桜田義孝のニュース

日本が慰安婦像に神経質なのは「恨」への恐れ?移設許せぬ韓国世論

まぐまぐニュース! / 2016年01月20日13時00分

しかし、一方で、自民党の桜田義孝元文部科学副大臣が、慰安婦は「職業的な娼婦だった」と発言し、これを韓国政府が強く批判するなど、慰安婦問題を巡る小競り合いが依然続いている。韓国メディアの間でも、合意に応じた朴大統領や日本側に批判的な論調が目立っており、世論は「最終的かつ不可逆的解決」を受け入れているとは言えない状況だ。 米識者は約束の履行には懐疑的 米政治コ [全文を読む]

慰安婦問題“合意”から“解決”へ必要なこと。「両国のメディアは相手国の本当の姿を伝えるべき」

週プレNEWS / 2016年01月28日15時30分

1月14日、自民党所属の衆議院議員で元文部科学副大臣の桜田義孝氏が「慰安婦は職業としての娼婦」と発言したことは、とても残念です。桜田議員は批判を受けて発言を撤回したため、安倍首相は特にペナルティは科しませんでしたが、「日韓合意を踏まえて発言してほしい」といった旨の苦言を呈しています。 政府の中枢に近い政治家が合意の精神や、それに至る苦労を理解できていない [全文を読む]

【永田町炎上】前代未聞の共産党”開会式”出席と”育休議員”出現の裏にあるもの

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日12時00分

桜田義孝議員は当選6回にして思慮分別を持たなければならないのにも拘らず、党の政調部会で「従軍慰安婦は娼婦だ」などと「放言」し、撤回に追い込まれる始末だ。せっかく官邸主導で「最終的かつ不可逆的な合意」に漕ぎ着けた「従軍慰安婦問題」にミソをつけたことは言うまでもない。筆者も“土建屋”である桜田のことはよく知っているが、あまり「頭脳明晰」とは言えない人物だが、と [全文を読む]

“日本が慰安婦像に神経質なのは「恨」を恐れているから” 移設許せない韓国世論、募る不満

NewSphere / 2016年01月15日17時00分

しかし、一方で、自民党の桜田義孝元文部科学副大臣が、慰安婦は「職業的な娼婦だった」と発言し、これを韓国政府が強く批判するなど、慰安婦問題を巡る小競り合いが依然続いている。韓国メディアの間でも、合意に応じた朴大統領や日本側に批判的な論調が目立っており、世論は「最終的かつ不可逆的解決」を受け入れているとは言えない状況だ。◆米識者は約束の履行には懐疑的 米政治コ [全文を読む]

言論の府をプロレスリングと勘違いする民主党と最凶の乱闘要員たち

デイリーニュースオンライン / 2015年06月29日07時50分

2007年5月に衆議院厚生労働委員会で突然、桜田義孝委員長(当時)に襲いかかり、羽交い締めにし、委員長席から引き離すという「ご乱行」に及び、懲罰処分を喰らっている。ちなみに桜田と今回、怪我をした渡辺とは千葉県立東葛飾高校の同級生で親友。揃って民主党の“毒牙”にかかっているのだから、政界は面白い。民主党の女乱闘要員・森ゆうこの武勇伝 もっとも民主党の乱 [全文を読む]

これが日本だ!下村大臣も踊る「恋チュン」 「トビタテ!フォーチュンクッキー」に賛否

AOLニュース / 2014年02月18日18時00分

900人に及ぶ出演者の中には、東大、京大、北大、筑波大、名大、御茶ノ水大といった国立大学のほか早稲田大、慶応大、上智大などグローバル人材育成推進事業(GGJ)採択大学、さらにグローバル30採択大学を合計した全国47大学の学生や、下村博文文部科学省大臣、桜田義孝副大臣、西川京子副大臣、富岡勉文大臣政務官、上野みちこ大臣政務官らお偉方の姿も。「グローバル30」 [全文を読む]

フォーカス