根本博のニュース

【新刊】ノンフィクション作家・門田 隆将氏 初のビジネス書『リーダーの本義』

@Press / 2016年06月17日11時00分

●福島原発事故で事態収拾に奔走した吉田昌郎・福島第一原子力発電所所長 ●終戦時、邦人の帰国に力を尽くし、戦後は「台湾」を救った根本博・陸軍中将 ●光市母子殺害事件で裁判を闘った被害者・本村洋さんを支えた会社の上司や検事 ●イラン・イラク戦争で多くの邦人を救った商社マン ●多くの名選手を育てた伝説の打撃コーチ高畠導宏 ●義のために闘い、悟りを得て「不識庵」 [全文を読む]

『世界が地獄を見る時―日・米・台の連携で中華帝国を撃て』 ノンフィクション作家・門田隆将氏と、評論家・石平氏が丁々発止で渡り合った 度肝抜かれる新「中国・台湾論」!

DreamNews / 2017年03月22日10時00分

『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。主な著書に、『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部・角川文庫)、『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)、『記者たちは海に向かった―津波と放射能と福島民友新聞』『慟哭の海峡 [全文を読む]

エルトゥールル号事件から90年、1985年の「奇跡の恩返し」…日本とトルコ、友情と信頼のノンフィクション『日本、遥かなり』発売中

@Press / 2015年11月30日18時00分

『この命、義に捧ぐ――台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社、角川文庫)で、第19回山本七平賞受賞。 詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press [全文を読む]

『「吉田調書」を読み解く』(門田隆将著)発刊のお知らせ

@Press / 2014年11月13日12時00分

主な著者に、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故』(小学館文庫)、『太平洋戦争 最後の証言(第1部~大3部)』(小学館)、『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『記者たちは海に向かった 津波と [全文を読む]

国民的ヒーロー「アンパンマン」はここから生まれた――。やなせたかしの弟と、戦友の鎮魂に人生をかけたある男の物語 ジャーナリスト・門田隆将の最新刊『慟哭の海峡』発売開始!

PR TIMES / 2014年10月10日17時09分

『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。主な著書に『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部・小学館)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)、『狼 [全文を読む]

【狼の牙を折れ】三菱重工爆破事件の内幕実名証言【1/6】

NEWSポストセブン / 2013年11月01日07時00分

『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。近著に『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部・小学館)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP)がある。 ※週刊ポスト2013年11月8・15日号 [全文を読む]

フォーカス