梅津正彦のニュース

ビートたけしが振り返る、“しずちゃんのボクシング師匠”故・梅津正彦氏の素顔

日刊サイゾー / 2013年08月07日13時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 先日、久しぶりにビートたけしと銀座で食事して、7月23日に悪性黒色腫で44歳の若さで亡くなった、ボクシングコーチでアクションディレクターの梅津正彦さんとの秘話を聞かされて、感動した。 梅津さんは、南海キャンディーズの“しずちゃん”こと、女子ボ [全文を読む]

南海キャンディーズ1年ぶりに復活…2人の実力格差に浮上する「しずちゃんはお荷物」論

デイリーニュースオンライン / 2015年11月01日16時00分

2008年にはTVドラマ『乙女のパンチ』(NHK)で主演をつとめ、そこでアクション指導をしていたトレーナーの梅津正彦と出会い、まるでボクシングのチャンピオンを目指す同ドラマの主人公になぞらえたように、ボクシングによるオリンピック出場に本格挑戦することとなった。 しかし現在は立場が大逆転。山崎のボクサー活動により、ピンでの活動を余儀なくされた山里は、ファンの [全文を読む]

米大発表のがん新薬 前立腺がん、白血病などに効く可能性も

NEWSポストセブン / 2015年05月30日16時00分

最近では南海キャンディーズ・山崎静代のボクシングトレーナーを務めた梅津正彦氏が44歳の若さで命を落とした。 治療の難しい肺がんにも効果があった。カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究チームはこの4月、他の治療法では効果がなかった肺がん(進行非小細胞肺がん)の患者で試験を行なった。半分以上のがん細胞の中に「PD-L1」が現われていた患者の45%に効果が確認でき [全文を読む]

サバンナ・高橋が泣きキャラで注目 徳光の独壇場に切り込む

NEWSポストセブン / 2014年05月18日07時00分

3月に放送されたスペシャル番組『号泣劇場』(日本テレビ 系)では、“号泣四天王”として徳光和夫、柴田理恵、平愛梨とともにムツゴロウと動物との愛情物語や、南海キャンディーズ・しずちゃんとボクシングの恩師であった故・梅津正彦トレーナーとの師弟愛などさまざまな感動秘話に号泣。さる5月6日に放送された『7daysチャレンジTV 世界を変えるテレビ』(同)でも、親 [全文を読む]

【ウラ芸能】しずちゃん、美談の師弟関係の裏舞台

NewsCafe / 2013年08月17日12時00分

記者「先月末、ボクシングトレーナーの梅津正彦氏(享年44)が亡くなったでしょ」デスク「ああ、お笑いコンビ、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(34)を育てた人だよね」記者「しずちゃんと梅津氏は2009年から二人三脚で五輪出場を目指していました。東京・増上寺であった通夜に現れた彼女は、『一生のうちに、こんなにも深い深い絆でつながれた出会いはもうないと [全文を読む]

しずちゃん 梅津トレーナーとの最後の会話は「抱っこして」

NEWSポストセブン / 2013年08月02日07時00分

「しずちゃん」こと南海キャンディーズ・山崎静代(34才)のボクシング専属トレーナーだった梅津正彦さん(享年44)が7月23日、末期がんで亡くなった。 2012年にメラノーマという悪性の皮膚がんが発症。2度の手術を経るも、がんはリンパ節に転移し、梅津さんの体をむしばんでいった。 そして、7月7日、梅津さんは「挑戦」というテーマの講演会のステージに立った。しか [全文を読む]

梅津トレーナーの妻 看護するしずちゃんを「まるで第一夫人」

NEWSポストセブン / 2013年08月01日07時00分

7月23日、南海キャンディーズ・山崎静代(34才)のボクシング専属トレーナーだった梅津正彦さん(享年44)が末期がんで亡くなった。 2012年1月にメラノーマという悪性の皮膚がんが発症していたことは判明した梅津さん。2度の手術を受けるも病魔は容赦なく梅津さんの体をむしばんでいった。同年5月、医師から、5年後の生存率は10%、10年後の生存率は0%と告げられ [全文を読む]

「息子に手紙を書いて…」しずちゃん恩師・生前のメッセージ

WEB女性自身 / 2013年07月30日00時00分

南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(34)のボクシング専属コーチだった梅津正彦さんが23日、悪性黒色腫のため亡くなった。44歳の若さだった。実は今年2月、迫りくる死を予感しつつ、なお生きる希望を捨てなかった梅津さんは、本誌に“遺言インタビュー”を遺していた――。「健康な人には、僕のいまの気持ちは正直、わからないと思うんですよね……。余命があと30年 [全文を読む]

夭折のトレーナー 山崎静代に「リオに連れていかなアカン」

NEWSポストセブン / 2013年07月26日16時00分

南海キャンディーズ・山崎静代(34才)のボクシング専属トレーナーだった梅津正彦さん(享年44)が7月23日、末期がんのため都内の病院で亡くなった。 2012年1月にメラノーマという皮膚がんと診断を受けた梅津さん。一刻も早い手術が必要だったが、梅津さんは手術を延期した。 「彼は早くに父親を亡くしているし、結婚したばかりの奥さんとの間に小さなお子さんもいました [全文を読む]

しずちゃん、“最愛の人”の死去で危惧されるアノ症状……

日刊サイゾー / 2013年07月26日12時00分

南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代の専属ボクシングコーチを務めていた梅津正彦トレーナーが23日、悪性黒色腫のため都内病院で死去した。44歳だった。 しずちゃん、“最愛の人”の死 しずちゃんの所属する「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」によると、悪性の皮膚がんを患っていた梅津トレーナーは、数日前から症状が悪化し、都内病院に入院。23日午前1 [全文を読む]

しずちゃん がん手術延期コーチは「尊敬し信頼している方」

NEWSポストセブン / 2012年02月21日07時00分

リングを降りて、喜びをぶちまけるしずちゃんの目線の先には、2008年から共に闘ってきた専属トレーナーの梅津正彦さん(43)の姿があった。 「昨年の秋くらいから、梅津さんはずっと体調が悪かったんです。それで今年になって病院に行ったら、メラノーマという皮膚がんだと診断された。放っておいたら“余命1年”との宣告だったそうですよ」(スポーツ紙記者) 前述の大会は [全文を読む]

フォーカス