梅屋庄吉のニュース

柳葉敏郎、共演者絶賛の素顔が明かされる

モデルプレス / 2014年01月19日06時00分

本作は、日本活動写真株式会社(のちの日活)を設立し、日本の映画産業発展の礎となった梅屋庄吉と妻・トクの波乱に満ちた夫婦の物語だ。梅屋庄吉は柳葉敏郎が、妻のトクは夏川結衣がそれぞれ演じる。 ◆日本の映画の礎を築いた梅屋庄吉とは 梅屋庄吉は、映画興行で成功を収めた一方、事業で得た莫大な富を中国の革命家・孫文に送り続け、辛亥革命を成功に導く大きな支援を行ってき [全文を読む]

孫文の銅像の背後に存在した中国と日本の友情―香港メディア

Record China / 2016年05月26日03時20分

そんな孫文の銅像を語る上で忘れてはならないのが、孫文の日本人の友人である梅屋庄吉(1868−1934年)が鋳造した四体の銅像だ。それぞれ広州市の中山大学キャンパスと黄埔軍官学校跡、南京市の中山陵、マカオの国父記念館にある。大公網が伝えた。 中山大学は孫文が1924年に国立広東大学として設立した。梅屋庄吉が銅像のうちの一体をこのキャンパス内に建てたのは当然の [全文を読む]

梅屋庄吉 映画ビジネスで得た資金を孫文の革命に使う

NEWSポストセブン / 2017年01月13日07時00分

* * * 梅屋庄吉は日本で始まったばかりの映画ビジネスで財を成し、自ら稼ぎ出した巨万の富を中国の革命家・孫文に送金し続けた人物だ。 中国の革命家と長崎生まれの野心的な実業家──互いに20代だった二人が出会ったのは1895年。写真の技術を学んでいた梅屋は、シンガポールで写真館を開いた後、香港に移り住んで「梅屋照相館」を経営していた。この写真館に孫文の恩師 [全文を読む]

戦前の日本にはジョブズのような実業家がゴロゴロいた

NEWSポストセブン / 2017年01月10日07時00分

* * * 長崎に遊びに行こうと思って何気なく長崎市のホームページを見ていたところ、梅屋庄吉さんという実業家の存在を知りました。説明を読むと、梅屋はあの孫文に巨額の寄付をし、辛亥革命を莫大な資金によって支えていた、とある。その金額は事業で稼いだお金のほぼ全てと言われるほどで、現代人の感覚からすると俄かには信じがたいものがありました。 僕は自分自身も会社を [全文を読む]

中国や台湾で「国父」と称えられる孫文、生誕150周年の写真展=鳩山元首相が開幕式で挨拶―東京で18日まで開催

Record China / 2016年11月11日05時10分

孫文は日本に長年にわたり滞在し、宮崎滔天、梅屋庄吉ら日本人、華僑・華人らと交流した。その模様が100点以上の写真を通じて、現代に甦る。(八牧浩行) [全文を読む]

フォーカス