山崎哲也のニュース

J2復帰の大分新体制 林容平が11番、小手川は20番

ゲキサカ / 2017年01月13日20時09分

▽監督 片野坂知宏 ▽ヘッドコーチ 吉村光示 ▽コーチ 山崎哲也 安田好隆 ▽GKコーチ 吉坂圭介 1 GK 修行智仁 2 DF 山口貴弘 3 DF 黒木恭平(←山口) 4 DF 竹内彬(←名古屋) 5 DF 鈴木義宜 6 DF 福森直也 7 MF 松本怜 8 MF 黄誠秀 9 FW 後藤優介 11 FW 林容平(←FC東京) 12 サポーター 14 D [全文を読む]

[7月25日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2016年07月25日06時00分

DF山崎哲也(元大分ほか、1978)*粘り強く、安定感の高い守備が特長だった。現在大分のコーチを務める。 Others ジャガー横田(タレント、1961) 高島 礼子(女優、1964) 西尾 由佳理(アナウンサー、1977) [全文を読む]

J3大分が新体制&新背番号を発表! スローガンは「原点回帰」に決定

ゲキサカ / 2016年01月21日20時00分

以下、2016シーズン新体制 【スタッフ】 監督:片野坂知宏 ヘッドコーチ:吉村光示 コーチ:山崎哲也 GKコーチ:吉坂圭介 トレーナー:柴田清寿 トレーナー:中澤紘一 通訳:松村アレハンドロ昌文 主務:武井祐貴 副務:安岡拓哉 副務:伊藤健蔵 【選手】 1 GK 修行智仁 2 DF 山口貴弘 5 DF 鈴木義宜 6 DF 福森直也 7 MF 松本怜 8 [全文を読む]

大分が今季コーチングスタッフを発表

ゲキサカ / 2016年01月13日15時29分

ヘッドコーチに吉村光示氏、コーチにはU-18コーチとの兼任で山崎哲也氏が務める。また、吉坂圭介GKコーチは続投する。 なお、兼村憲周コーチは契約満了に伴い、退団することを併せて発表している。 ●2016シーズン新体制&背番号一覧 [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]今年の京都らしさ見せたゲーム、京都U-18が2位・大分U-18とドロー

ゲキサカ / 2015年11月29日22時48分

「2点目を獲ろうという気持ちではなく、ボールを保持しようという方向に意識がいっていた」(山崎哲也監督)という大分の隙を突き、セットプレーから活路を見出す。14分にエリア左でのFKを沼が直接狙ったが、これはわずかに右。17分に右CKのこぼれ球からMF守屋圭幾がゴールを狙ったが、これもGKの正面に終わった。 ため息を誘う場面が続いた京都だったが、25分に中央を [全文を読む]

[Jユースカップ]「自分たちならできるんだ。やれるんだ」高い意識と強い気持ち維持して戦う浦和ユースがファイナルへ

ゲキサカ / 2015年11月09日13時17分

「タフという点では劣っていなかったと思います」と大分・山崎哲也監督が言えば、浦和MF川上開斗も「大分は球際がすごく強かったけれど、僕らも負けていなかったと思います」と胸を張る。立ち上がりからピッチ上のあちこちで“デュエル”が続く、そんなゲームとなった。 開始7分、先制点を奪ったのは浦和だった。MF中塩大貴が放り込んだロングスローのこぼれ球からMF影森右京が [全文を読む]

[Jユースカップ]「団結力」が強さの源、大分U-18がクラブユース選手権王者・横浜FMユースを退けて準決勝進出!

ゲキサカ / 2015年11月02日13時45分

「横浜FMさんは個としてもチームとしても本当にレベルが高い相手でしたが、自分たちらしさは出せたと思います」 大分・山崎哲也監督はそんな言葉で試合を振り返る。W杯規格の巨大スタジアムが作り出す雰囲気もあって少々気負いや緊張も見られた大分だったが、ベースとなる球際の強さは揺るがない。コンパクトな陣形を保ちながら、ロングボールのこぼれ球を拾って序盤からトリコロー [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]立ち上がりからギア全開で仕掛けて2得点、G大阪ユースが首位で残り3節へ

ゲキサカ / 2015年09月21日07時16分

前半はG大阪をリスペクトしすぎたため、「自分たちは頑張らないと戦えないチームなのに、前半は頑張れなかった」(山崎哲也監督)大分だったが、後半は「自分たちの頑張る姿勢を表現できた」(同監督)と前線から何度もボールを奪いに行くスタイルが機能。高い位置でのボール奪取から、G大阪を押し込む時間が増えた。後半12分には左サイドを上がったDF戸高航汰から、PA左のM [全文を読む]

[7月25日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年07月25日06時00分

DF山崎哲也(元大分ほか、1978)*粘り強く、安定感の高い守備が特長だった。現在大分のコーチを務める。 Others ジャガー横田(タレント、1961) 高島 礼子(女優、1964) 西尾 由佳理(アナウンサー、1977) [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]昨季開幕9連敗の京都橘が開幕戦で勝ち点獲得!プレミア初陣の大分U-18とドロー

ゲキサカ / 2015年04月12日04時27分

中央とサイドを意図的に使い分けながら攻める大分は山崎哲也監督が「(相手が4枚、4枚のブロックを形成してくることを想定した中で)1.5列目のところは意図的に使おうと話はしていて選手が対応してくれましたし、サイド攻撃についても自分が監督になってからやり続けているところなので、そのバランスも決して悪くはなかったと思います」と振り返ったように連係良い攻撃も見せてチ [全文を読む]

大分2種登録の注目FW吉平翼、U-18チームの仲間たちと「いい思い出がたくさんできるように」

ゲキサカ / 2015年04月08日00時47分

監督の哲さん(山崎哲也監督)の1年目がボクが入った年で、哲さんには自分のサッカー感を上げてもらって、育ててもらった思いが強い。恩返しっていう部分も含めてですけど、ボクらの代はサッカーに対して熱い選手が多いのでそういう選手たちとサッカーをやっているのは楽しいですし、いろいろな全国大会で結果を出して、プレミアでも良い戦いをしてみんなで喜びを分かち合って、いい思 [全文を読む]

[MOM1244]大分U-18MF坂井大将(3年)_トップ昇格、W杯帯同・・・「持っている男」が大一番で2発!!

ゲキサカ / 2014年12月17日19時31分

大分トリニータU-18の山崎哲也監督は165cmの小柄な10番を「持っている男」と表現した。W杯ブラジル大会日本代表のトレーニングパートナーにして、大分トップチーム昇格を決めているU-19日本代表MF坂井大将(3年)が2得点で大分U-18をプレミアリーグ昇格へ導いた。 まずは前半29分、ファインゴールでスコアを動かした。クリアボールを拾った右MF鷺原拓也( [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]大分U-18のプレミア昇格に貢献したMF姫野「来年は優勝してJ1に上がりたい」

ゲキサカ / 2014年12月16日12時01分

「運動量多くてチームに欠かせない存在だった」(山崎哲也監督)というプレーで大分U-18をプレミアリーグ昇格へ導いた姫野は「自分はユースが終わってもトリニータ。ユースは近い存在にあるので、プレミアという舞台を下の学年に残したかったですね」という目標を達成。今年同様、来年はトップチームの昇格に全力を尽くす意気込みだ。 登録は身長162cm、体重58kg。プロ入 [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]プレミア昇格の大分U-18CB佐藤主将、厚い信頼で得た「主役」のタスキ

ゲキサカ / 2014年12月16日11時05分

山崎哲也監督もこの日のプレーについて「最終ラインでしっかりと声を出してなおかつ点もとってくれてチームを引っ張ってくれた」と評した佐藤。思いを込めた一戦では攻守両面おける奮闘が光った。まず守備面では「相方の(吉平)駿があまり大きくない分、自分がロングボールに対して落とさずに行かないといけないという責任感があった」と米子北の攻撃の起点を潰すと、攻撃面では前半 [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]「献身」でまとまった大分U-18が3発勝利、大興奮のプレミア初昇格!

ゲキサカ / 2014年12月16日10時37分

就任2年目でプレミアリーグへ導いた山崎哲也監督を胴上げすると、「本日の主役」のタスキを強引に山崎監督にかけてまた笑顔を弾けさせていた。 指揮官は止まらない雄叫びを上げる選手たちに微笑みながら「去年(参入戦で敗退して)悔しい思いをしているので。今年のクラブユースも、Jユースも自分たちが設定した目標設定にあと一歩のところで到達できなかった。何としても昇格だけは [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]粘り強く攻めた大分U-18、山崎決勝ミドルでプレミア王手!

ゲキサカ / 2014年12月15日02時37分

結果として、この1点が決勝点となったが、このゴールを生み出したのは、山崎哲也監督を始め、選手たちが冷静に相手を見ながら、粘り強く攻め続けたからであった。 ゴールの予兆は、前半終盤から漂っていた。前半の30分過ぎ、坂井がこれまで4-2-3-1の左サイドハーフから、トップ下にポジションを移した。「最初は坂井をサイドにおいて、サイドに起点を作って、クロスから崩そ [全文を読む]

[Jユースカップ]底力見せた大分U-18、奮闘・甲府U-18を下して8強進出!

ゲキサカ / 2014年11月09日22時04分

実際、チームの動きには序盤から明らかな硬さがあり、「想定はしていたが、やはり立ち上がりは悪かった」と、かつてトップチームでガッツと知性を兼備した名DFとして活躍した山崎哲也監督も認める入りの悪さとなった。 この時間帯にこそ甲府の勝機はあったのかもしれない。10番を背負うFW遠山拓民を核として、大分守備陣を何度も脅かした。ただ、大分・山崎監督が「今年のチーム [全文を読む]

[アイアディアナスカップ]炎天下の連戦、どしゃ降り・・・その中で「何ができるか」学んだ大分U-18

ゲキサカ / 2014年08月16日17時03分

山崎哲也監督が「鍛錬期」と表現するこの夏の強化期間。「ボクらのサッカーをやるには厳しい環境で、いい練習になる」という今大会では炎天下の中で1日2試合も経験し、最終日は大雨の影響でパスがすぐに止まってしまうようなピッチ状態の中でタフな試合も経験した。「前にパワーのある選手がいたし、徹底してくるというところでは、運動量も多くてやりにくかった」という都城工との [全文を読む]

[アイアディアナスカップ]大分県勢対決は大分U-18が中津東下す

ゲキサカ / 2014年08月16日06時28分

この日の第1試合は落としたものの、山崎哲也監督も「ハードワークする部分だったり、やろうとしていることを表現してくれている。(この夏)AチームとBチームの差を縮めたいと思っていた。1日目よりも2日目の方が良くなっている」と厳しい連戦の中で奮闘した選手たちに目を細めていた。 以下、試合後のコメント ●大分U-18MF姫野宥弥主将(3年) 「同じ大分のチームで、 [全文を読む]

CREAM、初ワンマンツアー東京・大阪公演が大盛況!

okmusic UP's / 2014年07月09日11時00分

m-floなどでも活躍するドラムの山崎哲也、BACK DJにLucas Valentineを迎えた編成で、ライヴは「Forever Young」でスタート。アルバムテーマの“ありのまま、自分らしく生きる”を表現した爽快EDM「#nofilter」から、m-floの「How You Like Me Now?」ネタを使った2000年代初頭のR&B/ヒップホッ [全文を読む]

フォーカス