川島令三のニュース

兵庫・芦屋出身者は特有の苦労あり「芦屋」名乗れぬことも

NEWSポストセブン / 2016年11月05日07時00分

芦屋出身の鉄道アナリスト、川島令三さんが六麓荘町のすごさをこう語る。「東京の田園調布なんて、六麓荘町と比べればチンケなもんです。車がないと門から家まで行けないほど広くて、庭の池に屋形船を浮かべている家まである。芦屋のなかでも別格です。かく言う私は阪神電車沿線の下町育ちで、高級でもなんでもないですが(苦笑)」(川島さん) 芦屋は人口約9万5000人、面積は [全文を読む]

地下鉄 ホームドアが設置されない理由と費用の分担内訳

NEWSポストセブン / 2016年09月12日11時00分

鉄道評論家の川島令三さんは、その理由について、ホームドアの重量に耐えられるよう、まずはホームの補強から始めなければいけないこと、また線路の直近に柱が建っていることから、歩行の邪魔になることなどの問題点を指摘したが、他の駅ではどうか?「例えばJR東日本では、品川駅の山手線ではホームドアが設置されていますが、同じ品川駅でも、東海道線のホームにはホームドアが設 [全文を読む]

「全日本謎愛好会」を立ち上げた有吉弘行が“鉄道の謎”を解明!?

Smartザテレビジョン / 2015年02月13日10時00分

ダーリンハニー、アンガールズ、いとうあさこが調査員を務める他、鉄道好き俳優代表・西村和彦、鉄道アナリスト・川島令三、横山雄二アナが出演。 最初に扱う謎は、新幹線。北海道新幹線や北陸新幹線など、今や全国的に開通している新幹線だが、かつて東京発の“もう一つの新幹線計画”が存在した。その行き先とは、千葉の成田国際空港。運輸省の「運輸白書」昭和47年版にも計画が明 [全文を読む]

マギー、有吉弘行の秘書に 初共演に歓喜

モデルプレス / 2015年02月06日12時37分

また有吉、マギーのほか、ダーリンハニー、アンガールズ、いとうあさこ、鉄道大好き俳優の西村和彦、鉄道アナリストの川島令三氏、RCCの横山雄二アナウンサーが出演する。(modelpress編集部) [全文を読む]

リニア新幹線 上海リニアとは「機械とオモチャの違い」と識者

NEWSポストセブン / 2013年10月07日16時00分

鉄道アナリストで『徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて』(廣済堂出版刊)の著者、川島令三氏によれば、「技術レベルの次元が違う」という。 リニアモーターカーとは、車両側に取り付けた電磁石と地上側の電磁石の、磁界(N極・S極)の反発する力と引っ張る力を利用して進むものをいう。なかでも日本のリニア中央新幹線の特徴は、超電導技術を導入している点だ。 ある種の金属・ [全文を読む]

3.16渋谷駅大混雑を誘発する複数線“乗り入れ”のワナ

週プレNEWS / 2013年02月26日12時00分

その問題点について、鉄道アナリストの川島令三氏は「停車駅が複雑になり、混乱する」と指摘する。 「今回の乗り入れで、特急や急行といった、列車の『種別』というものが複雑になります。これまで東横線の利用者は、特急、通勤特急、急行の停車駅を覚えておけば、目的の駅まで間違えることなく電車に乗れました。ですが、副都心線には急行と通勤急行という電車があり、西武からは快 [全文を読む]

「通勤電車は中央付近の5~6両目が安全」と鉄道評論家助言

NEWSポストセブン / 2012年05月18日16時00分

鉄道評論家・川島令三氏はこう指摘する。 「電車事故の揺れは凄まじく、揺れに対処することが被害を軽減するカギとなる。電車は構造上、連結部のある車両端が“オーバーハング”といい、一番揺れます。長距離電車で車両端をトイレにしているのは、揺れの大きい車両端を座席にしないためです」 では、どのあたりの車両に乗り、どこに座れば、最も揺れに対処できる安全な席といえるの [全文を読む]

フォーカス