後藤三知のニュース

[なでしこ]MVPは浦和FW後藤が受賞、新人王は浦和DF乗松

ゲキサカ / 2014年11月26日14時16分

最優秀選手には5年ぶりの優勝を決めた浦和レッズレディースのFW後藤三知が獲得。新人王は同じく浦和の18歳DF乗松瑠華が受賞した。 以下、表彰選手 【なでしこリーグ】 ■最優秀選手賞 後藤三知(浦和) ■ベストイレブン GK:福元美穂(湯郷ベル) DF:岩清水梓(日テレ) DF:高畑志帆(浦和) DF:乗松瑠華(浦和) MF:有吉佐織(日テレ) MF:阪口夢 [全文を読む]

[なでしこ]16年なでしこリーグが開幕、INACと仙台が白星発進:第1節

ゲキサカ / 2016年03月28日17時00分

前半7分に浦和のキャプテンFW後藤三知にゴールを許し追う展開となるが、後半29分にゴール前のこぼれ球を途中出場のMF隅田凜が押し込み、ドローに持ち込んだ。 日本女子代表(なでしこジャパン)のMF宮間あや主将を擁する岡山湯郷bellは敵地でアルビレックス新潟レディースと対戦。前半終了間際の45分に先制点を許したが、後半5分、宮間のクロスを頭で合わせたFW松岡 [全文を読む]

[なでしこ]リーグ戦再開、INACと日テレは勝ち点4差で次節天王山へ:第14節

ゲキサカ / 2015年09月13日21時30分

主将FW後藤三知とFW清家貴子が得点を奪った。浦和は3試合ぶりの勝利で順位を5位に上げた。 ジェフユナイテッド千葉は敵地で岡山湯郷bellに1-0で勝利。後半37分にMF川村真理が決勝点を奪った。大阪高槻対AS埼玉による“裏天王山”は3-1で大阪高槻が制して、今季2勝目を挙げている。 第15節は12日と13日に開催。INAC対日テレによる天王山が13日に徳 [全文を読む]

“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』累計登録者数 15 万人突破記念として全員に金のメダルをプレゼント!

PR TIMES / 2015年08月11日15時09分

<登場する“なでしこジャパン”選手たち>【GK】山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂【DF】有吉佐織、岩清水梓、長船加奈、臼井理恵、北原佳奈、川村優理、熊谷紗希、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、近賀ゆかり、羽座妃粋、高畑志帆、小原由梨愛、乗松瑠華【MF】阪口夢穂、川澄奈穂美、宮間あや、中島依美、宇津木瑠美、田中明日菜、安藤梢、永里亜紗乃、木龍七瀬、猶本光、上辻佑実、横 [全文を読む]

なでしこ、東アジア杯予備登録メンバー発表…京川、猶本ら若手から丸山らベテランも

ゲキサカ / 2015年07月13日22時04分

▽GK 福元美穂(岡山湯郷) 海堀あゆみ(I神戸) 山根恵里奈(千葉) 武仲麗依(仙台L) 山下杏也加(日テレ) ▽DF 近賀ゆかり(I神戸) 岩清水梓(日テレ) 鮫島彩(I神戸) 有吉佐織(日テレ) 田中明日菜(I神戸) 北原佳奈(新潟) 長船加奈(浦和) 高畑志帆(浦和) 千野晶子(千葉) 高良亮子(仙台L) 小原由梨愛(新潟) 熊谷紗希(リヨン) [全文を読む]

アクロディア配信の“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』累計登録者数が 10 万人を突破!

PR TIMES / 2015年07月06日12時33分

<登場する“なでしこジャパン”選手たち>【GK】山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂【DF】有吉佐織、岩清水梓、長船加奈、臼井理恵、北原佳奈、川村優理、熊谷紗希、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、近賀ゆかり、羽座妃粋、高畑志帆、小原由梨愛、乗松瑠華【MF】阪口夢穂、川澄奈穂美、宮間あや、中島依美、宇津木瑠美、田中明日菜、安藤梢、永里亜紗乃、木龍七瀬、猶本光、上辻佑実、横 [全文を読む]

アクロディア、“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』iOS版をApp Storeで配信開始

PR TIMES / 2015年06月01日15時51分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1924/174/resize/d1924-174-950500-1.jpg ]<登場する“なでしこジャパン”選手たち>【GK】山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂【DF】有吉佐織、岩清水梓、長船加奈、臼井理恵、北原佳奈、川村優理、熊谷紗希、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、近賀ゆかり、羽座妃粋、高畑志帆、小原由梨愛、 [全文を読む]

アクロディア、“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』Android版をGoogle Playで配信開始

PR TIMES / 2015年05月26日11時41分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1924/172/resize/d1924-172-211584-1.jpg ]<登場する“なでしこジャパン”選手たち>【GK】山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂【DF】有吉佐織、岩清水梓、長船加奈、臼井理恵、北原佳奈、川村優理、熊谷紗希、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、近賀ゆかり、羽座妃粋、高畑志帆、小原由梨愛、 [全文を読む]

[なでしこ]日テレ快勝発進、INACは浦和を逆転で下す:第1節

ゲキサカ / 2015年04月06日15時24分

前半34分にFW後藤三知のゴールで浦和が先制したが、同44分にFW高瀬愛実のゴールでINACが同点に追いつく。INACは後半にもMF京川舞とMF澤穂希が逆転、ダメ押し弾を奪った。浦和は後半アディショナルタイムにセットプレーからDF長船加奈が得点を奪ったが、反撃もここまでだった。 元日の皇后杯決勝を制した日テレ・ベレーザはホームで今季よりトップリーグ復帰を果 [全文を読む]

[なでしこ]帰ってきたタレント軍団…INAC、澤弾などで王者浦和に逆転白星発進

ゲキサカ / 2015年03月30日15時19分

これに昨季なでしこリーグMVPの主将FW後藤三知がヘディングで飛び込み、15年ファーストゴールを奪った。 ただINACは前半のうちに試合を振り出しに戻す。44分、DF近賀ゆかりがタメを作ると、MF京川舞が追い越してクロス。最後はFW高瀬愛実が右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。 そしてINACは後半25分、MF伊藤香菜子の浮き球パスを胸トラップで受けた [全文を読む]

なでしこジャパン、アルガルベ杯メンバー発表…澤、岩渕が外れる

ゲキサカ / 2015年03月03日17時40分

■スタッフ ▽団長 上田 栄治 ▽監督 佐々木則夫 ▽コーチ 中村順 ▽GKコーチ 前田信弘 ▽フィジカルコーチ 広瀬 統一 ■選手 ▽GK 1 福元美穂 1983.10.02 165cm 64kg(岡山湯郷)75 -74 18 海堀あゆみ 1986.09.04 170cm 64kg(INAC)46 -38 21 山根恵里奈 1990.12.20 187 [全文を読む]

[皇后杯]鉄壁守備陣が浦和抑える…日テレが大会無失点優勝

ゲキサカ / 2015年01月01日16時24分

その後も清家やFW後藤三知がサイドから崩そうと試みるが、チャンスが作れない。時間だけが刻々と過ぎていった。 リードこそ奪っているが、日テレも突き放すことができない。後半27分のMF阪口夢穂の左足ミドルは枠を捕えたが、GK池田に弾き出される。同29分にはMF長谷川唯がドリブル突破を図り、シュートまで持ち込むが、ボールは力なくGKの手の中に収まった。 ただ守備 [全文を読む]

国際女子サッカークラブ選手権、浦和が湯郷との3位決定戦制す

ゲキサカ / 2014年12月06日18時35分

前半13分にFW後藤三知の得点で先制した浦和は、後半にMF柴田華絵、FW大滝麻未、DF臼井理恵が得点し、突き離した。 決勝戦は同日行われ、サンジョゼEC(ブラジル)がFW大野忍とDF近賀ゆかりの所属するアーセナルレディースに2-0で勝利した。 [全文を読む]

[なでしこ]浦和が5年ぶり3度目V…“アベックV”へまずは女子が栄冠

ゲキサカ / 2014年11月24日15時52分

試合後、キャプテンのMF後藤三知は「今は今日の試合に勝てなかったでの悔しい気持ちはありますけど、優勝は積み重ねの結果で勝ち取ることができるもの。そこはうれしく思います」と声を振り絞るように話す。ただ最後は「今季ずっと一緒に戦ってくれたサポーターや応援して下さった方々に感謝の気持ちを伝えたいです」と表情を緩ませた。 他会場は日テレが敵地で岡山湯郷に1-0で [全文を読む]

[なでしこ]“アベックV”注目の浦和がライバル下して優勝に王手

ゲキサカ / 2014年11月10日12時45分

前半33分にFW後藤三知のヘディング弾で先制した浦和は、後半31分にもMF岸川奈津希のヘディングシュートで加点。2-0で快勝し、優勝争いのライバルを直接蹴落とした。 日テレ・ベレーザはホームでINAC神戸と対戦。後半19分にMF京川舞にゴールを許したが、同22分にFW嶋田千秋が左足で蹴り込み同点。同26分には嶋田のパスを受けたMF籾木結花が逆転弾を蹴り込み [全文を読む]

なでしこAS出場選手が確定…8.23西が丘で開催

ゲキサカ / 2014年08月04日17時30分

■SELVA(奇数位チーム、INAC、湯郷ベル、仙台、千葉、吉備国大) ▽GK 18 ★海堀あゆみ(INAC) 4回目 1 福元美穂(湯郷ベル) 7回目 ▽DF 5 ★甲斐潤子(INAC) 4回目 12 ★三宅史織(INAC) 初出場 2 長船加奈(仙台) 4回目 4 浜田遥(仙台) 初出場 3 櫻本尚子(千葉) 初出場 13 吉武愛美(吉備国大) 初出 [全文を読む]

前田の“デスゴール”で、なんと浦和レッズの女子チームが降格危機?

週プレNEWS / 2013年05月15日15時00分

後藤三知(みち)、吉良知夏(きら・ちなつ)といった実力派の若手をはじめ、猶本光(なおもと・ひかる)、池田咲紀子(さきこ)ら昨年話題となったヤングなでしこ組もひしめくホープ軍団。そんな浦和Lが、戦力的に劣る伊賀FCくノ一、ジェフ市原・千葉L、アルビレックス新潟Lの後塵を拝しているだけでなく、学生選手ばかりの昇格組、吉備国際大よりも下位にいるのだから、これは [全文を読む]

フォーカス