本田毅のニュース

PERSONZ、“RELOAD"企画第二弾は『The Show Must Go On』

okmusic UP's / 2017年05月16日00時00分

【その他の画像】PERSONZ1993年にリリースされた同アルバムは、ギタリスト本田毅脱退後にJILL、渡邉貢、藤田勉の3人で制作された。打ち込みやシンセを多用したオリジナル作品に対し、本田のギターが入ることで本来のPERSONZサウンドが蘇る仕上がりになっている。■【コメント】「1993年、本田毅不在の中、その大きすぎる穴を埋め、更には新しく目指すべき [全文を読む]

GLAYのサポートドラマー・TOSHIの音楽生活30周年イベントで豪華アーティストが共演!

okmusic UP's / 2014年06月09日12時30分

ギターにパーソンズの本田毅を迎え「今すぐKiss Me」「BELIEVE IN LOVE」の2曲を披露した。続くステージはTOSHIのドラムに響座、ギターに本田毅、ベースに西山史晃を迎えたインストゥルメンタルバンド BUZZ☆DRUM。ドラムと和太鼓のバトル、TOSHIのドラムソロをフィーチャーした演奏を聴かせた。 そして、このイベントの最後を飾るのは、今 [全文を読む]

GLAYサポートドラマーTOSHI記念イベントで「GLAY」「清木場俊介」など豪華SPセッション

dwango.jp news / 2014年06月09日11時35分

ギターにパーソンズの本田毅を迎え『今すぐKiss Me』『BELIEVE IN LOVE』の2曲を披露。続くステージはTOSHIのドラムに響座、ギターに本田毅、ベースに西山史晃を迎えたインストルメンタルバンドBUZZ☆DRUM。ドラムと和太鼓のバトル、TOSHIのドラムソロをフィーチャーした演奏を聞かせた。このイベントの最後を飾るのは、今回のイベントのプロ [全文を読む]

【24年ぶり武道館公演】アラフォーの青春バンド「PERSONZ」に直撃インタビュー!

しらべぇ / 2015年06月11日17時00分

PERSONZはJILLさんの、あたたかくて、でもパンチのある声、七色のギタリスト本田毅さんのギター、貢さんと藤田さんの気持ちいいリズムセクション、疾走感が好きでした。 JILL:ありがとうございます。 常見:作詞はJILLさん、作曲をしたのは貢さんですが、この名曲はどうやって生まれたんでしょう? JILL:実はいろいろあったんですね。84年にPERSON [全文を読む]

PERSONZ、ツアー最終日に24年ぶり武道館ライブの開催を発表!

okmusic UP's / 2014年12月01日11時30分

この日ライブは17時開演、オープニングアクト2組に続き、17:40頃登場テーマに合わせてドラムの藤田勉、ギターの本田毅、ベースの渡邊貢、そしてボーカルのJILLが登場。1曲目は記念すべき1stアルバム『PERSONZ』から「Midnight Teenage Shuffle」。会場は一気にヒートアップする。その後も「Lucky Star」、「月の輝く夜に」、 [全文を読む]

PERSONZが24年ぶりに渋谷公会堂ライブ!

PR TIMES / 2013年05月28日09時43分

(ギター:本田毅がいないPERSONZとしては1993年8月13日以来20年ぶり) 1991年に武道館2DAYSを熱狂で終わらせたPERSONZ。しかしその後、メンバー変更、事務所からの独立などもあり、ツアーさえも行わなかった年さえありました。しかし近年、メンバーもオリジナルメンバーに戻り、精力的にライブ活動を展開。そして2014年に結成30年を迎えるP [全文を読む]

フォーカス