武田明のニュース

お財布ブスになってない?お金が貯まる「美人財布」とは

Daily Beauty Navi / 2015年01月10日09時00分

「無駄遣いしていないハズなのに、なんでお金が貯まらないの?」な〜んて思っている人、もしかしたらお財布ブスになっているかも! 新しい年、新たな気持ちで「お金に好かれるお財布美人」を目指しましょ♪ ファイナンシャルプランナーの武田明日香さんに、お金が貯まる「美人財布」の条件を教えていただきました。 ギュウギュウ、パンパンの「おブス財布」はダメダメ~! 「財布の [全文を読む]

マネーのプロお墨付き!コンビニで買うべきオトクアイテム

Daily Beauty Navi / 2015年01月03日09時00分

立ち寄るたびについアレもコレも♡ なーんて手にとってしまいがちだけど、ちょっと待って! もしかしたら、その買い方、損しているかも!? ファイナンシャルプランナーの武田明日香さんに、コンビニでトクする買い物テクを聞きました! コンビニで買うとオトクな3アイテムはこれ! お菓子からコスメ、日用品までありとあらゆるものが陳列されたコンビニの棚。もう、入ったそばか [全文を読む]

年間数千円!おトクにATMを使うにはコツがあった!

Daily Beauty Navi / 2014年12月26日09時00分

しっかり節約していきましょう! ATM手数料で年間数千円使っていることも 今回、ATM手数料の節約術を教えてくれるのは、ファイナンシャルプランナー武田明日香さん。働く女子世代に「お金の正しい使い方」を指南する武田さんいわく「一回100~200円の手数料でも、月に数回利用すれば、1年で数千円以上。お給料の上がらない時代、これは節約すべき支出です!」 銀行の金 [全文を読む]

セール会場へは一人で行け!?コスパ最強のセール活用術

Daily Beauty Navi / 2014年12月10日09時00分

コートにブーツ、気になっていたアイテムを手に入れるチャンス! 欲しいものを安く手に入れられれば、こんなにコスパのいいことはありません! そこで、今回は、ついつい目移りしちゃいがちなセールで賢くおトクに買い物するテクを紹介します♪ セールでの上手な買い物がコスパにつながる! セールでのコスパ最強の買い物テクを教えてくれたのは、お金のプロ、ファイナンシャルプラ [全文を読む]

文太、松方、千葉、梅宮ほか『仁義なき戦い』シビれる名言集

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

脚本は笠原和夫から高田宏治に交代し、広能や武田明(小林旭)の世代から、後を引き継ぐ若い世代への襲名が大筋となった。そして全5作は、どこから切り取って観てもクセになる大傑作として今に名を残す。主要出演者のシビれる名ゼリフを振り返ろう。●菅原文太(広能昌三役)【山守さん 弾はまだ残っとるがよう】『仁義なき戦い』 山守組・山守義雄組長(金子信雄)の謀略により、若 [全文を読む]

ジップロックをうまく使って食費を「月1万4千円」節約する裏技

It Mama / 2016年11月10日19時45分

一体どんな使い方をすればいいのでしょうか?今回、この詳しいお話を、ファイナンシャルプランナーの武田明日香さんに教えていただきました! 簡単なので、手元にある方はぜひ今日から試してみてください!■1:ご飯のまとめ炊き&冷凍すると月に約12,000円も抑えられる!source:http://www.shutterstock.com/食費が一番かかるのは、意外と [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第2回・梅宮辰夫」(3)今でも不良番長をやりたい

アサ芸プラス / 2016年10月28日05時57分

第4作「頂上作戦」(74年)で梅宮が演じた岩井と、小林旭が演じた広島の武田明のやり取りは、シリーズでも1、2を争う緊迫した空気をもたらした。〈わしは、明石組の岩井じゃ!〉〈ほいじゃ言うとったるが、広島極道は芋かもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで。神戸のもんいうたら猫一匹通さんけん、よう覚えとけよ〉〈よおし、おんどれらも吐いたツバ飲まんと [全文を読む]

加藤武 生前明かしていた「犬神家の一族・等々力警部」の役作り

アサ芸プラス / 2015年08月16日17時57分

やがて打本は、抗争相手の武田明(小林旭)に、密告を条件に借金を申し込む。武田に「このボケ!」と一喝される姿は、打本らしかったと加藤は言う。「ヤクザを辞めてでも生き延びたい。かっこいいのはどんどん消されて、山守とか打本とか悪党は生き延びる。現実を見ると、あの原発事故にも当てはまるんじゃない? 現場の作業員は放射能と戦い、上の者はおびえて視察にも行かないよう [全文を読む]

追悼・菅原文太 「仁義なき戦い」共演俳優たちが明かした秘話(2)酔うとマイクを離さない

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時56分

第4作「頂上作戦」(74年、東映)では、旭が演じた武田明が、梅宮扮する神戸・明石組の岩井信一に言い放つ。 〈広島極道はイモかもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで〉 これに岩井も切り返す。 〈おんどれらも吐いたツバ飲まんとけよ〉 ハードな場面を撮りながら、終われば梅宮は文太や旭と飲む機会が多かったという。 「ああ見えて文太さんは酔ってカラオケ [全文を読む]

深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名

アサ芸プラス / 2012年11月08日11時00分

73年1月13日に第1作が公開された「仁義なき戦い」(東映)の3作目で、主役の広能昌三(菅原文太)に向かい、武田明(小林旭)が電話で仕掛ける場面だ。さらに──、 〈山守さん‥‥弾はまだ残っとるがよォ〉 盃を受けた渡世の親・山守義雄(金子信雄)に対し、広能が銃口を向ける衝撃のエンディング。早稲田大学入学と同時に演劇を始めた平田満(59)もまた、安い二番館や三 [全文を読む]

フォーカス