木川眞のニュース

小池都知事の座右の書!「空気」による支配が日本企業をダメにする!「過去の失敗」に学ぶ組織を“敗戦”させない方法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月06日06時30分

初版が発行されたのは30年以上前だが、小池都知事をはじめ、サントリーホールディングスの新浪剛史社長、三菱地所の杉山博孝社長、ヤマトホールディングスの木川眞会長ら、多くの経営者が愛読書として紹介する根強い人気を持つ書籍だ。軍隊は、官僚制組織の究極の姿。その失敗の原因には、現在の日本が抱えている問題に通じるものがある。 明確な意識の共有がされず、目的がはっきり [全文を読む]

「燕三条ものづくりメッセ2015」が10月29・30日に開催、221社が出展

HANJO HANJO / 2015年10月20日16時15分

併催事業として、ヤマトホールディングス代表取締役会長の木川眞氏による特別講演会「クロネコヤマトの満足創造経営~ヤマトが取り組む第3のイノベーション~」や、バリ取り加工技術専門セミナー、第2回サーボプレス技術フォーラムなども予定している。 [全文を読む]

一強・ヤマトの憂鬱 ネット通販拡大に乗り、第3の改革で物流網再構築 足元に懸念も

Business Journal / 2014年10月24日01時00分

同社の木川眞社長は「1929年の路線便事業、1976年の宅急便に続く、ヤマト3度目のイノベーション」と位置付けた。 同構想の柱になるのは昨年9月、羽田空港の隣に1400億円かけて建設した国内最大の物流拠点、羽田クロノゲートだ。ギリシャ神話の時間の神、クロノスとゲートウェイにちなんで名づけられたそのネーミングには、物流の玄関口であるとともに、物流新時代の幕明 [全文を読む]

被災地に142億円寄付のヤマト社長「米株主は好意的だった」

NEWSポストセブン / 2012年11月03日16時00分

日本中を驚かせたヤマトホールディングス・木川眞社長の決断には「震災復興を契機に新しい日本を作ろう」という強いメッセージが込められていた。 * * * 阪神・淡路大震災などこれまでの災害復興では国が中心になり、民間はそれぞれが自分のために努力して乗り越えてきた。 しかし、東日本大震災は違う。被災地に何度も足を運んだが、その惨状を見たら、「これまでのやり方は通 [全文を読む]

香港特別行政区政府行政長官 曾蔭権(ドナルド・ツァン)来日特別シンポジウム 『“think GLOBAL, think HONG KONG”国際化へのパートナー:香港』 開催概要・登壇者のご紹介

PR TIMES / 2012年04月12日16時52分

主な登壇者としましてはJPモルガン・チェース銀行(中国) 方方(ファン・ファン)CEO、ヤマトホールディングス株式会社 木川眞 代表取締役社長、NTTコミュニケーションズ株式会社 牧貞夫 代表取締役副社長、日産自動車株式会社 サイモン・スプロール コーポレートバイスプレジデント(東京会場)、伊藤忠商事株式会社 桑山信雄理事、大幸薬品株式会社 柴田仁代表取締 [全文を読む]

フォーカス