岡本光のニュース

第29回「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2016」東北新社 取締役常務執行役員 岡本光正が選出

@Press / 2016年11月11日14時00分

一般社団法人ケーブルテレビ情報センター(東京都中央区・佐々木嘉雄理事長)が主催する「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者が11月7日に発表され、株式会社東北新社(東京都港区・植村徹社長)取締役常務執行役員 岡本光正が、第29回「ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2016」に選出されました。 本賞は1988年に創設されたケーブルテレビ業界の発展に貢献をした業 [全文を読む]

小池新党候補者選び 切り込み役の素人候補増やす戦略

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

塾生の1人で弁護士の岡本光樹氏の話からもそれがわかる。 「候補者選びの面接はまず女性が優先され、次に私のような政治経験のない新人、その後に元職や現職の議員という順番のようです。私は3月11日に面接を受け、(最終選考のために)出馬の意欲を書いたメールを送るように言われました」 今や全国の有権者が都議会の情けない実情を知った。豊洲問題追及の百条委員会が全国に中 [全文を読む]

飲食店や職場内「原則禁煙」とする厚労省案公表…自民たばこ議連案と比較して検証

弁護士ドットコムニュース / 2017年03月12日09時57分

対策についてどう考えるべきか、受動喫煙に関する係争を扱う岡本光樹弁護士に聞いた。●「たばこ議連は、議論の出発点を誤っている」自民党たばこ議員連盟は、「喫煙を愉しむこと」は、憲法に定める幸福追求権だと主張しています。しかし、最高裁昭和45年9月16日判決は「喫煙の自由は、あらゆる時、所において保障されなければならないものではない。」とし、仮に権利であるとして [全文を読む]

ゲストに田崎真也氏、デヴィ夫人が参加『日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD』創設プレスカンファレンンス・レセプションパーティーがフランス大使館で華やかに開催

DreamNews / 2016年11月09日17時30分

※フランス大使館経済公使のムルルヴァ氏(左)とフランス コレ社代表のシャリオー氏(右)【日本コレ賞について】 「日本コレ賞」の趣旨とエントリー方法・審査方法についての説明は「GOLD CHEF CLUB」プランナーの岡本光正氏より発表されました。 「日本コレ賞」のエントリーを募集するサイト「GOLD CHEF CLUB」は、「美味しい日本を支えるGOLDな [全文を読む]

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016 来場者の投票で選出する「六甲ミーツ・アート大賞」 グランプリは古屋崇久氏の「爆発」に決定!

PR TIMES / 2016年11月09日10時49分

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016「六甲ミーツ・アート大賞」 受賞者グランプリ 古屋崇久「爆発」 賞金50万円準グランプリ 岡本光博「w#190 UFO - unidentified falling object (未確認墜落物体)」 賞金20万円第3位 PARANOID ANDERSONS「かくれんぼ」 賞金10万円(提供:一般社団法人 兵庫県宅地建物 [全文を読む]

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016 来場者の投票で選出する「六甲ミーツ・アート大賞」 グランプリは古屋崇久氏の「爆発」に決定!

@Press / 2016年11月09日09時45分

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016「六甲ミーツ・アート大賞」 受賞者グランプリ 古屋崇久「爆発」 賞金50万円準グランプリ 岡本光博「w#190 UFO - unidentified falling object (未確認墜落物体)」 賞金20万円第3位 PARANOID ANDERSONS「かくれんぼ」 賞金10万円(提供:一般社団法人 兵庫県宅地建物 [全文を読む]

「たばこ白書」受動喫煙の肺がんリスク強調、「屋内全面禁煙」はなぜ進まないのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月09日10時45分

受動喫煙に関する係争をあつかう岡本光樹弁護士に聞いた。●「罰則のある法規制を導入すべきだ」「飲食店などでの『屋内全面禁煙』を法律で義務化すべきだと考えます。今回の『たばこ白書』も、『わが国でも喫煙室を設置することなく屋内を100%禁煙化を目指すべきである』と提言しています。日本を含め168カ国以上が『たばこ規制枠組条約』(略称FCTC)に加盟し、そのガイド [全文を読む]

検索ではたどりつけない特別な一冊を探しに行こう! ブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日17時30分

あなたにとっての“夏の一冊”になる本を探しにいってみては? <選書した100人>(50音順・敬称略) 青木淳(建築家)、網中いづる(イラストレーター)、石川直樹(写真家)、磯崎憲一郎(作家)、市橋織江(写真家)、いとうせいこう(作家)、犬山紙子(エッセイスト)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー)、梅津庸一(美術家)、越前敏弥(文芸翻訳者)、エリイ(ch [全文を読む]

小栗旬 室外機で“騒音トラブル”、近隣住民激怒で警察沙汰に

WEB女性自身 / 2016年07月12日00時00分

まだ『うるさい』と言ってる人はいるんです」(前出・近所の住人) ご近所トラブルに詳しい岡本光樹弁護士がこう話す。 「音のトラブルは、毎日継続するので感情的になりやすい。とにかくご近所トラブルは、溝が深まらないうちに、感情のもつれを解消していくのが何よりも大切です」 たしかに小栗家の近所を取材すると、こんな声があった。 「家が建ったときには、山田優さんがお子 [全文を読む]

北京で10万人の「喫煙者」密告ボランティアーー東京五輪に向けて日本も追随すべき?

弁護士ドットコムニュース / 2015年09月11日10時06分

第二東京弁護士会で受動喫煙防止部会長などを務める岡本光樹弁護士に聞いた。●日本でも導入することはできる?「実は、これに類似する制度は、日本でも既にあります。たとえば、東京都千代田区でボランティアの区民や在勤者が、区から啓発員証や腕章の貸与を受けて、条例違反者への注意喚起を行う『喫煙マナー啓発員』という制度です。千代田区に問い合わせたところ、現在は休止中のよ [全文を読む]

米国タバコ会社に「2兆円」賠償判決――こんな「高額賠償」は日本でも認められるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月11日16時58分

第二東京弁護士会の受動喫煙防止部会長をつとめ、タバコに関する裁判にくわしい岡本光樹弁護士に聞いた。●日本でも「タバコ訴訟」は起きている「今回、一人の訴訟で約2兆円という巨額の賠償が認められ、あまりの金額の大きさから、各メディアによってニュース報道されたようですね。ちなみに、日本の年間タバコ税収が2兆円超で、ほぼこれに匹敵する金額です」 岡本弁護士はこう述べ [全文を読む]

海外では建物内「全面禁煙」が当たり前? 受動喫煙防止法案を弁護士が批判する理由

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月26日15時43分

一歩前進にみえるこの法案だが、受動喫煙問題に取り組む岡本光樹弁護士は落胆を隠さない。なぜなのだろうか?●受動喫煙防止の「義務規定」が後退した実は、今回提出された改正案は、かつて2011年12月に国会提出され、ねじれ国会で審議されずに廃案となった改正案と比べると、「受動喫煙防止の義務規定が後退している」というのだ。後退したというのは、どういうことか? 岡本弁 [全文を読む]

アメリカで規制強化へ向かう「電子タバコ」 日本のルールはどうなっている?

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月06日15時35分

日本でも吸っている人を見かけることはあるが、国内でも購入できるのだろうか? もし日本でも販売されているとしたら、何か利用のためのルールはあるのだろうか? 受動喫煙訴訟に取り組む岡本光樹弁護士に聞いた。●ニコチン入り「電子タバコ」は薬事法で規制「日本では、すでにニコチン入り電子タバコの販売は禁止されています。厚生労働省は、平成22年8月18日に『ニコチンを含 [全文を読む]

ディーゼル、新宿伊勢丹に期間限定イベント。岡本光市によるインスタレーション披露

FASHION HEADLINE / 2014年02月12日17時00分

会場では、サウンドプロデューサー・プロダクトデザイナーとしてマルチに活躍する岡本光市によるインスタレーションを実施。海外でも高い評価を得ている彼の代表作「Liquid Tape Cutter Work」や「Liquid Lamp」の展示・販売も行う。 イベント期間中、デニムを購入した先着150名に同店限定カラーのスペシャルラッピングを行う。また、2万1, [全文を読む]

世界の国々で進む「喫煙率」を下げる政策――将来は「タバコのない社会」になる?

弁護士ドットコムニュース / 2013年12月12日16時32分

受動喫煙の訴訟に数多くかかわっている岡本光樹弁護士に聞いた。●1900年に制定された「未成年者喫煙禁止法」「我が国では、未成年者喫煙禁止法により、20歳未満の喫煙が禁止されています。この法律は明治33年(1900年)、帝国議会衆議院議員根本正氏の活動により制定されました。制定前は小学生くらいの子供が喫煙し、社会問題になっていたようです。これは世界的に見ても [全文を読む]

そろそろ歩きタバコを「法律」で規制すべきか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年09月04日15時22分

受動喫煙対策などに取り組む岡本光樹弁護士に聞いた。●ケガを負わせた場合は刑事罰や損害賠償責任を問われる「歩きタバコそのものを規制する法律はありませんが、歩きタバコ被害に関連する法律は、すでに幾つかあります。また、多くの地方公共団体が、路上喫煙、歩きタバコ、ポイ捨て等を禁止する条例を制定しています。この中には、罰則規定のある条例も含まれています」岡本弁護士は [全文を読む]

フォーカス