11月21日09時00分

【掲載内容】基本編Q&A編 第1 土地の評価上の区分 1 相続税、贈与税の土地評価における地目 2 異なる地目の土地が一体として利用されている場合の取扱い 3 2以上の地目が隣接しており、それらを一団の土地として評価する場合 4 固定資産税の課税地目と現況地目が異なる場合の地目 5 都市計画区域・都市計画区域外の区域 6 市街化区域・市街化調整区域 7 農 [全文を読む]

[プリンスリーグ東海]首位・静岡学園が7-0快勝:第14節

ゲキサカ / 2015年09月20日00時14分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ東海 【第14節】(9月19日) [浜松開誠館総合G] 浜松開誠館高 0-3 磐田東高 [磐]宮本研伍2(77、90分)、柴田大嗣(80分) [磐田スポーツ交流の里ゆめりあ] ジュビロ磐田U-18 2-0 四日市中央工高 [磐]立川嶺(56分)、大西遼太郎(90分+4) [豊田市柳川瀬公園 サッ力ー場] [全文を読む]

税務、不動産活用、資産運用などの課題を解決!資産家、土地オーナー様、会社経営者様向けセミナー9月開催情報のご案内

PR TIMES / 2015年09月10日18時37分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5429/233/resize/d5429-233-867573-2.jpg ]東京会場:節税対策セミナー第一部:「不動産管理会社設立による賃貸住宅経営のメリットとデメリット」第二部:「相続税調査の事例や調査のポイントについて」日時:平成27年9月27日(日)13:30~15:30(事前予約制、参加費無料 [全文を読む]

ベネッセの次に狙われるのは中小企業のサーバー?

JIJICO / 2014年11月04日10時00分

それは、お詫びの選択肢の中に新たに設立した財団法人ベネッセこども基金(小林登理事長=東京大学名誉教授)に対する寄付も謳われていること。お詫びと同時に寄付を募るのはいかがなものかと物議をかもしているのです。ベネッセこども基金は、未来ある子どもたちが安心して学習に取り組める環境のもとで、自らの可能性を広げられる社会を目指すことを目的とする基金なのですが…。高額 [全文を読む]

フォーカス