平岡正明のニュース

“書く人”水道橋博士の書棚に見える、手塚治虫とみうらじゅんの「点と線」

文春オンライン / 2017年04月22日17時00分

「本やCD、DVDがずらり棚に並ぶ博士の自室」とキャプションがつく写真には、平岡正明の著書群や筒井康隆全集、映画秘宝のバックナンバーなどが並ぶ書棚を前にして、ふたりの子供と戯れる水道橋博士の姿がある。 手塚治虫『アドルフに告ぐ』のピンチヒッター 『アドルフに告ぐ』、その書影が水道橋博士の真後ろに見える。この手塚治虫の晩年の傑作マンガは、週刊文春が初出であっ [全文を読む]

みなもと太郎「風雲児たち〜幕末編〜」最新単行本第27巻発刊のお知らせ

@Press / 2016年04月28日19時00分

ワイド版 1巻 推薦文なしワイド版 2巻 推薦文なしワイド版 3巻 タレント ラ・サール石井ワイド版 4巻 漫画家 平田弘史ワイド版 5巻 作家 夢枕貘ワイド版 6巻 マンガ・コラムニスト 夏目房之介ワイド版 7巻 作家 小松左京ワイド版 8巻 東京大学大学院教授(日本史専攻) 三谷博ワイド版 9巻 マンガ評論家 米澤嘉博ワイド版 10巻 作家 藤本由香里 [全文を読む]

三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。

メディアゴン / 2015年07月09日01時30分

評論家の平岡正明氏が「昭和マンガ家伝説」(平凡社新書)の中で次のように書いている。 「三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。」そして、三島の言葉を引用している。 「いつのころからか、私(三島)は自分の小学生の娘や息子と少年週刊誌をうばいあって読むやうになった。「モーレツ・ア・太郎」は毎号欠かしたことなく、わたしは猫のニャロメと [全文を読む]

タモリや赤塚不二夫ら熱狂の「全日本冷し中華愛好会」が存在

NEWSポストセブン / 2013年08月28日07時00分

以下「」内同) 会員は前述のメンバーのほか、筒井康隆、平岡正明、坂田明、上杉清文、黒鉄ヒロシ、長谷邦夫、まだ世に出ていないタモリら若者のカリスマが名を連ね、一般人を含め約1000人に及んだ。 面白いのは、冷やし中華の起源はバビロニアにあるというバビロニア派、食べ方を説く教条派、冷やし中華で幽体離脱をはかる神秘派など、奇妙な派閥が続々誕生したこと。各自の持論 [全文を読む]

中森明菜『ソリチュード』を歌った歌手の孤独についての物語

NEWSポストセブン / 2013年07月08日07時00分

「孤独」という名の曲には絶品が多い、と書いたのは評論家・平岡正明だった。 1964年生まれのノンフィクション作家・安田浩一氏が、週刊ポスト7月19・26日号で「孤独の研究 中森明菜とその時代」と題する新連載をスタートさせた。安田氏は同連載で以下のように綴る。 <私は明菜が好きだった。いや、いまでも好きだ。顔が好きで、声が好きで、不器用そうな笑顔が好きだ。両 [全文を読む]

「前田敦子はキリストを超えた」秋元康も感心

モデルプレス / 2012年12月06日12時56分

平岡正明の『山口百恵は菩薩である』以来だ」と関心した様子の秋元氏は「前田に本をあげよう」と締め括っている。(モデルプレス) 【関連記事】 他の写真・記事詳細をもっと見る 前田敦子、背中ざっくりドレス姿披露「だいぶセクシーな感じです」 <速報>前田敦子、剛力彩芽、きゃりーらが受賞「VOGUE JAPAN Women of the Year 2012」 前田敦 [全文を読む]

フォーカス