岡千秋のニュース

フルコーラスにこだわったSP番組『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』BSフジにて放送

okmusic UP's / 2016年12月08日18時30分

【その他の画像】岡千秋番組では、弦哲也、杉本眞人、岡千秋という当代の演歌・歌謡曲界を代表する3人のヒットメーカーが自作を歌うと共に、芸能界の生き字引として知られる音楽評論家・小西良太郎氏とタレントの松本明子を相手に、自らの足跡やヒット曲誕生の陰のエピソードなどを語る。3人をよく知る小西氏がホスト役を務める時点で、濃い話が聞けるであろうことは予測できるが、共 [全文を読む]

「第58回輝く!日本レコード大賞」各賞決定!宇多田ヒカルらが選出

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日06時00分

」 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 「シン・ゴジラ」 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (50音順) 【特別話題賞】 「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」/ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村徹 【作曲賞】 岡千秋 「命の恋」/神野美伽 【作詩賞】 原文彦 「秋恋歌」/香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「Hey [全文を読む]

本格カラオケアプリ「カラオケ♪採点@セガカラ」 1月の新曲案内 いきものががり「ジャンプ!」、大原櫻子「瞳」 KAT-TUN「Dead or Alive」などを一挙に配信!

PR TIMES / 2015年01月09日14時07分

おひとりでも、友達・家族・恋人など複数人でも、カラオケが更に楽しくなること間違いなし! 2015年1月配信の新曲曲名 / 歌手名ジャンプ ! / いきものがかり瞳 / 大原櫻子Dead or Alive / KAT-TUN生命のワルツ / 9mm Parabellum Bulletオマツリサワギニ / 9mm Parabellum Bullet子 ギャル [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(3)

アサ芸プラス / 2013年12月18日09時58分

この歌の作曲は「ふたりの夜明け」と同じ岡千秋だが、勝利の美酒は不思議な味だった。 「今回はうれし涙で、また飲んでも飲んでも酔えないって感じでしたね」 こうした激戦は、昭和の終わりまで重ねられ、人々の記憶に植えつけられていった‥‥。 [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(2)

アサ芸プラス / 2013年12月17日09時58分

実際、レコーディングも3テイクで終わっていた」 冒頭で岡千秋が言ったように、五木は100点の曲を120点に、ひのきに言わせればC級の楽曲でもA級に持っていける歌唱力を持つ。ただし、あまりにも高度になりすぎると「大衆の支持」とかけ離れてしまう。 「だから三振に終わるかホームランとなるか、そんな歌でいいと思った」 後押ししてくれたのは、レコード会社の総帥だった [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(1)

アサ芸プラス / 2013年12月13日09時58分

それが五木ひろしという歌い手の凄さでした」 作曲家の岡千秋は、自身も都はるみとのデュエット「浪花恋しぐれ」(83年)を大ヒットさせた歌手でもあるが、ひたすら尊敬の念を抱くのが五木である。 そんな岡が五木に提供した「ふたりの夜明け」は、賞レースの本命とされながら、わずかに及ばなかった。 「あんまり悔しくて、しばらくは浴びるように酒を飲んでもまったく酔えなかっ [全文を読む]

フォーカス