杉本崇のニュース

[プレミアリーグWEST]U-16日本代表FW桂が決勝点!広島ユースが首位守る!:第11節

ゲキサカ / 2016年09月04日21時50分

前半20分に名古屋MF杉本崇太朗に先制点を許したC大阪だったが、後半14分にMF有水亮が同点ゴール。36分にはU-17日本代表MF中島元彦が決勝点を決めた。 東福岡高(福岡)はFW藤井一輝とFW佐藤凌我のゴールによってアウェーでガンバ大阪ユース(大阪)を2-0撃破。京都サンガF.C.U-18(京都)はFW三田尻和哉とDF麻田将吾のゴールによって大分トリニー [全文を読む]

異色のルーキー慶大MF杉本崇太朗、名古屋U18“控え”からのステップアップ

ゲキサカ / 2017年05月18日22時24分

慶應義塾大のMF杉本崇太朗(1年=名古屋U18)。14日に行われた筑波大戦では3戦連続の先発出場。クロスバー直撃の強烈なシュートを放つなど輝きを放った。 小学校から高校まで名古屋グランパスの下部組織で育ってきた。しかし名古屋グランパスU18所属の昨季を振り返っては「いい思い出はあまりなくて、悔しい思い出しかなくて……」と語る。実際に昨季のプレミアリーグEA [全文を読む]

[関東]筑波大vs慶大はスコアレスドローも、互いに引かぬ好ゲーム

ゲキサカ / 2017年05月16日10時06分

対する慶大では2戦連続ゴールのFW渡辺夏彦(4年=國學院久我山高)がFW近藤貫太(4年=愛媛)と2トップを組み、2列目右ではルーキーMF杉本崇太朗(1年=名古屋U18)が3戦連続の先発出場を果たした。 試合が終わってみれば筑波大のシュート数は19本と慶大の4本を大きく上回ったものの、内容的にはほぼ互角といえるもの。立ち上がりから果敢にプレスをかける慶大と、 [全文を読む]

鴻巣良真が決勝弾の慶應義塾大、連敗ストップで今季2勝目…専修大を撃破

サッカーキング / 2017年05月07日19時36分

均衡が破られたのは33分、MF杉本崇太朗のミドルシュートを相手GKが弾いたところにMF片岡立綺が反応。ラストパスから最後はFW渡辺夏彦が右足で決めた。慶應義塾大が1点リードでハーフタイムを迎えた。ビハインドを負った専修大はシュートわずか1本で前半を終えることとなった。 0-1で迎えた後半は、専修大が反撃に出る。立ち上がりから出足の速い守備とセカンドボール [全文を読む]

DF星キョーワァン先制点!途中出場MF坂本が決勝点!駒大が慶大に競り勝つ

ゲキサカ / 2017年05月03日17時39分

対する慶大では前節・東京国際大戦(0-3)で途中出場ながら存在感をみせていたMF杉本崇太朗(1年=名古屋U18)が4-4-2の2列目右で先発起用。また昨季はFC東京U-23の一員として既にJ3で10戦1得点を挙げたルーキーFW松岡瑠夢(1年=FC東京U-18)がベンチ入りした。 立ち上がり、連続でチャンスを得たのは駒澤大。前半7分、FW高橋潤哉(2年=山形 [全文を読む]

[関東]慶應義塾大登録メンバー:前期

ゲキサカ / 2017年04月20日15時30分

第91回関東大学サッカーリーグ戦1部 慶應義塾大登録メンバー ■監督 須田芳正 ■主将 手塚朋克(4年=静岡学園高) ▼GK 1 田野稔明(4年=慶應義塾高) 12 吉江竜太朗(3年=横河武蔵野FCユース) 21 上田朝都(2年=横浜FMユース) 31 藤川誠人(3年=桐蔭学園高)※ ▼DF 2 手塚朋克(4年=静岡学園高) 3 野村京平(2年=國學院久我 [全文を読む]

[関東]開幕登録メンバー入りのルーキーは?順大DF三国や明大DF佐藤瑶大ら22名

ゲキサカ / 2017年04月10日23時53分

登録メンバー入りしたルーキーは以下のとおり (※欧州遠征を行う高校選抜) ■明治大 DF佐藤瑶大(駒澤大高)※ FW小柏剛(大宮ユース) ■筑波大 DF岩田佑成(札幌U-18) MF生地慶充(FC東京U-18) MF渡辺陽(浦和ユース) MF手塚貴大(栃木ユース) FW窪田翔(星稜高) ■日本体育大 MF伊藤純也(FC東京U-18) ■順天堂大 DF三国 [全文を読む]

初長編で大阪アジアン映画祭満員!夢を捨てられない人を導く『見栄を張る』

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月20日07時34分

(文:小峰克彦)■作品情報『見栄を張る』キャスト 久保陽香 岡田篤哉 似鳥美貴 辰寿広美 真弓齋藤雅弘 時光陸 小栁圭子(特別出演)監督・脚本 藤村明世プロデューサー 今井太郎エグゼクティブプロデューサー Aldo Andriani撮影監督 長田勇市録音・整音 杉本崇志助監督 永井和男・磯部鉄平美術 塩川節子衣装・ヘアメイク 霜野由佳小道具 加賀谷静制作 [全文を読む]

[プレミアリーグWEST]名古屋U18は黒星発進も注目FW森が存在感

ゲキサカ / 2015年04月13日13時07分

終盤にはともに交代出場のFW杉本崇太朗(2年)のアシストからFW深堀隼平(2年)が決めるなど意地も見せたが、悔しい開幕戦となった。 昨年は守備面の良さが光った前期を首位ターン。それだけに高田哲也監督は「キチッと守備しないと。目標は優勝だと思うんですけど、そこに行けないと思う。攻守でバランスのいいチームを目指しているので、次からしっかりとやっていきたい」と語 [全文を読む]

フォーカス