小野庄一のニュース

針仕事で家計支えた103歳の女性「100年なんてアッという間」

NEWSポストセブン / 2012年01月23日07時01分

100歳を超えた「現代の仙人」200人を撮影したことで知られる写真家・小野庄一氏が、写真展「新しい百歳、古い百歳、あなたも元気百歳!!」を開催中だ(1月25日まで)。ここでは小野氏が切り取った舘岡寿美子さん(103歳)の笑顔と人生を紹介しよう。 * * * 舘岡寿美子さんは、東京・浅草で生まれ、5歳まで婆やに育てられた。24歳の頃、建設省に勤務する3歳年上 [全文を読む]

103歳ゴルファーから若者へ 「素振りとマナーを身につけよ」

NEWSポストセブン / 2015年01月25日07時00分

そこで本誌は、満100歳以上のお年寄りを撮影することをライフワークとし、昨年、東京・巣鴨に「百歳王写真館&寿ギャラリー」を構えた写真家・小野庄一氏(51)の協力のもと、今年の新成人126万人に向けて、人生の大先輩たちから人生の指針となるであろう金言をもらった。 ここで紹介するのは、103歳の福岡慶一さん(東京都)。若いころからゴルフが趣味で、今でも電車を乗 [全文を読む]

102歳の渋谷寿栄子さん 18歳で麻雀覚えて今も毎日雀荘通い

NEWSポストセブン / 2015年01月23日07時00分

そこで本誌は、満100歳以上のお年寄りを撮影することをライフワークとし、昨年、東京・巣鴨に「百歳王写真館&寿ギャラリー」を構えた写真家・小野庄一氏(51)の協力のもと、今年の新成人126万人に向けて、人生の大先輩たちから人生の指針となるであろう金言をもらった。 ここで紹介するのは、102歳の渋谷寿栄子さん(東京都)。金言は、「辛くても一巡すれば必ず次の局面 [全文を読む]

100歳超えて会社員だった福井福太郎さんから若者に贈る言葉

NEWSポストセブン / 2015年01月22日16時00分

そこで本誌は、満100歳以上のお年寄りを撮影することをライフワークとし、昨年、東京・巣鴨に「百歳王写真館&寿ギャラリー」を構えた写真家・小野庄一氏(51)の協力のもと、今年の新成人126万人に向けて、人生の大先輩たちから人生の指針となるであろう金言をもらった。 ここで紹介するのは、102歳の福井福太郎さん(神奈川県)。金言は「人生は自分次第で素晴らしくもな [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 小野庄一 写真展 「新しい百歳、古い百歳、あなたも元気百歳!! 」 期間:2012年1月19日(木)~1月25日(水)

PR TIMES / 2012年01月16日11時03分

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、小野庄一 写真展 「『新しい百歳、古い百歳、あなたも元気百歳!! 』〜百寿者200人を撮影してわかった笑顔で長寿になる秘密〜」を1月19日( [全文を読む]

101歳女性の食生活 好物はハンバーグ、唐揚げ、タラコ

NEWSポストセブン / 2016年11月10日11時00分

100歳超えのお年寄りの撮影をライフワークとし、約200人の百寿者に出会った写真家の小野庄一氏は言う。 「驚くのは、意外にも脂がのったものを食べていること。肉やフライドチキン、ウナギやマグロなど。健啖家が多い印象があります」 「夫婦そろって100歳超え」として、昨年の敬老の日に長野市長から祝福された山野井美貞・よしのさん夫妻。美貞さんはその年の大晦日に亡く [全文を読む]

【富士山の美しい景色!】日本一高い頂から見下ろし見上げる光景に、とことん魅せられたい

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月04日11時40分

写真集『テッペン! 死ぬまでに見たい、富士山頂からの絶景』(小野庄一/講談社)には、富士の高嶺からとらえた、数々の壮麗な風景が収められている写真集だ。まさに驚くべき絶勝たちのパノラマなのである。 たとえば、いわゆる御来光と呼ばれる日の出の有様は、雄大な光のページェントそのものだ。なにか神秘的な空気さえ迫ってくる。理性がやめろとほざいても、ついつい手を合わ [全文を読む]

フォーカス