桜坂洋のニュース

前代未聞! トム・クルーズが1日で世界3大都市をまわるプロモーション敢行

ハリウッドニュース / 2014年05月30日09時20分

桜坂洋氏の同名小説をもとに映画化されたハリウッド・アクション・エンターテイメント超大作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(7月4日日本公開)。本作のプロモーションのため、トム・クルーズ、エミリー・ブラントらが1日で3カ国3都市を回るという前代未聞のワールドプレミアが開催された。今回トム・クルーズらがまわる国は、イギリス(ロンドン)、フランス(パリ)、アメ [全文を読む]

『オール・ユー・ニード・イズ・キル2』、監督が進捗報告「第三のキャラクター」登場

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年05月31日14時40分

桜坂洋原作のライトノベルを、ハリウッド俳優のトム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で実写映画化した『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)。2016年に監督&オリジナルキャスト再集結で続編が制作されると伝えられたが、ライマン監督いわく第2弾には主演二人を食いかねない「第三のキャラクター」が登場するという。 ライマン監督は『オール・ユー・ニード・イズ・キ [全文を読む]

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編タイトル、「生きる、死ぬ、繰り返す、そして繰り返す」に

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年05月08日11時17分

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、作家・桜坂洋のライトノベルを基にしたSFアクション。謎の侵略者からの攻撃で滅亡寸前の地球を舞台に、同じ日を無限に繰り返す“時のループ”に巻き込まれた兵士ケイジ(トム)の運命を描いた。アメリカでのタイトルはもともと原作と同じ「All You Need Is Kill」を予定していたものの、劇場公開時には「Edge o [全文を読む]

「すぐ死ぬ! でも超面白い!!」評価4.4! 過去最高レベルのダンジョンRPG『ダンジョンに立つ墓標』ついに登場!

おたぽる / 2016年09月25日16時00分

また、「何度も死んで生き返るとかオール・ユー・ニード・イズ・キルかよ!」「すぐ死ぬところまでそっくりかよ!」「このSFちっく感どこかで…と思ったらあの映画か!」と桜坂洋のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(集英社)を原作としてトム・クルーズ主演で映画化された『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を思い出す人もいたよう。 ダンジョン [全文を読む]

善戦する日本のポップカルチャーの裏で囁かれる2つの残念なこと

tocana / 2015年03月30日11時00分

2014年は桜坂洋原作のライトノベル『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(集英社)がハリウッド映画化され、今年2月には、上田早夕里著の短編小説『くさびらの道』(光文社文庫『魚舟・獣舟』収録)がハリウッド映画化されることが明らかになったのだ。 そんな日本のポップカルチャーが善戦している中、最近、2つの"残念"な話題がネットで大きな話題となった。 ひとつ目は、 [全文を読む]

トム・クルーズ主演で大ヒット、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』原作は日本のラノベ!で作者に秘話を直撃インタビュー

週プレNEWS / 2014年07月11日01時00分

一冊のラノベがこれほどの大作映画に化けるなんて……誰もが驚く展開だが、最も驚いているのは原作者の桜坂洋氏に違いない。同氏は、映画化のオファーを受けた当時のことを、苦笑を交じえながらこう振り返る。 桜坂 あれは2009年、ちょうど原作の英語版が出版される直前でした。ゲラ(出版前の試し刷り)を読んだハリウッドのプロデューサーから、出版社に映画化の相談がきたそ [全文を読む]

クルーズ復活作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

ニューズウィーク日本版 / 2014年07月09日13時32分

桜坂洋の『All You Need Is Kill』が原作のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、繰り返される「時間のループ」が物語の要だ──。そう聞いて、ハリウッドまで時間のループに陥ってしまったのかと思った。『恋はデジャ・ブ』と『スターシップ・トゥルーパーズ』を混ぜたような話で、トム・クルーズ主演のアクション映画なんて、見る前から展開が読める [全文を読む]

日本のラノベは世界に通用する!! トム・クルーズが何度も死んでは生き返る映画『All You Need Is Kill』レビュー

おたぽる / 2014年07月06日23時00分

"戦う・死ぬ・目覚める"のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか──?(公式サイトより) 2004年に集英社スーパーダッシュ文庫より刊行された桜坂洋氏の同名小説『All You Need Is Kill』を、主演にトム・クルーズ、監督に『ボーン・アイデンティティ』などで知ら [全文を読む]

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』トム・クルーズ日本弾丸ツアー【東京編】

AOLニュース / 2014年06月30日12時01分

大ヒット確実の映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のスペシャルイベント、トム・クルーズ日本3都市ループツアーは26日19時、東京・六本木でファイナル! 原作者の桜坂洋氏も駆けつけ、トムのバースデーも皆でお祝いするなど盛大なフィナーレとなった。 大阪・道頓堀、福岡・博多、そして東京・六本木と、たった1日で3都市を回る弾丸ツアーをこなしたトムは、まったく疲 [全文を読む]

トム・クルーズ、日本のファンへの愛を語る

モデルプレス / 2014年06月27日15時34分

同作は桜坂洋氏による同名のライトノベルが原作。謎の侵略者・ギタイからの激しい攻撃により、滅亡寸前に追い込まれた世界が舞台で、トムは死んだ数だけ強くなる男、ウィリアム・ケイジを演じる。 ◆「忘れられない」日本のファンとの交流 25日に来日し、会見の前日26日には大阪・福岡・東京の3都市を巡り、日本のファンとの交流を図ったトム。ハードスケジュールをこなし「実 [全文を読む]

フォーカス