成田亨のニュース

ウルトラマンファン垂涎! “芸術家“成田亨、最大級の回顧展「成田亨 美術 / 特撮 / 怪獣」に怪獣の原点を見る

おたぽる / 2015年03月25日23時00分

成田亨」という芸術家の名前を知っている人はいるだろうか。すぐにピンときた人は、恐らく「え、芸術家?」と疑問に思うかもしれない。成田亨は、ウルトラマンやその怪獣のデザインを手がけたことで知られているからだ。故に、「成田亨 美術 / 特撮 / 怪獣」は、ウルトラマンファンにはたまらない展覧会のはずだ。 成田亨は1929年生まれの青森県出身の芸術家。現武蔵野美 [全文を読む]

ファンタジー好きな女性も満足! 特撮・怪獣ファンじゃないけど、展覧会「成田亨 美術 / 特撮 / 怪獣」に行ってみる

おたぽる / 2015年05月05日20時00分

成田亨 美術 / 特撮 / 怪獣」が青森県立美術館で開催中だ。ウルトラマンや怪獣のデザインを手がけたことで知られる成田亨、特撮ファンにはたまらないこの展覧会に、特撮や怪獣に詳しくない筆者が実際に行ってみた。「美術 / 特撮 / 怪獣」と聞いて、ヲタなお父さんが少年のような目を取り戻して怪獣画を眺める展覧会なのだろうな......と思っていたのだが、意外に [全文を読む]

2015年も「シャレトンシュワッ!」 ウルトラの母とM1号が博多駅で新年を祝う

おたぽる / 2015年01月06日17時00分

さらに今月6日より、福岡市美術館では「成田亨 美術/特撮/怪獣」が開催される。こちらはウルトラ怪獣の生みの親であるデザイナー・成田亨さんの回顧展。あわせて楽しんでみたい。 また、アミュプラザ博多には、今月10日にゆるキャラ・ふなっしーがやってくる。ふなっしーが訪れるのは、期間限定で専門ショップ「ふなっしーランド0号店 in 博多」がオープンしているためで [全文を読む]

ウルトラ怪獣の生みの親である成田亨や、若い世代の圧倒的支持を集める奈良美智などの作品を展示『青森県立美術館コレクション展 北の異才たち』開催中

PR TIMES / 2012年01月06日10時46分

神仏像や美人画に独特の様式を打ち立てた棟方志功、写真界のミレーと称される小島一郎、ウルトラ怪獣の産みの親である成田亨、過激なオブジェ作品で世界を挑発し続けた工藤哲巳、1960 年代のアングラ文化を牽引した詩人で劇作家の寺山修司、そして若い世代の圧倒的支持を集める奈良美智など。本展はそうした東北、青森の風土が育んだ芸術的特質を、青森県立美術館のコレクション [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(8)「<1967年4月9日・ウルトラマン>黒部進」

アサ芸プラス / 2016年03月11日17時57分

さて、ウルトラマンの魅力は何かと聞かれたら、テーマ性を持った脚本も特撮もすばらしいが、1番は成田亨さんがデザインしたウルトラマンのフォルムでしょう。あのクールな表情に、男が持つべき慈悲の精神や男らしさが全て組み込まれていると思います。 さらに「科学特捜隊」というチーム編成も秀逸でした。冷静なムラマツキャップ、頭脳的なイデ、腕力と武器の操縦にたけたアラシ、 [全文を読む]

あす4日から特別企画 「懐かしの人気キャラクターSP」2週連続で放送!テレビ東京「美の巨人たち」

PR TIMES / 2015年07月03日15時04分

番組では今まで取り上げなかった、新たなジャンルの“美の物語”にどうぞご期待ください!【放送ラインナップ】第1弾/7月4日放送 成田亨『MANの立像』[画像1: http://prtimes.jp/i/2734/397/resize/d2734-397-374233-0.jpg ]『MANの立像』は樹脂で作られた高さ約40cmの彫刻作品。「ウルトラマン」放送 [全文を読む]

「ウルトラマン」「ムーミン」に隠された物語とは?

Smartザテレビジョン / 2015年07月03日15時00分

7月4日(土)放送の第1週では、成田亨「MANの立像」を紹介。初代「ウルトラマン」('66~'67年、TBS系)放送終了後20年を経て、番組の美術スタッフだった彫刻家の成田が生み出した作品。 均整の取れた肉体の美しさ、何かをつかむかのように突出された右腕、見る者の心を映すかのような深い表情など、シンプルで美しい造形の秘密と、作者自身が込めた思いを解き明か [全文を読む]

「ウルトラマンがやられていると興奮する」 庵野秀明と樋口真嗣が語る特撮とは?

おたぽる / 2015年01月20日00時00分

そして、美術デザインを担当した円谷プロの成田亨が体にフィットした宇宙服とヘルメットをベースとしたマスクデザインを考案。そのデザインのポイントは、広隆寺・弥勒菩薩像のアルカイックスマイルをモチーフにした口元、ロケットから想起される銀色のボディカラー、火星の表面をイメージした赤いラインの3つだそう。そんなウルトラマンのデザインについて、庵野監督と樋口監督の二人 [全文を読む]

なぜ“ウルトラマン”は愛され続けているのか? 「初代マンの中の人」古谷敏に直撃!

週プレNEWS / 2014年10月14日06時00分

「当時、円谷プロの美術デザイナーだった成田亨(とおる)さんから、おまえが中に入ってくれなきゃ困ると口説かれて。だけど私はいやで、何度もお断りしたんですよ。これでもメロドラマの主役を演じたくて東宝に入社して、役者たるもの顔を見せて演じてナンボだと思っていましたから。それに、特撮番組も黎明(れいめい)期だったので、着ぐるみに入る役者さんたちの待遇もよくなかっ [全文を読む]

今、地方美術館が熱い 青森県立美術館や金沢21世紀美術館等

NEWSポストセブン / 2014年03月30日07時00分

棟方志功や成田亨、奈良美智など青森県出身の芸術家の作品のほか、シャガールなど海外作家の作品も鑑賞できる。 また、三内丸山の縄文遺跡に隣接して建てられている美術館の、遺跡から着想を得て設計されている建物を目当てに訪れる人も多い。「建物自体が大きな見所のひとつ。隣の縄文遺跡とともに楽しめます」(山下さん) 4月12日から6月8日までは、企画展『あなたの肖像―― [全文を読む]

【ビデオ】情熱と友情で『ウルトラセブン』に登場する「ポインター」を再現!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年03月08日19時20分

クロームメッキのモールと後方に長く伸びたテールフィンを持つ、典型的な50年代のアメリカ車であるこのクルマを、当時の撮影スタッフは『ウルトラQ』『ウルトラマン』等の円谷作品で数々の怪獣たちのデザインを手掛けた天才造形アーティスト、成田亨氏が描く近未来的なスタイルへと見事に改造。ようやくモータリゼーションが到来した頃の日本で、さらにその先を行くポインターは子供 [全文を読む]

フォーカス