山本尚のニュース

身体も心もほっかほか!定番から変わり種までコンビニ中華まん32選

ガジェット通信 / 2016年10月27日22時00分

【発売中】ピザ職人山本尚徳監修 ピザまん 税込120円 黒の人気イタリアン『ピィツエリア・エ・トラットリア・ダ・イーサ』のオーナーシェフ山本尚徳氏監修のピザまん。 3種類のトマト原料にバジルを加え、さらに2種類のチーズを入れて、マルゲリータピザをイメージしました。 【発売中】CoCo壱番屋監修 チーズカレーまん 税込120円 27種類のスパイスを使用し、 [全文を読む]

結婚式離れに歯止め!「見たら結婚式をしたくなるエンドロールムービー」を無料プレゼント

PR TIMES / 2015年08月21日09時23分

コンテンツ強化リニューアルを記念し、ウェディングフィルム撮影をプレゼント![画像1: http://prtimes.jp/i/14725/3/resize/d14725-3-940195-1.jpg ]株式会社ハウツー(代表取締役社長 山本尚宏)が運営する、最高の結婚式を挙げるための結婚情報サイト「HOW TO MARRY(ハウツーマリー)」(http:/ [全文を読む]

人工知能研究者が男女の脳の違いから導き出した『女の機嫌の直し方』

週プレNEWS / 2017年04月25日10時00分

(インタビュー・文/友清哲 撮影/山本尚明) ●黒川伊保子(くろかわ・いほこ) 1959年生まれ、長野県出身。人工知能研究者、脳科学コメンテーター。奈良女子大学理学部物理学科卒業、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能の研究開発に従事した後、2003年に株式会社感性リサーチ設立。主な著書に『日本語はなぜ美しいのか』(集英社新書)、『「ぐずぐず脳 [全文を読む]

日本人が日米外交と呼んできたものの正体は「画一的な日本人コミュニティとアメリカ側の一部知日派との『狭いパイプ』」でしかなかった!

週プレNEWS / 2017年01月31日10時00分

沖縄の声がアメリカに伝わらないのはなぜか? 日米関係をゆがめている「ワシントン拡声器」とはなんなのか? アメリカの政治の中心、ワシントンに身を置いたことで見えてきたロビイングの現場と日米外交の問題点、そして本来あるべき日米関係を築き上げていくための方策を明かす (インタビュー・文/川喜田 研 撮影/山本尚明) [全文を読む]

スマホで淹れる!? IoTコーヒーマシン「The Roast」の味とは

&GP / 2017年01月23日07時00分

▲左からパナソニック株式会社 アプライアンス社 山本尚明氏、豆香洞コーヒー焙煎士 後藤直紀氏、石光商事株式会社 コーヒー・飲料部門 リーダー 荒川正臣氏 ▲4〜6月は「香りを楽しむ」7〜9月は「味わいを楽しむ」10〜12月は「マッチングを楽しむ」1〜3月は「アレンジを楽しむ」という各テーマに沿って豆を選定しています。 ▲生豆パックは3種セット(5500円 [全文を読む]

サークルKサンクスの「中華まん」が今年も登場--具材感アップの「肉まん」などスタメンは4種類!

えん食べ / 2016年08月03日19時00分

ピザまんは、目黒にある人気イタリアン「ピッツェリア・エ・トラットリア・ダ・イーサ」のオーナーシェフ、山本尚徳さんが監修したもの。3種類のトマト原料にバジルを加え、さらに2種類のチーズを合わせることで“マルゲリータピザ”をイメージしているそう。 チーズカレーまんは、CoCo壱番屋が監修したカレーまん。27種類のスパイスを使ってCoCo壱番屋のカレールーを再 [全文を読む]

対決! 新型ホンダNSXがS660に鈴鹿で負けた?

clicccar / 2016年03月13日09時32分

そしてNSXには山本尚輝選手が乗り込み、シビックType-Rの10秒後にスタート。S660からは45秒のハンデとなっています。 そのNSX、よく見ると2名乗車。なんと鈴鹿サーキットオフィシャルアナウンサーのピエール北川さんが助手席で実況! SUPER GTのGT500マシンよりもハイパワーといわれるNSX。コーナーリングの安定感は抜群で、タイヤのスキール [全文を読む]

牛丼が食えなくなる? 強欲化する世界と中国“爆食”のマネーゲーム

週プレNEWS / 2016年03月08日11時00分

(インタビュー・文/友清 哲 写真/山本尚明) ●井上恭介(INOUE KYOSUKE) 1964年生まれ、京都府出身。NHKエンタープライズ、エグゼクティブ・プロデューサー。87年、東京大学法学部卒業後、NHK入局。報道局、大型企画開発センター、広島局などを経て現職。ディレクター、プロデューサーとして報道番組の制作に従事。主な制作番組にNHKスペシャル [全文を読む]

妻へのDV容疑で逮捕された作家・冲方丁が独占手記を発表。警察と検察への怒りと疑義

週プレNEWS / 2015年11月30日06時00分

2003年、『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞を、2010年に『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞などの受賞歴がある (編集協力/友清 哲 撮影/山本尚明) [全文を読む]

政府が推進する自動運転2020問題。事故責任は誰が負うのか?

週プレNEWS / 2015年11月20日06時00分

週刊プレイボーイ47号では、さらにこの問題を「誰のための自動運転なのか?」と、推進する政府やメーカーの思惑を徹底検証しているのでお読みいただきたい! (取材・文/川喜田 研 撮影/山本尚明) ■『週刊プレイボーイ』47号(11月9日発売)「『自動運転2020年実用化』ってホントに可能か?」より [全文を読む]

世界一のピザ職人が勧める美味しい宅配ピザ6

WEB女性自身 / 2015年11月13日06時00分

「この30年間で、宅配ピザの需要がここまで広がったのは、各社それぞれ、どこの店舗に注文しても、同じクオリティで同じものが提供できるという、その 安心感 が大きいのではないでしょうか」 こう話すのは、世界ピッツァ選手権で2年連続優勝した実績を持つ、山本尚徳さん。宅配ピザが高い品質をずっと保つことができる背景には、メニュー開発に携わる人たちの、日々の努力がある [全文を読む]

「PRIDEなんてぶっ壊すつもりで…」新格闘技イベント『RIZIN』榊原代表の覚悟

週プレNEWS / 2015年11月01日06時00分

■RIZIN最新情報は、オフィシャルHPまで (取材・文/“Show”大谷泰顕、編集部 撮影/山本尚明、乾晋也) [全文を読む]

新格闘技イベント『RIZIN』榊原代表の勝算は?「世界的規模の格闘技の祭典になります」

週プレNEWS / 2015年10月31日06時00分

●この続きは、明日配信予定! ■RIZIN最新情報は、オフィシャルHPまで (取材・文/“Show”大谷泰顕、編集部 撮影/山本尚明、乾晋也) [全文を読む]

新格闘技イベント「RIZIN」で復活、榊原信行代表を独占直撃!「PRIDEファイターの引退の舞台をつくる」

週プレNEWS / 2015年10月16日11時00分

07年にはFC琉球の経営に参画し、沖縄初のJリーグクラブ創設の礎を築いた ■RIZIN最新情報は、オフィシャルHPまで (取材・文/“Show”大谷泰顕 編集部 撮影/山本尚明 乾晋也) [全文を読む]

今ドキ選ぶ人気の軽は維持費が安く街乗りで一目置かれる最強コスパ!か車中泊まで快適なゴージャス派か?

週プレNEWS / 2015年07月05日06時00分

工夫次第で物置にも住居にもなるぜっての! (取材・文/佐野弘宗 植村祐介 友清 哲 撮影/池之平昌信 岡倉禎志 山本尚明) [全文を読む]

第2次ブーム到来中! 本格“軽スポーツ”が誇る技術の結晶とは

週プレNEWS / 2015年06月26日11時00分

価格は目ん玉が飛び出るほど高いが、維持費は軽! ●発売中の『週刊プレイボーイ』27号では、さらに動くホームセンターから最新自動ブレーキ、軽キャンピングカーまで徹底解剖しているのでお読みください! (取材・文/佐野弘宗 植村祐介 友清 哲 撮影/池之平昌信 岡倉禎志 山本尚明) ■週刊プレイボーイ27号(6月22日発売)「ゴージャス軽自動車 5ジャンル18台 [全文を読む]

ピザ大好き・マツコがダメ出し連発したデリバリーピザがネット上で逆に大注目!

AOLニュース / 2015年06月17日12時00分

https://youtu.be/02qQ29OF6e4 <関連動画はこちら> この日、同番組では『マツコの知らないデリバリーピザの世界』と銘打ち、ワールドピッツァカップで史上初の二連覇に輝いた実績を誇るという「世界一のピザ職人」、東京・中目黒のナポリピッツァ専門店「ピッツァリアトラットリア ダ イーサ」の山本尚徳氏(37)が出演。プライベートでもしばし [全文を読む]

西内まりやが誰にも教えたくない携帯待ち受け画像

アサ芸プラス / 2014年12月17日09時59分

その男性からの影響で現在もハマっているのが、岡山で活動するイラストレーター・山本尚樹のイラストです。可愛いけどちょっとダークな部分があるのが特徴で、西内は友達経由で缶バッジも購入し愛用しています。『とっておきだから誰にも教えたくない』と言っているとか」(芸能関係者) 西内はいまも山本のイラストを携帯電話の待ち受けにし、撮影の合間に見ては、癒されているそう。 [全文を読む]

全巻80万円の春画集 「ありのまま」で累計1万部の大ヒット

NEWSポストセブン / 2014年10月25日16時00分

同書の編集を担当した学研パブリッシングの山本尚幸氏は、「この仕事が白倉さんの大きな転機となった」と指摘する。 「シリーズの浮世絵編では、春画の局部がトリミングされました。白倉さんは、『浮世絵というジャンルの半分は春画。当時の男女の機微や江戸文化が読み取れる貴重な資料なのにこういう扱いはおかしい』と力説していました」 白倉氏の想いが結実したのは1992年に [全文を読む]

死刑囚の半生を通して炙(あぶ)りだされる、社会通念の意外な危うさ

週プレNEWS / 2014年09月30日06時00分

(構成/友清 哲 撮影/山本尚明) ●早見和真(はやみ・かずまさ) 1977年生まれ、神奈川県出身。大学在学中よりライターとして活躍し、2008年に『ひゃくはち』で小説家デビュー。主な作品に『スリーピング・ブッダ』『ぼくたちの家族』『6(シックス)』『東京ドーン』『ポンチョに夜明けの風はらませて』がある。インタビューの最後に、「普段まったく小説を読まない [全文を読む]

フォーカス