松井寛のニュース

AKB48、モー娘。'15も新曲で披露!アイドルとディスコ最高の関係

dwango.jp news / 2015年08月26日21時52分

2010年の結成以来、R&B/ファンクを大胆に取り入れて来た東京女子流は松井寛という名匠の元、数々の名ディスコナンバーをドロップ。中でも松井寛氏自らリミックスを施す「Royal Mirrorball Mix」はドス黒いファンク濃度100%な完全にフロア仕様。松井氏はそれこそモーニング娘。『笑顔YESヌード』、音楽ガッタス『愛されたい 愛されたい』、直近では [全文を読む]

東京女子流新ビジュアル解禁「決意の赤」でネクストステージへ

dwango.jp news / 2015年06月01日19時29分

前日12日には、このリミックスに加え、東京女子流のサウンド・プロデューサー松井寛とDJ KO KIMURA, KAZUAKI NOGUCHIによる『Never ever (Royal Mirrorball vs MODEWARP Dub mix)』も収録された、アナログが先行リリース、現在予約受け付け中(LIVE会場でも販売予定)なので、早めに押さえておき [全文を読む]

東京女子流が世界へ手応え!LIVE初披露衣装、楽曲も

dwango.jp news / 2014年10月13日20時19分

サウンドの根幹を編曲で支えるのは松井寛。デビューから共に歩んできた松井寛だからこそ描き出せた、進化する東京女子流が感じられるアルバムだ。ここまでの「TGS Discography」は回を重ねるごとに女子流の歴史を追いかけられる構成となり、この日、最新アルバムへと辿り着き「いまの東京女子流」を感じられるLIVEとなった。『Intro』から始まったLIVEは、 [全文を読む]

東京女子流、日本武道館公演は生バンドで新曲複数披露、ニューアルバムの発売も決定

リッスンジャパン / 2012年11月11日02時00分

今回もキーボードには東京女子流のアレンジを一手に引き受ける松井寛が参加。錚々たるメンバーで東京女子流の武道館を守り立てる。【土方隆行バンド】Guitar:土方隆行(ひじかた たかゆき) ※バンドマスターDrums:濱田尚哉(はまだ なおや)Percussion:玉木正昭(たまき まさあき)Bass:湯浅崇(ゆあさ たかし)Guitar:設楽博臣(したら ひ [全文を読む]

「自分の曲がカッコ良く生まれ変わるのは楽しみでした」 初のREMIXアルバムをリリースする西恵利香にインタビュー

おたぽる / 2016年09月19日19時00分

ただ『LISTEN UP』で松井寛さんに「MUSICを止めないで」をREMIXしていただいた経験もあるので、自分の曲がカッコ良く生まれ変わるのは楽しみでした。 [全文を読む]

ハロプロ、ベビメタ、東京女子流、TPD…パフォーマンス力で勝負するグループが次々続々

日本タレント名鑑 / 2016年06月07日12時55分

シングル曲の大半は人気クリエーターの松井寛さんが編曲として関わり、アイドルソングとは一線を画したクオリティの高さで、耳の肥えた音楽ファンからも評価を得ています。ダンスパフォーマンスも目を引くものがあり、ライブのクオリティにも定評があります。ショッピングセンターなどでリリースイベントとしてアイドル的なミニライブも行っていますが、パフォーマンスのレベルでも曲 [全文を読む]

東京女子流 NYLON JAPANとコラボの新ビジュアル解禁

dwango.jp news / 2015年12月11日17時30分

サウンド面でも、今作『REFLECTION』から、松井寛に加え、BLU-SWINGの中村佑介がメインアレンジャーで参加。徐々に解禁になっている楽曲は、シティーポップ感がるサウンドや、EDM、Future Houseなど、今までとは一味違うアレンジと、成長を感じる彼女たちのボーカルが重なった新境地の楽曲群となっている。 アルバム発売の1週前、12/16には [全文を読む]

FPM 『Moments [Best 45 fabulous tracks by FPM]』× バニラビーンズ「女はそれを我慢しない」インタビュー

NeoL / 2015年11月05日18時00分

レナ「“女はそれを我慢しない”は松井寛さんに編曲して頂いた、王道の攻めたディスコ・ソングになっています。“ビーニアス”はいつもバニビを手がけてくださってる大隅知宇さんの作品で、バニビらしい曲なんだけど、内容的には『大きな壁を超えるぞ!』っていう、たくましい内容で、今回のチャレンジにふさわしい曲になってるんじゃないかなって。“lonesome X”は『戦う [全文を読む]

新潟各所で撮影!Negiccoシングル ジャケ公開

Smartザテレビジョン / 2015年07月21日12時00分

また、シングル初回限定盤Bに同梱されるリミックス盤“ReNegi CD”には、松井寛 a.k.a royal mirrorball (ロイヤル・ミラーボール) 、ロンドン在住の作曲家で親日家としても知られるbo en、ネットを中心に活躍するTomggg(とむぐぐぐ)が参加している。 [全文を読む]

Negicco 待望のニューシングル詳細発表!

dwango.jp news / 2015年07月08日17時56分

さらに、初回限定盤 B の ReNegi CD には、松井寛による『Summer Breeze』remix、bo en による『フェスティバルで会いましょう』remix、Tomggg による『ネギさま!Bravo☆』remix を収録。8/16 に日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを行う Negicco の活躍がさらに期待される。 [全文を読む]

東京女子流 実験的LIVEは驚きの展開に

dwango.jp news / 2014年11月09日18時53分

彼女たちの世界観を構築するメインサウンドプロデューサー・松井寛氏によりアレンジされた各楽曲には「TGS-○○」とナンバーが振られており、この日は氏が女子流のためにアレンジした楽曲以外のセットとなった。普段のライヴでも中々披露されない楽曲ばかりが並んだこともありレアな時間となった。暗転と同時に華やかなイントロが流れる。新井ひとみが一人ステージに表れソロ曲『ワ [全文を読む]

東京女子流 山邊未夢、歌の成長が凄いとファンから賞賛

dwango.jp news / 2014年11月06日23時15分

そのバラードの作曲がコモリタミノルからの提供で、東京女子流をずっと支えるアレンジャー松井寛の編曲のいい曲だと評判だが、そのサビ前にBメロを歌い上げる山邊未夢のボーカルの豹変ぶりが大好評。山邊といえば、東京女子流のなかでは、決して歌で注目を浴びてこなかったメンバーの一人であったが、今回のバラードでは、他のメンバーとは違う特徴的な声質とビブラートで、サビにつな [全文を読む]

東京女子流 NEWシングルは渾身のバラードと英語詞曲

dwango.jp news / 2014年10月03日20時12分

今回のバラードは、作詞 杉村喜光、作曲 コモリタミノル、編曲は東京女子流のサウンドのほとんどを手がけるRoyal Mirrorball こと松井寛となっており、特に数々のヒット曲をもつ、コモリタミノル氏からの東京女子流への初の楽曲提供と言うことで注目である。TGS44と東京女子流チームがつけている制作ナンバーは、現在5ヶ月連続で赤坂ブリッツにて行われている [全文を読む]

東京女子流、大胆衣装が話題の新曲TV初披露

dwango.jp news / 2014年05月09日20時01分

どちらのバージョンも、編曲は松井寛が手がけている。 [全文を読む]

東京女子流、武道館公演にて来年のツアーテーマを発表&ホラー映画『学校の怪談』主演決定!

okmusic UP's / 2013年12月23日15時00分

【その他の画像】東京女子流4回目となる来年のツアーは、一つがZepp Nambaから始まる「Royal Mirrorball Discotheque」で、東京女子流のアレンジをほぼ担当している松井寛の屋号「Royal Mirrorball」を冠とした、リミックスアレンジのツアーとなる。東京女子流の楽曲は、デビュー当初より、オリジナルアレンジ以外に、Roy [全文を読む]

東京女子流、恋愛3部作の第1弾となる「Partition Love」MV公開

okmusic UP's / 2013年12月12日19時00分

編曲は、東京女子流のほとんどのアレンジを請け負うRoyal Mirrorballこと松井寛。いつもの音楽ファン、専門家もうなるクオリティ高いアレンジに、アイドルという枠では収まらないポテンシャルを見せる東京女子流メンバーが、より感情を込めたボーカルワークを見せる力作。衝撃といわれた代表曲「Limited addiction」を超えるとも言われる、先生に恋を [全文を読む]

東京女子流、話題の「Partition Love」を日本武道館にて初披露することを発表

okmusic UP's / 2013年11月06日16時30分

ライヴ中のMCにて、今回の日本武道館公演の新情報を発表! 【その他の画像】東京女子流昨年と同じく生バンドでのライヴであること、ステージが凸形に出っ張りがあることなどが昨年の思い出話とともに発表されつつ、現在YouTubeでティザー映像のみ公開されているBase Ball Bearの小出祐介作詞作曲の「Partition Love」を日本武道館公演にて初パフ [全文を読む]

東京女子流、フリーライヴで早くもニューシングルのリリースを発表

okmusic UP's / 2013年09月30日18時00分

次々と発表される新作に加え、八王子Pプロデュース「LIFE SIZE」や、ティザー映像のみで楽曲配信スタートしているBase Ball Bearの小出祐介作詞作曲、松井寛編曲の「Partition Love」、さらにはMaltine Recordsで発表されていて、新井ひとみがボーカル参加しているdancinthruthenights名義の「マジ勉NOW [全文を読む]

東京女子流、新境地となるROCKシングル来週発売!特典はファンが戦うじゃんけん大会!?

okmusic UP's / 2013年09月19日13時00分

東京女子流の楽曲を数多く手がけるアレンジャー松井寛が関わらない特別仕様であることから、今回のシングルが「東京女子流がROCKに挑戦したスペシャルシングル」というスポットのテロップとなっている。 さらにメンバーが作詞に挑戦したということで、その内容も気になるところ。Type-AにはMVのほか、今回のきっかけとなった番組「東京女子流のスレスレTV」のダイジェス [全文を読む]

話題のドラマ主題歌で1位を獲得したSerenaのデビューシングル発売記念ライブが決定

okmusic UP's / 2013年07月31日14時30分

また、作曲は松井寛氏が手がけており、MISIAの「つつみ込むように…」「Into the light」「Never gonna cry!」他ヒットソングを始め、名取香り・加藤ミリヤなどの玄人好みな「和物R&B」、観月 ありさ・モーニング娘。・ Berryz工房などの「アイドル歌謡」までこなす天才サウンドクリエーターによる作品だ。 2人の強力なタッグにより完 [全文を読む]

フォーカス