平井正のニュース

何を捨て、何を求めるか。「骨太な生き方の軸」が見えてくる50の禅語『男の禅語―――「生き方の軸」はどこにあるのか (知的生きかた文庫)』著者平井正修が、キンドル電子書籍ストアにて5月20日に配信開始

DreamNews / 2016年06月15日18時00分

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp/ )、『男の禅語―――「生き方の軸」はどこにあるのか (知的生きかた文庫)』著者平井正修が、キンドル電子書籍ストアにて5月20日に配信開始致しました。株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasash [全文を読む]

「学び」が、美しい人と社会を作る。シダックスが考える「学びの場」シダックス・アカデミーを創設しアカデミー事業を開始!

@Press / 2015年05月01日11時00分

本「シダックス・アカデミー」の理念に共鳴し、特別理事を片岡鶴太郎氏(俳優・書画家)、平井正修氏(全生庵七世現住職)、片岡孝太郎氏(歌舞伎俳優)が務めます。国内外の一流文化人、および芸術家の方々と共に、ソーシャル・ウェルネスの実現の一翼を担う教育事業として、発展させて参ります。「シダックス・アカデミー」では、人生を輝かせる「学び」を、「健康と美」「日本伝統文 [全文を読む]

大矢氏、逆転負け12度の中日に「本当に苦しい」

ベースボールキング / 2017年05月06日11時00分

セットアッパー・浅尾拓也、守護神・岩瀬仁紀をはじめ、河原純一、平井正史、小林正人、鈴木義広、高橋聡文といったリリーフ陣で、リードを守り抜いていた。 今季はチーム救援防御率リーグ3位の3.09を記録しているが、数字以上に大事な場面で打たれる印象だ。4日の広島戦は1点リードの8回に4番手・三ツ間卓也が西川龍馬に同点ソロ、新井貴浩に勝ち越しタイムリーを浴び逆転負 [全文を読む]

もろみの品温管理を支援する「酒造品温モニタリングシステム」を開発

PR TIMES / 2017年04月06日17時34分

「酒造品温モニタリングシステム」の販売および設置・サポートについては、酒類メーカー向け製造・販売システム最大手の株式会社ハートコンピューター(本社:滋賀県長浜市、代表取締役社長:平井正公、以下ハートコンピューター)がおこないます。酒造業界に多くのシステム納入とサポート実績があり、業界の慣習などにも精通していることから、お客様が安心してシステム導入をご相談い [全文を読む]

安倍首相が座禅組む禅寺 中曽根元首相も在職中に通っていた

NEWSポストセブン / 2016年01月04日07時00分

』(幻冬舎刊)の著者でもある平井正修氏が、首相が来た当時を振り返る。 「安倍首相は短命に終わった第一次政権の後、月に1度いらして座禅を組むことを習慣にされていました。第二次政権発足前には、石破茂さん(現・地方創生担当大臣)と連れ立って座禅を組みにいらしたこともありますよ」 安倍首相は現在も不定期ながら、忙しい合間をぬって座禅を組みに来るという。政策上の重要 [全文を読む]

【プロ野球】オリックス「がんばろうKOBE」20年目の期待

デイリーニュースオンライン / 2015年01月20日06時50分

また、抑えの平井正史が獅子奮迅の大活躍。絶対的抑えとして君臨。平井に繋ぐ中継ぎ陣も鈴木平、小林宏等、若い力が躍進し勝利の方程式を築いていた。 イチロー、ニール以外湿りがちだった打線も、仰木マジックと呼ばれる意表をつく采配、日替わり打線、四番にも容赦なく代打を送る勝負に徹底した姿勢から、数字以上に機能しだした。次第に噛み合っていく投打の流れが、チームを上昇気 [全文を読む]

2カ月先まで予約満杯人気禅寺の住職が語る座禅人気の理由

WEB女性自身 / 2014年09月26日10時00分

この寺の第7世住職で、著書『座禅のすすめ』もベストセラーになっている平井正修さん(46)に、いま座禅が人気なのはなぜか、聞いてみた。 「座禅をしようとする人に共通しているのが、漠然とした不安を抱えていることのように思います。使う道具が便利になりスピードアップした分、のべつ幕なしに 用 が押し寄せてくる。『何もしない時間』が失われ、自分で自分の首をしめている [全文を読む]

26名の一流料理人による、調理動画つきレシピサイト 「料理サプリ」がいよいよ本日スタート 400種類のレシピ動画を無料配信

PR TIMES / 2014年05月15日15時37分

3)クリップ機能 複数レシピをスムーズに閲覧でき、その日の献立をお手伝い 4)買い物リスト機能 複数レシピの材料を1つにまとめて、買い物をサポート 5)ごちそうフォト機能 おいしくできたら写真を投稿してユーザー間でコミュニケーション ※クリップ機能、ごちそうフォト機能の利用は無料の会員登録が必要 ■料理人(26名順不同・敬称略) 吉岡英尋(なすび亭)、笠 [全文を読む]

まずは根気よく坐ること! 心の不安を捨てられる「坐禅」のススメ

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月05日09時20分

坐禅をすれば、すぐに心が晴れ、すべてが整理され、確実に強くなる、というものではありません」 『心がみるみる晴れる 坐禅のすすめ』(平井正修/ダイヤモンド社)の冒頭に、こんな言葉がある。著者の平井氏は、東京・谷中にある臨済宗国泰寺派全生庵の住職。毎週日曜日に坐禅会を開いており、毎回大盛況だという。 では、坐禅とは一体何なのか。何のためにするものなのだろうか。 [全文を読む]

安倍晋三首相 復活劇のウラに“月1”で行ってきた修行あり

NEWSポストセブン / 2013年06月16日16時00分

当時の様子を全生庵の住職・平井正修さん(45才)が次のように振り返る。 「首相を辞任してから半年ほど経ってからでしょうか。以前からこちらに来ていた山本さんや経済産業省のOBのかたと一緒に来られました。その時、“心を落ち着かせたい”と座禅を組まれて、私のほうからもいくつか禅にまつわるお話をしました。それ以来、月に1回来られるようになりましたね」(平井さん・以 [全文を読む]

中日・平井 オリックス移籍の道あったも監督人事原因で白紙

NEWSポストセブン / 2012年10月16日07時00分

プロ入り19年目でオリックス時代と併せて優勝5度の経験を持つ中日・平井正史(37)も今年、球団から肩を叩かれた。 中継ぎのスペシャリストも若手の台頭にはなすすべがなかった。平井が明かす。 「この2~3年、この時期になると『今年は大丈夫かな』と考えていました。ついに来たか、と思いました」 平井は「まだまだ1イニングならば抑えることができる」との自負を持つが [全文を読む]

フォーカス